2017年03月

2017年03月14日20:08『多肉植物の寄せ植え』作りました☆
木津川市の広報で多肉植物の寄せ植えの講習会があると知って、先日参加してきました。

もともと寄せ植えは大好きで、昔はよく作ったものです。
でもマンション暮らしでは、狭いベランダでの作業が大変な上、花付きも悪く・・・いつの間にか観葉植物中心になっていました。

『寄せ植え』と聞いて、久しぶりにやってみたい
そんな思いに突き動かされ、すぐに申し込みました。

用意されたのは、容器と、土と、7種類の多肉植物。
それに飾り用の切り株や石など。
多肉植物についての簡単な説明の後は、自由に植えていいとの事。
一応見本はありますが、私の心のおもむくままに。

私は向こう側にぎゅっと寄せて植えて、手前の空間を空けたいなぁとイメージを膨らませ・・・
高低差も付けてみました。

久しぶりの寄せ植えにワクワクしながら、あっという間に完成です。

P3100668

なかなかおしゃれじゃない
自画自賛です。
とても気に入った寄せ植えが完成しました。

上から見たらこんな感じ。

P3100669

 私の中に眠っていた感覚がムクムクと目覚めた感じです。
あぁ〜!もっと作りたいよぉ。

もう少し温かくなったら、寄せ植えもいっぱいしたいいたいなぁ。
新たな楽しみがまたひとつ増えました。



 

2017年03月13日11:42春が来た〜♪
自然豊かなところに住んで実感するのは、季節の移り変わりを肌で感じることができるということです。
3月に入ってもまだまだ寒い日が続いていますが、家の中に射し込む朝日が今までとは全く違っていて、庭に出てもポカポカ。
確実に春の訪れを感じます。

冬の間、厳しい寒さで縮こまっていた庭の木々も、ようやく活動開始です。
人にとっても植物にとっても、待ちに待った春がやって来た!!って感じで、植物たちもとても喜んでいるように見えます。

冬の間寂しかった庭が、どんな風に変わっていくのか、日々の変化が楽しみでなりません。

《サクランボ》

昨年引っ越しして来て最初に購入した木です。

買った時はかわいい赤ちゃんの実をつけていて、どんどん赤く色づいて、初収穫を楽しみにしていたのですが・・・
全て鳥の餌になっていてとても残念な思いをしました。。。

紅葉を楽しんだ後、冬の間は裸になっていましたが、今はこんな感じに花芽が膨らんでいます。
サクランボって桜と同じような花が咲くのかと、初めて知った私です。
今年はさくらんぼ🍒が採れたらいいなぁ。

P3100673

《ジューンベリー》

樹形も花も葉っぱの美しさも、とてもきれいでした。
花の後は可愛く赤い実を沢山付けてくれました。
半分は鳥さんの餌になりましたが、わずかですが収穫を楽しむこともできました。

紅葉も美しかったです。
冬の間は丸裸でしたが、今はかわいい新芽がついています。

P3100679

《ブルーベリー》

昨年はまだ小さい苗で、殆ど収穫することはできませんでした。
秋には真っ赤に紅葉して楽しませてもらいました。

そして今は、こんなかわいい花芽がついています。

P3130804

《薔薇》

庭に4本の薔薇を植えました。
裸の枝に小さな赤い葉っぱが出てきました。

P3130799

庭に薔薇が咲くなんて楽しみすぎるよ〜。

《カモミール》

庭のグランドカバーにカモミールやタイムなどのハーブがいっぱい・・・
そんな庭を夢見て秋に小さな苗を植えたのですが、冬の寒さですっかり弱り、死んでいるように見えましたが、こんなにも元気な姿になってます。

P3130797

春がこんなにも楽しいのは初めての経験です。

厳しく寒い冬を超えたからこそ、春の喜びは大きいのだと、寒かった冬もかけがえのないものに思えます。
人も植物も全てが繋がっているのだと改めて思います。

植物と共に暮らす・・・
そんな私の長年の夢が現実のものになりました。
















 

2017年03月11日08:05火の粉を浴びて無病息災《東大寺二月堂 お水取り》
奈良の春を告げる伝統行事、お水取りに行ってきました。

P3100681

最も混雑する12日を避けた平日に行くと、混雑も少ないという情報を得て、昨日の夕刻に二月堂に向かいました。

これは童子が松明を持って上っていく階段
両脇にあるのが松明です。
長さ6メートルもあります。

P3100685

P3100687

松明の点火は午後7時。
3月1日から11日までは10本の松明に点火され、約20分間です。

私たちは6時前に着いたので、二月堂のすぐ下の芝生の斜面で点火を待ちます。

P3100689

P3100694

ついに点火です。

P3100702

松明は舞台の欄干に掲げられます。

P3100721

舞台の北側から南側に向かって、童子が松明を持って走ります。
迫力満点です。

P3100723

P3100724

松明をくるくる回すと・・・

P3100726

P3100734

火の粉がいっぱい降り落ちます。
この火の粉を浴びると、無病息災をもたらすと言われています。

P3100735

火の粉が降りかかるような最高のシチュエーションで体験することができて、本当に感激でした。

車を停めた駐車場から家までは、なんと13分!!
こんな素晴らしい環境に住むことができたことにも幸せを感じます。

これからも奈良や京都の伝統行事をこれからもいっぱい見たいなぁ。
楽しくてワクワクです。





 

2017年03月08日22:34しだれ梅に魅せられて《城南宮にて》
城南宮のしだれ梅が満開の時を迎えています。
もう一度あの美しいしだれ梅が見たくって、ずっとソワソワ。

今日は曇り空でとても寒い日でしたが、思い切って午後から城南宮に向かいました。

IMG_4500

そして・・・出会うことができました。

IMG_4537

庭一面がしだれ梅で埋め尽くされ、とても見事です。

IMG_4511

言葉で言い尽くせないほどの美しさに、あちこちから感嘆の声が聞こえます。
私の写真の技術では十分に表現しきれないのが少し残念。。。

IMG_4515

IMG_4507

IMG_4503

IMG_4542

IMG_4502

ほんのり漂う梅の甘い香りにも癒されて・・・

IMG_4540

椿も綺麗でした。

IMG_4564

IMG_4566

IMG_4559

情緒たっぷりの城南宮神苑でした。

IMG_4551






2017年03月07日20:37ならまちウォーク
今日は友人と一緒に『ならまち』に行きました。

彼女とは長男が1歳の時に出会って以来、35年もの長〜い付き合いになります。
夫の転勤で北九州や横浜に引っ越しても、その付き合いは途絶えることなく、彼女が退職してからは平日の自由な時間に一緒に出かけることができるようになりました。

春になったらまた会おうね。
ようやくその約束が実現し、ならまち散策に行くことに。

『ならまち』とは、元興寺の旧境内を中心とした奈良の旧市街地のことです。
江戸時代から明治時代にかけての町家の面影が残り、町家を利用したおしゃれなお店なども数多くあって、落ち着いた風情とおしゃれさが融合していてとても素敵なスポットです。

JRの奈良駅で待ち合わせ、街をの〜んびり歩きます。

お店のショーウインドーも情緒たっぷり。
とてもおしゃれです。

和菓子屋さん

IMG_4444

まるでお菓子みたいだけど・・・ここは漬物屋さんでした。

IMG_4457

IMG_4448

IMG_4442

情緒たっぷりの町家の風景

IMG_4467

家の前に吊るしてあるのは庚申の申

IMG_4463

IMG_4459

家の中に災難が入って来ないように、災いを代わりに受ける『身代わりの申』だそうです。

庚申さん信仰の拠点  庚申堂

 IMG_4465

ランチは江戸末期の150年の町家『frenchi omoya』のに行きました。
今日はお客様がいっぱいで写真を撮れなかったので、前回の写真ですが・・・
店内はこんな感じ。

IMG_3534

IMG_3535

今日のランチ
前菜とご飯とお味噌汁が付いてました。
味付けも上品で美味しかったです。

IMG_4472

IMG_4476

ならまちの中心の元興寺にお参りしました。

IMG_4477

日本最古の本格的な仏教寺院です。

IMG_4480

IMG_4481

この瓦は1400年も前のものだそうです。

IMG_4489

IMG_4484

水仙が綺麗でした。

IMG_4486

IMG_4490

IMG_4493

3月だというのに、みぞれまで降り出してびっくり。
寒かったけど歩きながらいっぱい話して、心はほっこり温かです。

素敵な1日になりました。

IMG_4454