2019年08月

2019年08月24日20:32我が家の庭に咲く夏の花たち
今日は暑さもホッと一息。
この夏初めてエアコンを入れずに過ごすことができました。

窓の外からはきれいな虫の音が聞こえてきます。
急に秋が来た気分です。

今年の夏は暑過ぎて、花たちもちょっと疲れ気味ですが・・・
厳しい暑さの中頑張って咲いてくれた、我が家の庭に咲く花を集めてみました。

《エキナセア》

5CB6EE0C-540F-41C8-A544-0D5DAE2E2B62

05DDB5F3-398E-4192-9F96-C7E13423DE84

《ブルーサルビア》

0BDAC7AC-73BE-4720-8A7E-839A74035DF8

《ヒメイワダレソウ》

C0414F4B-17F8-46FE-B1BE-2329346B4296

《ミニヒマワリ》

AC92412C-74AD-4FE7-8C42-727BDA8B94B6

《フェアリースター》

BD227C7A-AFB3-4878-9728-D9FDD9B9028A

B0244CAF-0FF1-4CDB-86FC-9AD5ADB643EE

《ビデンス》

1C8F5279-3CAF-48DF-8184-482E80307C82

《ジニア》

8489F2CB-8328-4B03-9194-758F18860FDF

《ニチニチソウ》《アンゲロニア》などが咲いていますよ。

そして最近《タマスダレ》が咲き始めました。

79540DC7-34AB-4F58-88A0-84942FE1B599

5B1C2F37-3147-4C3C-9CCA-A6CC3D00E441

夏は花が少ないって思ってたけど、こう見たら結構咲いていたようですね。

少し過ごしやすくなってきたから、もう少しの間のびのびと咲いてくれたらいいなぁ。







 

2019年08月20日21:25生まれてきて良かった〜♡
8月19日は私の64回目のお誕生日でした。

気持ちは若くても、もう64歳になるなんて・・・ちょっと複雑。

歳を重ねるにつれ、見た目の老化はもちろんのこと、物忘れが激しくなったり、目も悪くなり・・・
不自由なことも多くなりました。

でも、悪いことだけではなく、いいことだってあるんですよ。
それは人生経験における智慧が身につき、若い頃よりも上手に生きられるようになったことです。
何よりも自分を認めることができたことで、幸せを感じる瞬間が多くなりました。

お誕生日前日の日曜日。
息子の家族がお誕生日のお祝いに中華のランチに招待してくれました。
いつも頑張ってお料理を作っている私にとって、ランチの招待はありがたく、みんなで過ごした時間が何よりもの素敵なプレゼントでした。

そして夜には娘の家族がバースディーケーキを持ってやってきました。

ケーキに火を灯し、みんなで『happy birthday 』の歌を歌ってくれました。

04F657B6-774C-4FBD-993C-E43871D23708

今まで大きな声も出せなかった颯が、大声で歌ってくれていることにも、感動!!
孫たちの成長を感じます。

みんなで一緒にフゥ〜〜。
芽依ちゃんはちょっと遠いけど・・・ちゃ〜んと届いたよ。

6CDC5547-A8FB-486E-99CB-0C44ECFB42C7

孫たちに囲まれて幸せな時間。
これもまた64歳になったからこそ、味わうことのできる幸せです。

そしてこの素敵なピアスはみんなからのプレゼント。

547EEAF9-B53E-4574-8B4A-904BCA5D38C9

左と真ん中の2つのピアスは娘の家族から。
右のは息子の家族からのプレゼント。
芽依が私に似合いそうなのを選んでくれたそうです。

いつも自分で選ぶよりも少し大きめでおしゃれなピアスが3つも増えました。
とてもうれしかったです。
今日はどのピアスにしようかなと、ワクワクしながら選んでいます。

可愛い孫たちとずっと一緒に遊びたいから、まだまだ元気でいたい・・・
孫たちは私に生きるエネルギーを与えてくれました。

歳を重ねても、私は決して諦めず、生き生きとした素敵なおばーちゃんを目指します。

64歳の私に心を込めて伝えます・・・
『生まれてきて良かったね。』



 

2019年08月17日21:45残念すぎる勘違い。。。《東大寺万灯供養》
木津に引っ越してきてから毎年、8月15日は東大寺の万灯供養会に行っています。

万灯供養会は、ライトアップされた大仏さまや、中央参道と東西の廻廊に整然と並べられた灯籠がとても美しく、幻想的な空間を作り出しています。

《2017年8月15日撮影の写真》
07946322-6E32-46EE-8F2B-4200A947DE93

毎年お参りに行くことで、ご先祖さまへの大きな役割を果たしたような気がして、
万灯供養は我が家の大切な年中行事のひとつになりました。

今年は木津での4回目のお盆を迎え、事前に夫と私の両家の先祖代々の灯籠を申しこみ、15日を楽しみにしていました。

15日はあいにく台風が接近し、ホームページを確認すると、
『例年のように灯籠を参道に並べるのは中止』とのこと。
灯籠は雨のかからない廻廊に並べ、大仏殿のお参りはできるとのことでしたので、大雨予報の中、せめてお参りだけは行こうと、開門時間の7時を目指して家を出ました。

雨は小雨でラッキー・・・と思い大仏殿の駐車場に停めようとしたら、なんと、電光掲示板には駐車場が閉鎖との文字が。

『えぇ。。。急に中止になったんだぁ。。。』

と、残念すぎる気持ちを抱え、家に戻りました。

たまたま先月アロマのセッションを受けに来られたのクライアントさんに、万灯供養のお話をしたところ、行ってみたいということで、『向こうでお会いできたらいいですね。』話し合っていたのです。

そして1ヶ月後の今日、セッションを受けに来られたクライアントさんに、

『万灯供養残念でしたね。』というと、

『でもあの時間は小雨で良かったですよね。』とのこと。

『えぇ〜〜〜??? 万灯供養あったんですか!?』・・・ 私は大ショックです。

彼女は私が教えた駐車場は閉鎖だったので、近くの駐車場に停めて確認しに行ったとのこと。
観相窓から覗く大仏さまは、台風のため見られないとのことでしたが、窓も開き、あの幻想的な光景も見ることができたとのことでした。
彼女も感動し、一緒に行ったご両親もとても喜ばれたそうです。

《2017年8月15日撮影の写真》
8ABDFE25-8A34-4ACD-8EAD-E30E19C667DF

駐車場が閉鎖というとことだけで、確認もしないで帰ってしまった自分たちの短絡的な判断が悔やまれてなりません。
でも灯籠には火が灯り、ちゃんと先祖代々の供養をしていただけて、私たちの思いはご先祖さまに通じているのだと・・・無理やり自分を納得させています。

大仏さまにも会えなかったけれど・・・

《2018年8月15日撮影の写真》
5CEDA1CF-E798-48B4-BC7D-698B525EFF85

でもお伝えした方に喜んでもらえて良かったです。

来年は絶対行きたいです。
お天気だと、8時から大文字焼き見ることができますよ。


2年前のブログです。







 

2019年08月13日23:26お盆に・・・義父を偲ぶ
8月13日。
今日は夫の父のお墓参りに行きました。

今から14年前、すい臓がんのため80歳でなくなった義父は、温厚でとても優しい性格でした。
本が好きで、心に残る部分にはまるで教科書のようにサインペンで線を引きながら読むほどの勉強家。
健康にも気を配り、毎朝野菜ジュースを飲んだり玄米ご飯を食べたり、朝のジョギングを欠かさないという少しストイックなくらいの規則正しい生活を送っていたのですが・・・

68歳で脳内出血を患って、突然半身付随となってしまったのです。
義父は思い通りに動かない身体へのストレスを抱えながらも、毎日の散歩やリハビリを欠かさず、前向きな義父の生き方に、私は学ぶことが沢山ありました。

病気になってからの義父と私は、じっくり向き合い深い話をすることが多くなりました。
義父は私を認め、私と話すと元気になると私に会うことをとても喜んでくれました。
多くの悩みを抱えていたあの頃の私は、義父が私の良き理解者でいてくれたことで、私も同時に義父に癒されていました。

昨日のことです。
クライアントさんのために花を摘もうと庭に出ると、1匹のアゲハ蝶がハナテマリの周りを飛んでいます。
我が家はミカンやレモンなど柑橘系の木があるので、常に沢山のアゲハ蝶が遊びに来てくれますが、このアゲハ蝶は私が近づいても全く逃げる気配もなく、ずっと花の周りを羽を忙しくバタバタさせて飛んでいます。
でもなんか飛び方がぎこちなく、羽を傷めているような感じもしました。

私はふと
『お義父さんかも知れない。。。』
と思い、大急ぎでカメラを取りに部屋の中に。

戻ってみてもアゲハ蝶は同じ場所にいるではありませんか。

1FEDE2BA-E1B8-460A-98A2-F5DC09C5E2EC

今までも仏事のさまざまな場面で蝶や蜂が現れ『お義父さんかも。』と思うことあったのですが、それが私の思い込みであったとしても、お義父さんを思い出していることには違いなく・・・
思い出すことが1番の供養になるのだと、私は勝手に納得しています。

今日お墓にお供えする野菜は、我が家の野菜を集めてカゴに詰めてみました。
お義父さんに我が家の野菜たちを見てもらいたかったから。

B797741B-20AC-4E6E-9572-E872BF8FA0A5

『お父さん、こんなにもいっぱいできましたよ。』

義父がまだ元気だった頃、義母と一緒に野菜作りををしていたのですが、まだ若かった私たちは全く興味もなかったのに、今はこうして野菜づくりにハマっているだなんて・・・
きっと潜在的に義父の影響を受けていたのだと思います。

墓の前で小さな手を合わせながら拝んでいるひ孫たちの成長を報告をしながら、私は胸がいっぱいになりました。

9EB42BD6-0D62-4300-B040-7235413984E2

『きっとおじいちゃんは喜んでいるよ。』

義父の笑顔を思い出し、心が温かくなりました。


『お父さん、いつも見守ってくれてありがとう〜。』

 

2019年08月12日08:00シソジュースで夏バテ知らず☆
夏になると我が家で採れた無農薬の赤シソと青シソをブレンドして、シソジュースを作っています。

シソは抗酸化作用が強く、成人病にも役立つ様々効能がある上、クエン酸をプラスすることで疲労回復効果も倍増。
夏の健康維持には欠かせないお役立ちのジュースです。

何よりもさっぱりしてとてもおいしい!!
今年はもう5回も作りましたが、シソがなくなるまではまだまだ作る予定です。

《シソの効能》
・血行を促進し、疲労回復や肩こりなどの緩和
・便秘の改善
・食欲増進作用
・ストレス解消効果
・糖尿病の予防
・ダイエット効果
・美肌効果
・抗アレルギー作用

シソには抗菌、防腐作用もあるため、冷蔵庫では1年程保存できるのもすごいです。

いっぱい作りたくて赤シソの種まきをしたのですが、今年はなぜか発芽せず失敗に終わり・・・
いつもより収穫量は少ないのですが、足りない分は『道の駅』で購入し、我が家でできた青シソとブレンドして作っています。

《赤シソ》
F256AA8E-37C3-40EF-BE65-22FA0D3DB7F6
 
 《青シソ》
1E04E988-2BC0-4A2E-88B0-FDA9FB10540C

葉っぱだけで合計300g使います。
今回は枝も少し入れてみたので実際は50gくらいは多めに入れました。

20CEC74D-EB63-44F3-A460-9F3306E6AC5F

 かなりいっぱいありますよ。

それをきれいに洗い、大きな鍋に1800ccの水を入れ沸騰させたらシソを投入。
鍋に入りきらないくらいで溢れそうです。

801E05A1-2925-4A13-9E20-90FA0E95C47E

お箸で押さえながら沈めます。
この段階で、『シソジュースはまさに漢方薬』だなぁと実感。

しんなりするまで約8分くらい煮ます。

4D560497-08DC-41F0-806E-3F9E89A184CB

ザルにあげエキスを絞り出します。

B4501D78-C421-4A2E-AC45-7A8F9CBBA486

そこに砂糖を投入して砂糖が溶けるまで温めます。
私はきび砂糖を300g入れています。
一般のものはもっと甘いのですが、我が家はかなり控えめにしています。

粗熱が取れたらクエン酸を25g入れます。
きれいな色に変わりますよ。

D13B388B-E3D6-47EB-BA16-47A75B1FA891

清潔な瓶に入れたら完成です。

数倍に薄めてお飲みくださいね。

13453125-51C7-49C2-9107-FD919BEA8904

我が家は自家製のシソを使っているので、青シソが大量に手に入りますが、購入する場合は赤シソだけでもちろん大丈夫ですよ。

レシピはクックパッドに投稿しています。



簡単なんで、是非お試し下さいね。👋