2015年05月27日13:43旬をいただく☆
野菜作りを始めてから、野菜の旬がわかるようになりました。
収穫の時期は一時で同じものばかり食べてはいますが、
採りたてのおいしさはひとしお。
いつも食べながら幸せを感じています。

住んでいる土地でできた、その季節に採れたものを食べることが、
最もシンプルでナチュラル
身体にも一番いいような気がします。
それぞれの土地の風土 に合った旬の野菜は、大きなエネルギーに満ちているから。
 
キュウリやナス、スイカなどの夏野菜はそのどれもが身体の熱を冷ましたり
水分補給になったりするもので、夏にはピッタリな野菜です。
これを寒い冬に摂ると、身体が冷え易くなるのは自然なこと。
そう考えたら、わざわざ温度管理された季節外れの野菜を買うより、
地場の安くて新鮮な野菜を買う方が、身体にも家計にも優しいですよね。
 
技術の発達した現代は、季節を問わずどんな野菜でも手に入り、
季節感が全くなくなっているので、何が旬なのかわからなくなっているのは
とても残念なことです。。。
旬の野菜は安価なうえにおいしいので、ぜひ旬の野菜を食卓に
作り慣れたメニューに合わせて野菜を買うのではなく、旬の野菜を中心に
メニューを考えてみてはどうですかぁ~。

《我が家の旬の献立》
 
先日、畑で沢山のウスイエンドウが採れました。

image

image

私はこのエンドウを使って、エンドウご飯を炊いたり、卵とじを作りました。。

image

旬を味わう一品です。
この時期ならではの旬のおいしさを是非味わってみて下さいね。


旬をいただく《5月》★えんどうの卵とじ

 ひとひらの葉っぱ by クックパッド




 

コメントする

名前
 
  絵文字