2019年10月03日21:17パワースポット 天河神社へ
『今日はどうしても天河神社に行きたい!!』

昨日思い立ち、夫を誘って奈良県吉野郡天川村にある、天河弁財天社を訪れました。

天河神社は、『神様に呼ばれた人しか行けない』と言われている吉野の秘境にある神社で、知る人ぞ知るパワースポットです。

39CB74F8-C1CD-4678-BF42-8B28DE4CF8CB

私は今から約15年前に初めて訪れて以来、天河神社にすっかりハマり、今回で6回めの参拝になります。

天河神社は日本三大霊場の『高野』『吉野』『熊野』の三角形を結んだ中心に位置しています。
厳島神社、竹生島神社と並ぶ三代弁財天のひとつで、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)という水の神様が祀られています。

弁財天は芸能の神様で、多くの芸能人も訪れ、コンサートなども開催されています。

木津川市にある我が家からは片道74km、約2時間のドライブ。
大自然に抱かれた天川村へと続く道は、その景色を見ているだけで心地よく、とても癒されてました。

そしてついに天河大弁財天到着です。

IMG_6384

久しぶりに訪れた天河神社。
境内の静けさは以前のまま変わらず、私たちを迎え入れてくれました。

IMG_6387

IMG_6388

階段を昇って本殿に向かいます。

IMG_6389

本殿はあまりにも神聖な空間で、さすがに神殿の写真を撮ることは憚れたのですが、五十鈴(神殿に吊るされた鐘)だけはカメラに収めました。

IMG_6395

五十鈴は前後に降るのではなく、円を描くように回します。

私はいつものように御祈祷を申し込んだのですが、事前に予約を入れておかないとできない日もあるとのこと。
今まで何度も御祈祷をしているのですが、そんな風に言われたのは初めてです。

折角遠くまで来たので、約2時間待って、ようやく御祈祷をしてもらえることになりました。

祭壇は階段になっていて、神様は階段の一番上にいらっしゃいます。
私たちは階段の真ん中辺りに座ります。

祝詞が始まると同時に、私は両肩に突き上げるような痛みが走り・・・
こんな場面ではいつも起こる現象なんですが、私の身体の中にあるマイナスエネルギーが外に出ようとしているような不思議な感覚に身を委ねながら、目を閉じて祝詞を聞いていました。

祝詞の最後にひときわ大きくなった神主さんの声と太鼓の音色で、急に胸が大きく開き、呼吸が深くなりました。
神主さんの声は張りがあり、とても強い波動を持っているように感じました。
御祈祷をしてもらって良かったです。

天河神社には天から降ったとされる石(天石)が3つあります。

IMG_6410

IMG_6409

後ひとつは、この階段を降りたところにありました。

IMG_6397

IMG_6399

ここは護摩木を焚く場所だそうです。

IMG_6407

とても神聖な空間でした。
思い切って天河神社を訪れて良かったです。

FullSizeRender

夕暮れと競争で家路につきます。
次は早朝に訪れたいなと思いました。

今回も天河神社の神様に呼んでもらえて・・・感謝です。









 


コメントする

名前
 
  絵文字