2024年07月04日08:23娘と巡る☆富良野〜美瑛への旅《Part 2 ファーム富田》
私たちの今回の宿は、『富良野リゾート オリカ』です。

オリカに決めた理由は、団体さんの多い大規模なホテルを避け、静かにゆっくりと過ごしたかったからです。
何よりもファーム富田までは車で4分くらいという立地が決めてとなりました。
混雑を避けて早朝に散策できることが最大の魅力です。

ホテルの部屋は8階でしたが、部屋に入った途端、こんな景色が目に飛び込んできました。

FullSizeRender

『わぁ〜!! 素敵〜
思わず歓声が。

床から天井まである大きな窓の下には、見渡す限りの田園風景が広がっています。
正面には悠々と連なる大雪山系が連なっています。
眼下にはゴルフコースが見えますよ。

FullSizeRender

素晴らしい眺望にうっとり〜。

初日だけは夕食付きにしたのですが、バイオリンとピアノの生伴奏があって、ちょっとリッチな気分を味わうことができました。

翌朝、朝食前にまずはファーム富田に行く予定だったのですが・・・
あいにく雨が降っていたのでゆっくりと朝食を食べてからファーム富田に向かうことに。

8346EAD9-C2F6-4FA0-8072-8385CC7517DE

きれいな景色を見ながら、おいしい料理を味わうことができました。

デザートのメロンの上には四ツ葉のクローバーが載っていましたよ。
素敵な演出には感激です。

BA9970B0-2464-403A-92A2-CE520EA389A0

雨のお陰でゆっくり朝食を食べられて良かったです。
ラッキーにも9時前には雨も止んでくれました。

混雑を覚悟していたのですが、駐車場も空いていて、スムーズに園内に入ることができました。

FullSizeRender

大好きなイングリッシュラベンダーがまるで海のように広がっています。

FullSizeRender

私がファーム富田を訪れたのは今回で3度目です。
こんなにも早い時間に来たことは初めてで、トップシーズンなのにこんなにも人が少ないことは最高でした。

FullSizeRender

ショップも開いたので、『オカムラサキ』の精油や、ラベンダーウォーターを購入。
お土産にもラベンダーウォーターを購入しました。

ここは『ドライフラワーの舎』

FullSizeRender

FullSizeRender

隣のショップでお土産選びに夢中になっている間、また雨が降ったのですが、外に出た頃には雨が上がり青空が見えてきました。

再び園内を散策します。
雨上がりの朝は、ラベンダーもイキイキして紫が一層輝いて見えます。
立ち上がる香りも心地よく・・・

IMG_2755

青空と共に風が出てきました。
強過ぎて帽子も被ることができないほどです。
雨と風で、身体中のいらないものが流れていくような気がします。

ラベンダー畑の中に抱かれた・・・幸せな時間

1967754B-4469-4CCD-B338-DBEA4B3C9418

本当に心地よい空間でした。
娘と一緒に記念写真を撮りました。

FullSizeRender

『蒸留の舎』
4BDFC969-A8EB-4A60-B5BE-B90977F178B4

ラベンダーオイルの抽出法がわかりやすく説明されています。

 3CF56E5C-F8D7-44EB-898B-A249B3C506E6

植栽されている草花の盛りには少し早いのですが、整然と植えられていてとてもきれいです。

FullSizeRender

斜面に植えられたラベンダー

D86465BD-48A8-439E-94F4-8CBB5B8E3045

こんなポストもありました。

C43B4FB5-6406-4BC5-9030-F3A8B41D97C2

駐車場の脇にある森の小径を散策してみることに。

FullSizeRender

植栽された草花や、遅咲きのラバンジンの盛りには少し早かったようですが、ここまで登って来たのは初めてでした。

『白樺の森』がありました。

FullSizeRender

あちらこちらに季節をずらしてラベンダーが植えてありとても見応えがありました。
こんなにも広大で手入れが行き届いているというのに、入場料も駐車場も無料だなんて・・・
本当にありがたい限りです。

元気なイングリッシュラベンダーに囲まれた幸せな時間を過ごすことができ大満足でした。
ファーム富田を満喫し、次はランチを食べに再び美瑛に向かいます。


Part 3に続きます。


コメントする

名前
 
  絵文字