暮らし

2021年03月15日10:12バスルームのミラクルな発見‼️
ようやく私の住む京都も緊急事態宣言が解除されました。

先日は約3ヶ月ぶりに息子の家族と感動の再会。
昨日は毎月定期的に来てくださって大阪のクライアントさんが、4ヶ月ぶりにアロマのセッションを受けに来て下さいました。
暖かさに誘われて、少しずつ元の日常が戻ってきたことに幸せを感じます。

コロナの拡大でおうち時間が多くなったこの一年。
仕事も暇になって、こんなにも自分のための時間が取れたのは今までになかったことでした。
コロナの拡大はマイナスのことも多かったけれど、私にとって必要なロングバケーションを与えてくれたのかも知れません。

私は時間があるとやりたいことが次々に思い浮かぶ方なので、退屈することは全くありませんでした。
そんな私がこの一年の間夢中になっていたこと。
それは家の大改革です。

まずは衣類の断捨離から始め、引っ越してきた当時の『とりあえず』納めた家具の大移動をしたり、夫と私の部屋まで取り替えたり・・・
ウォーキングクロゼットが見違えるようにスッキリし、使いづらかったパントリーもとても使いやすくなりました。

他のことにエネルギーを使っていない分、私の中にはすごくエネルギーが溜まっていたんだと実感。
楽しいと思っていたことも、気づかないうちに長年の疲れが溜まっていたんだなと気がつきました。

部屋のリメイクはやる気満々。
頭が冴えて色んなことをどんどん思いつき、全て実行に移しています。

今は部屋がスッキリすると同時に、心も軽くなっています。
まさに『お掃除療法』実践中のようです。

ある程度部屋が片付いた今は、インテリアが気になりだしました。
これからは、部屋をもっとおしゃれに演出する小物探しに出かけたいなと思ってます。 

そんな中で私が感動したミラクルな発見が‼️
それはバスルームの壁面にはマグネットがくっつくということです。

ニトリに洗濯物ハンガーを買いに行った時、バスルームの壁面につけられるマグネット小物を見つけたのです。
何よりもバスルームの壁面にマグネットがくっつくなんて、本当に信じられないことでした。

一旦家に帰って自宅のバスルームで実験したところ。。。
くっつくではありませんか。

バスルームの隅に置いていた掃除用具。
見た目が悪い上、カビが発生しやすくて、ずっとなんとかしたいと思っていたのですが、マグネットのトレイで上にあげてみたら、とてもスッキリ。

AFFDDB9E-7F18-4C2E-8550-EC406B8D9F20

本当に感動です。

それから、こんな洗い桶を見つけました。
小ぶりで使いづらいかと思ったのですが、軽くて最高に良いですよ。

58E9D435-CF01-467C-8CE9-EF8F43127372

裏はこんな風になっています。

CF541483-03E0-408B-87E8-C5F48F4860C6

吸盤ではすぐに落ちて使いづらかったソープディッシュもマグネット式です。

0D245458-884C-456D-AE2E-0DEA48BCB246p

次はソープディッシュを浮かせる収納にしたり、少しづつおしゃれにグレードアップしていきたいなと思っています。

この発見がうれしすぎて、我が家に来る人みんなに見せびらかしています。

みんな口を揃えて言うことは・・・
『我が家はきっと違う。。。』

でも自宅に帰って実験して、くっつくことを確認。
小さなブームになっています。

知らなかったのはひょっとして私の周りだけ
もしもまだの方はならぜひお試し下さいね。

私の小さな感動体験でした。
 


2021年02月14日23:09これが私たちの『新しい生活様式』
この1年間、コロナ禍の中で私たちの暮らしは大きく変化しました。
今まで当たり前だったことが当たり前ではなくなり、自由に動けることの有り難さを身に染みて感じています。

仕事が暇になり、また大好きだった海外旅行にも行けず・・・
ステイホームの閉塞感の中で自分に向き合う時間が増えたことは、これからの生き方にも目を向けるいいきっかけにもなりました。

その中で浮上した課題は、余りにもいつも一緒にいる『夫との距離感』
『コロナ離婚』という言葉を最近よく耳にしますが、我が家もまさにその危機が押し迫る程、煮詰まっていたのかも知れません。笑
余程ラブラブな関係なら違うのかも知れませんが、一緒の時間が長過ぎるのは、夫婦であっても親子であってもしんどいもので、特に私は『ひとりの時間が欲しい!』と思うことが多くなりました。

昨年までならお互いに離れる時間も多かったのですが、今はそれもままならず、物理的な距離感を保つことがお互いに必要だと考え、昨日部屋の大移動を行なうことにしました。

実は、我が家のリビングの吹き抜け部分にはこんな室内窓が付いています。

98C33C6E-3F52-470E-B029-5D11CE53A009

これは多分リビングと2階の居室をひとつの空間のようにするための窓だったようですが、家づくりの際モデルルームを見て、『鳩ぽっぽの窓みたいで可愛い!!』という見た目だけで選んでしまった軽率な私。。。

私の部屋からはこんな感じになっています。

CBDA28B0-B19E-46EE-9581-FC0A08D9FE59

見た目はなかなか可愛いのですが・・・
下の音が丸聞こえでテレビはもちろんの事、生活音がそのまま部屋に響き・・・音が気になって全く落ち着くことができません。
幼い子供がいる家庭だととても便利に使えそうですが、遠い昔に子育てを終えた夫婦にとっては、余り必要のない窓だったようで。。。

テレビ好きの夫は夫で、私よりも早く起きた時にテレビの音量に気を遣うとのこと。

でもこの窓の一番の大きな役割はクリスマスパーティーの時。
毎年サンタさんはここから覗いてくれるので、子供たちは大喜びです。

6212047C-B136-47BE-8B72-AB009B82874B

季節の良い時は、家の全ての窓を開け放し、家中に空気が流れるという素晴らしいメリットもあるのですが、落ち着ける空間ではありませんでした。

何度も夫が部屋を取り替えることを提案したのですが、 2人であの大きなベッドを移動するのは無理だと断念し、5年間そのままだったのですが・・・

でもコロナ禍の煮詰まった毎日の中で、落ち着ける空間の確保に昨日思い切って部屋の移動にトライすることにしました。
そこで娘の旦那さまの亮くんに助っ人を頼むことに。

亮くんは筋肉隆々。とても力持ちの上、DIYも大の得意です。
先日も梁に洗濯物干しを設置してくれてとても便利になりました。

今回の一番の難関は私のベッドの移動です。
ヘッドの部分が部屋の入り口を通れるかどうか、大きな問題がありました。

亮くんはそのままでは無理だと判断し、ヘッドの部分を分解し移動してくれたのです。

564186D1-FDB8-4D0A-A043-19B0F92BD87A

無事ベッドが入ると、机、飾りだななど家具の移動も手伝ってくれました。

0FA45A39-8C34-420B-94C7-C28460810A2F

何よりもすごいのは、クローゼットのの扉まで移動してくれたことです。

夫の部屋と私の部屋は左右同じ間取りの対になっているのですが、私の部屋にはクローゼットの扉に全身を写す鏡が取り付けられていて、夫の部屋には付けていなかったのです。。。

『鏡を買うしかないか』と諦めていたのですが、扉を外して入れ替えることができるなんて・・・
まるで業者さんですよね。笑
ホント感激でした。

昨日1日かけて部屋の引っ越しは完了‼️
本当にうれしくて亮くんには感謝しかありません。

前はただ『眠るだけの部屋』だったのですが、こんなにも静かなひとりの空間ができたなんて・・・感激です。
逆に夫は部屋からリビングにいる私とも会話ができる開かれた空間を気に入っているようです。笑

今まではブログを書いたりする時も、キッチンのカウンターに座って作業していたのですが、今は静かな部屋でこのブログを書くことができています。
読みたい本もいっぱいあって、テレビの音にに邪魔されない最高の空間を手に入れました。

夫婦だからってずっと一緒でなくてもいいはず。
心地よい距離感を保ちながら、自分の為の時間を大切にしたいと思いました。

これが私たちの『新しい生活様式』
コロナは大変だったけど、またひとつ大切なことに気づかせてくれた気がします。









 


2021年01月30日23:26久しぶりの煮込み料理《鶏肉のトマトシチュー》
コロナ禍の中、買い物以外はず〜と家にいるので、毎日3食の食事を作ることにも少々うんざりな毎日です。

その上、我が家の家庭菜園では今年も白菜や大根などの冬野菜がいっぱい採れていて、採りたて野菜のおいしさは格別だけれど・・・大根や白菜にもさすがに飽きてきた感じです。

例年なら息子や妹の家族、友人たちが我が家を訪れ、採りたての冬野菜を使って鍋パーティーをしたり、おもてなし料理に腕を振るったり、・・・台所も活気に満ちていましたが、夫と2人きりの食卓は刺激もなくマンネリ化していた感じです。

昨日買い物に行った時に、とても新鮮な株立ちのセロリとマッシュルームに出会い、久々に煮込み料理が作りたくなりなりました。

材料を揃えて帰り、今日は朝から《鶏肉のトマトシチュー》を作ることに。

《鶏肉のトマトシチュー》は前日に作り置きしておくことができるので、おもてなしによく作っている私の自慢のレシピです。

『おいしい』と大人気のこのレシピを伝えたくて、クックパッドにも投稿中ですが・・・
材料も沢山いる上、時短とは縁遠いようで、あまり人気がありません。。。

でも手順は極めて簡単なんですよ。

《鶏肉のトマトシチュー》のご紹介。

①まずは鶏肉を一口大に切り、軽く塩とブラックペッパーを振ります。
本来は旨みを引き出すため、鶏の『手羽元』を使っているのですが、今日は冷凍室にあった『もも肉』を使いました。

ニンニクはみじん切りにします。

7736B1B3-4B3D-4F10-B014-883E849E9834

 ②スープのベースを天然のブイヨンで仕上げるのが私流。
この一手間がおいしさに秘訣です。

ブーケガルニにする材料を用意します。
庭で育てているハーブはこの季節は寒すぎて、タイムもオレガノもお休み中なんで、今回は冬でも元気なローズマリーだけを使いました。
それとパセリの軸も入れています。
ローリエは必須ですよ。

私はここに人参、玉ねぎ、ニンニク、セロリの葉も加えます。

884ED54B-23AB-4F91-8885-7A43A0905341

③鍋にオリーブオイルを入れて温め、ニンニクを入れて炒めます。
香りが出たら鶏肉を加え、両面を焼きます。

0FCDB8E6-5C92-4A25-B1A0-7CC83EB17DB5

④煮込み鍋に鶏肉と②を入れて水を加えて火にかけます。

5C8CE61B-C886-470F-B975-40FED50A7741

⑤沸騰したらトマトホール缶と、ケチャップ大さじ1、お好みでチキンコンソメを入れます。
白ワインもお忘れなく。

832CF9F2-DBF6-49C7-ACB1-EF0524590B5D

⑥少し火を弱めて、約1時間煮込みます。
途中あくを取ります。

ハーブと野菜のエキスを抽出して、スープのベースを作ると味は本格的にグレードアップしますよ。
今日は手羽元がなかったのですが、骨つきを使う方が一層おいしいスープが取れますので、お試しあれ。

⑦煮込んでいる間に、具材の野菜を切ります。
今日は人参、玉ねぎ、じゃがいも、マッシュルーム、しめじ、カラーピーマン、セロリを入れました。

187DE44C-BD22-4CE4-944B-A3D755E2BFA7

⑧オリーブオイルで全ての野菜を炒めます。

8A6B2DB7-572D-4C19-997F-04955CD55949

⑨スープができたら、セロリの葉や、パセリの軸、ニンニク、ハーブなどは取り出します。
玉ねぎ、人参はそのまま残します。

その中に⑧を加え、再び煮込みます。

613B9C7A-3546-4CE7-9188-05DA2BF28B82

⑩約30分煮込み、材料が柔らかくなったら、塩、ブラックペッパーで味を整えます。

DAB0E4C0-BD79-4595-80CD-979FC8ED97BE

できましたぁ〜!!
このまま夕方まで寝かしたら完成です。

折角なんで娘の家族にご馳走することにしました。

副菜は娘が作ったタコのマリネ。
サラダには庭でできたサニーレタスとシュンギクを。
ブロッコリーも茹でましたよ。

B2B8B9F4-DDBA-4734-84D3-663EBF617CCC

今日は少し気取って、フランスパンとクロワッサンでいただきます。

99D60CEB-2E50-4167-84C1-1D5106E52182

野菜嫌いな晴くんも食べてます。

『このスープおいしい!!』ですって。

4D20EF5B-CD7D-4EEE-8A19-4ECC6284DC2D

煮込み料理で心も体もホッカホカ。
明日はもっとおいしくなりますよ。

みなさんもぜひお試し下さいね。


詳しい作り方は『クックパッド』に投稿中です。

        

味は本格!!絶品『鶏肉のトマトシチュー』














 

2021年01月20日20:34免疫力アップにオススメです☆《癒しの湯たんぽ》
収束のきざしが見えない新型コロナウィルス。
各地で2度目の緊急事態宣言が発令され、感染への不安と緊張で疲れも溜まって方も多いのではないでしょうか。

手洗いやマスクで感染予防をすることは当然のことですが、感染しても重症化しないように体がウィルスと戦う免疫力を高めておくことくらいしか、今の私たちにできることなのではないかと。。。

質のいい睡眠や、バランスのとれた食生活、適度な運動・・・免疫力アップに必要な方法は色々ありますが、ストレスで免疫力を低下させないためには、まずは体を温めて、自律神経のバランスを整えることが重要です。

この季節は特に、体の冷えに悩まれている方も多いですよね。
私のところに来られるクライアントさんも体の冷えで悩まれている方が結構いらっしゃいます。

近年は平熱が36度以下の低体温の方も増えていますが、体温が下がると血流が滞り、白血球の中のリンパ球の働きが悪くなり、免疫力が大幅に下がると言われています。
体温が1度下がると、新陳代謝は12〜20%低下し、免疫力に至っては30%も下がるとも。。。
これは大変ですよね。

ウィルスに負けない体作りには、体を温かく保つことが大切です。
冷えを体質だと諦めず、体を温めることに真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか。
 
そのためにはなるべく冷たいものを飲まず、温かい物を摂ることは基本中の基本。
冷蔵庫に入れている冷たい飲み物を摂ることはこの時期避け、お腹を冷やさない工夫をして下さいね。

私は毎朝、マグカップ1杯のお白湯を飲むことを習慣にしています。

8ECF49A6-5D76-418B-9091-A66DEF3C732D

ケトルで10分間沸騰させたアツアツのお白湯を啜りながら飲むのですが、お腹の中に染み渡る感覚がとてもいいですよ。
まずはお腹の中を温めて胃腸を目覚めさせてから、朝食をいただきます。
少し多めに作り残ったお白湯は魔法瓶に入れて持ち歩いています。

バスタイムはシャワーで済ませず、湯船にゆっくり浸かって、じっくりと深部から体を温める。。。
40度くらいのお湯に10分〜20分浸かるのが理想なんですが・・・

『もちろんそうしたい気持ちは山々だけど、忙しくて自分のためにそんな時間は取れない。』という方も多いのでは。
そんな方への私の一番のオススメは『湯たんぽ』なんです。

私は『湯たんぽ』を日常に取り入れ始めたのは、今から7〜8年前でしょうか。
斑目健夫先生が書いた『免疫力を高める「副交感神経」健康法』という本を読んだのをきっかけで『湯たんぽ』の素晴らしさに目覚め、今では我が家の必需品になっています。

ずっと使っていたのはこのヒツジちゃんの湯たんぽ。
中はプラスチック製です。
ずいぶんくたびれてボタンなんかもなくなってしまっていますが。笑

96E439E1-B59D-4F2D-AC96-064A6C9D25B9

本を読んだり、ブログを書いたり、テレビを観たり・・・
昼間でも椅子に腰かける時間には使っていますが、特に夜寝る時にはなくてはならないアイテムです。

少し早めにお湯を入れ、ベッドのお尻の当たるところに置いて温めておきます。
そしてベッドに入ってからはお腹の上に載せて使っています。
少し重いのですが・・・その温かさが最高に気持ちいい!!
腸管には体内の免疫細胞の60〜70%集まっているので、お腹を温めることがとても大切なんです。

お腹が温まれば鼠径部や、太ももに移動していくといいそうですが、私はお腹に置いただけで、副交感神経が優位になり・・・すぐに夢の中に。
朝までぐっすり眠っています。

足が冷える方は、『湯たんぽは足に使う物』と思っている方も多いかも知れませんが、まずはお腹を温めてみて下さいね。

最近では色々な種類の湯たんぽが出回っていますが、私のオススメはなんといってもお湯を入れるタイプです。
断然熱量が違いますよ。
湯たんぽをでお腹を温めることで深部体温が上昇して副交感神経が優位になり、血液循環がアップ。
深くリラックスできますよ。
徐々に冷めていくという湯たんぽの温度変化は、自律神経の睡眠リズムとも合っていて、朝まで一定した温度の電気毛布では得られない自然で優しい健康効果が期待できますよ。

それに一度購入したら材料費はお湯だけなんで、とても経済的です。
朝になってもまだ温かさが残っているので、私は中のお湯を使って顔を洗っています。

長年愛用した湯たんぽでしたが、先日穴が空いていることを発見。。。
泣く泣く処分することになったのですが、その後釜に購入したのはこの湯たんぽです。

2B883785-8A01-4290-91F6-420CA4145BD7

ドイツ製の『fashy』
熱湯を入れることができないことが少し物足りない気がするのですが、肌触りが柔らかくとても心地いですよ。
60度くらいのお湯を入れて使用しますが、本当に優しくて癒されるアイテムです。

湯たんぽを使うことで、副交感神経が優位になると、血液循環が良くなってリンパ球が活性し、免疫力も高まりますよ。

レンジで温めるタイプも持っています。
こちらは手軽さが魅力ですが、すぐに冷めてしまうのであくまで補助的に使っています。
どちらかと言うと、これは私のハートを温める癒しアイテムかなぁ。

19F0B43D-03D3-4EC0-B6C4-160880B7831A

まだまだ寒い日が続きそうです。
癒しの湯たんぽをあなたの相棒にしてみては?

深部から体を温めて、免疫力アップを目指しましょう〜‼️
コロナに負けないで、元気にこの冬を乗り切って下さいね。    

 


2020年09月29日21:29長〜い夏休みを終えて・・・ブログ再開です。
3ヶ月ぶりの投稿です。
少し長すぎた夏休みを終えて、今日からブログを再開することにしました。

今年の夏はコロナの蔓延に加え、各地で災害も多く起こり、今までに経験したことのないほど辛く苦しい夏でしたね。
県外の車に嫌がらせをしたり、マスク警察の出現など・・・歪んだ正義感や思いやりのない人たちの報道を耳にするたび、コロナよりも人の心が怖くなり、やるせない気持ちになっていました。

その上緊急事態宣言の最中、夫の体調が悪くなり・・・今は元の元気を取り戻しましたが、私もすっかり疲れ果て、気弱になっていたのだと思います。

楽しいことや書きたいこともいっぱいあったけど、こんな時期にこんな浮かれたことを書いていいのかな・・・と周りの反応が気にかかり・・・ブログをしばらくお休みすることに。
でも一旦離れてしまうとなかなかきっかけが掴めないまま、いつの間にか3ヶ月も経っていました。

猛暑の中でのマスク着用はしんどすぎて、外出する気にもならず引きこもりの日々でしたが、 8月からは今までできなかった家の片付けや整理をいっぱいすることができて、とても充実した毎日でした。
今思えば、私にとってステイホームは必要で、いいきっかけだったと思います。

時間に終われ忙しい日々を送っていた時には、夜遅く眠る前に『あぁ〜!1日があと2時間あったらいいのにな〜。』とよく思ったものです。
やり残していることが多すぎて、気にかかりながらも見ないフリをしていることも多かったのですが、この3ヶ月間はゆっくりと時間が流れ、自分のために時間を使うことができました。

夜は11時ごろには眠り、朝は6時前には自然に目覚めるという健康的なリズムの中で、セルフヨガをしたり、瞑想をしたり、時には早朝のウォーキングに行ったり・・・
なかなか継続的にというわけにはいきませんが、気ままな自分を許しつつ、自由なスタンスで楽しんでいます。
そして一番大きな変化は、22年ぶりにピアノを弾き始めたことです。
今はお気に入りの一曲の完成を目指してピアノ向かう時間が楽しくて。
心のスペースが広がったことを実感します。

アロマのお客様も以前よりは少なくなりましたが、環境の変化に伴う新たな悩みや体調の悪さを抱えたお客様の心と身体のケアができることは大きな張り合いになっています。

ゆっくりした時間の中では、自分に向き合う時間も多くなり、考えすぎて沈みがちな心を、家の片付けや模様替えをすることに意識を変換し、余計なことを考えるのをやめることにしました。

我が家は自宅をサロンとして利用しているので、表面はいつもきれいには保っているのですが、見えないところは約4年半前に引っ越してきた時の『とりあえず収納』したままになっていて、整理や工夫ができないまになっている箇所がいっぱい。。。

収納法をネットの情報で研究している娘のアドバイスを受けながら、まずは下駄箱の整理から始めてみました。
やってみると何年間も使いにくと思っていた下駄箱が、見違えるように使いやすくきれいに整い、今は扉を開けるたびにうれしくなるほどです。

下駄箱を皮切りに、階段下収納、パントリー、ウォーキングクロゼットなど。。。
普段使わなかった多くのいらない物を手放し、収納の工夫をして、スッキリと見違えるようにきれいに整いました。

自分の部屋もただ眠るだけの場所としてしか利用していなかったのですが、お気に入りの家具を入れ快適な空間が完成しました。

まるで家が蘇ったようです。

家の中が整った後は外回りと庭を。
庭木を植え替えたり、剪定したり・・・

やりたいことがいっぱいで、それを思い通りにこなせるなんて・・・
とても充実した時間でした。
同時に不思議なほど私の心もスッキリして、心が軽くなったことを実感します。

これぞまさに『お掃除療法』ですよね。
いらない物を手放した心地よい空間の中では『気持ちいい〜』と脳内のセレトニンがいっぱい出て、エネルギーが高まった気がします。

やらなければならないという制限を取り外した長い夏休みのお陰で、私の心と身体はすっかりリセットできました。

今は大好きな海外旅行に行けないことが残念ではありますが、しばらくは毎月でも国内旅行に行って刺激と感動を受け取りたいと思っています。

とても長いブログになってしまいました。笑
最後まで読んでいただいてありがとうございました。