クックパッド

2021年05月01日22:08新玉ねぎの季節がやってきたぁ〜!!(Part 2)
連休初日、雨が降る前に新玉ねぎを全て取り切るため、加茂の畑に行きました。

娘と孫たちに手伝ってもらって、約120個の玉ねぎを収穫しましたよ。

FullSizeRender

例年この時期は沢山のお客様で賑わう我が家ですが、
昨年に引き続き今年も緊急事態宣言が発出され・・・誰も来れなくなりました。
みんなが来るまで、新玉ねぎは干してもたせないとね。

こんなにもいっぱいの玉ねぎに囲まれている我が家は、毎食のように玉ねぎが食卓にのぼります。
でもおいしすぎて、全然飽きないんですよ。

今回は大好きな新玉ねぎのレシピのご紹介!!
全てクックパッドに投稿中です。 ひとひらの葉っぱのキッチン
レシピ貼り付けていますので、是非お試し下さいね☆

《オニオンスライス》
新玉ねぎと言ったら、何と言っても『オニオンスライス』ですよね。
この時期の採りたての玉ねぎは、『水に晒さず、空気に晒す』のがおいしさの秘訣!!
1〜2個をスライスして保存容器に入れて冷蔵庫で保管。
少し置いただけで苦味が取れて、驚くほど甘くなりますよ。
二杯酢やポン酢で食べるのはもちろん、サラダのトッピングに、サンドイッチにと色々使えて便利です。

☆レシピはこちら
 


《玉ねぎのスープ煮》
玉ねぎを丸ごとスープ煮にします。
新玉ねぎの甘さを味わうシンプルなレシピ。
超簡単で納得の一品。
 



《玉ねぎオムレツ》
先日投稿したばかりのニューレシピ。
1年も前からずっと下書きのまま眠っていたのですがようやく投稿できました。

じっくり炒めた玉ねぎなら、お肉がなくてもとてもおいしいですよ。
前日に玉ねぎを炒めておけば、朝食やお弁当にも簡単に出来て便利です。




《春野菜のポトフ》
新じゃがいもが採れたら、玉ねぎと一緒にポトフを作ります。
土鍋で作ってそのまま食卓に。
簡単でおいしいですよ。




《カレー風味のオニオンスープ》
これは先程投稿したばかりのホヤホヤのニューレシピです。
夕食に食べましたがかなりおいしくて・・・ハマること請け合いです。
是非お試し下さいね。




《夏野菜のハーブ焼き》
玉ねぎだけのレシピはなかったので、夏野菜と一緒ですが。
玉ねぎを皮付きのままオーブンで焼くだけなんですが・・・これもまた甘くておいしいです。



最近はすっかりサボっていたけど、玉ねぎいっぱいあるうちに、新しいレシピを投稿しなくっちゃ〜。
 
みなさんも玉ねぎいっぱい食べて、血液サラサラに。
免疫力を高めて、元気にこの時期を乗り切って下さいね。


2021年01月30日23:26久しぶりの煮込み料理《鶏肉のトマトシチュー》
コロナ禍の中、買い物以外はず〜と家にいるので、毎日3食の食事を作ることにも少々うんざりな毎日です。

その上、我が家の家庭菜園では今年も白菜や大根などの冬野菜がいっぱい採れていて、採りたて野菜のおいしさは格別だけれど・・・大根や白菜にもさすがに飽きてきた感じです。

例年なら息子や妹の家族、友人たちが我が家を訪れ、採りたての冬野菜を使って鍋パーティーをしたり、おもてなし料理に腕を振るったり、・・・台所も活気に満ちていましたが、夫と2人きりの食卓は刺激もなくマンネリ化していた感じです。

昨日買い物に行った時に、とても新鮮な株立ちのセロリとマッシュルームに出会い、久々に煮込み料理が作りたくなりなりました。

材料を揃えて帰り、今日は朝から《鶏肉のトマトシチュー》を作ることに。

《鶏肉のトマトシチュー》は前日に作り置きしておくことができるので、おもてなしによく作っている私の自慢のレシピです。

『おいしい』と大人気のこのレシピを伝えたくて、クックパッドにも投稿中ですが・・・
材料も沢山いる上、時短とは縁遠いようで、あまり人気がありません。。。

でも手順は極めて簡単なんですよ。

《鶏肉のトマトシチュー》のご紹介。

①まずは鶏肉を一口大に切り、軽く塩とブラックペッパーを振ります。
本来は旨みを引き出すため、鶏の『手羽元』を使っているのですが、今日は冷凍室にあった『もも肉』を使いました。

ニンニクはみじん切りにします。

7736B1B3-4B3D-4F10-B014-883E849E9834

 ②スープのベースを天然のブイヨンで仕上げるのが私流。
この一手間がおいしさに秘訣です。

ブーケガルニにする材料を用意します。
庭で育てているハーブはこの季節は寒すぎて、タイムもオレガノもお休み中なんで、今回は冬でも元気なローズマリーだけを使いました。
それとパセリの軸も入れています。
ローリエは必須ですよ。

私はここに人参、玉ねぎ、ニンニク、セロリの葉も加えます。

884ED54B-23AB-4F91-8885-7A43A0905341

③鍋にオリーブオイルを入れて温め、ニンニクを入れて炒めます。
香りが出たら鶏肉を加え、両面を焼きます。

0FCDB8E6-5C92-4A25-B1A0-7CC83EB17DB5

④煮込み鍋に鶏肉と②を入れて水を加えて火にかけます。

5C8CE61B-C886-470F-B975-40FED50A7741

⑤沸騰したらトマトホール缶と、ケチャップ大さじ1、お好みでチキンコンソメを入れます。
白ワインもお忘れなく。

832CF9F2-DBF6-49C7-ACB1-EF0524590B5D

⑥少し火を弱めて、約1時間煮込みます。
途中あくを取ります。

ハーブと野菜のエキスを抽出して、スープのベースを作ると味は本格的にグレードアップしますよ。
今日は手羽元がなかったのですが、骨つきを使う方が一層おいしいスープが取れますので、お試しあれ。

⑦煮込んでいる間に、具材の野菜を切ります。
今日は人参、玉ねぎ、じゃがいも、マッシュルーム、しめじ、カラーピーマン、セロリを入れました。

187DE44C-BD22-4CE4-944B-A3D755E2BFA7

⑧オリーブオイルで全ての野菜を炒めます。

8A6B2DB7-572D-4C19-997F-04955CD55949

⑨スープができたら、セロリの葉や、パセリの軸、ニンニク、ハーブなどは取り出します。
玉ねぎ、人参はそのまま残します。

その中に⑧を加え、再び煮込みます。

613B9C7A-3546-4CE7-9188-05DA2BF28B82

⑩約30分煮込み、材料が柔らかくなったら、塩、ブラックペッパーで味を整えます。

DAB0E4C0-BD79-4595-80CD-979FC8ED97BE

できましたぁ〜!!
このまま夕方まで寝かしたら完成です。

折角なんで娘の家族にご馳走することにしました。

副菜は娘が作ったタコのマリネ。
サラダには庭でできたサニーレタスとシュンギクを。
ブロッコリーも茹でましたよ。

B2B8B9F4-DDBA-4734-84D3-663EBF617CCC

今日は少し気取って、フランスパンとクロワッサンでいただきます。

99D60CEB-2E50-4167-84C1-1D5106E52182

野菜嫌いな晴くんも食べてます。

『このスープおいしい!!』ですって。

4D20EF5B-CD7D-4EEE-8A19-4ECC6284DC2D

煮込み料理で心も体もホッカホカ。
明日はもっとおいしくなりますよ。

みなさんもぜひお試し下さいね。


詳しい作り方は『クックパッド』に投稿中です。

        

味は本格!!絶品『鶏肉のトマトシチュー』














 

2020年12月17日22:12クックパッドニュースに掲載されました。
本日、クックパッドからこんなメールが届きました!!

3FB0DACC-6D92-435B-9D8F-572DAC0C85B3


掲載されたクックパッドニュースを確認してみたら・・・
な、なんとページのトップに私のレシピが載っているではありませんか。

白菜が採れ始めてからは、ほぼ毎日我が家の食卓に上がる自慢のメニュー。
簡単でおいしいので、認められてうれしかったです。


70F898D5-6B51-426C-BA14-DCC33E462A55

https://news.cookpad.com/articles/38956?et=86047


先日収穫した我が家の白菜を使って、今朝も作りましたよ。

C6655F71-0691-4723-8A09-7F38B1397835

4E5AB0BD-B881-4920-96CC-688E2F1D54D6

ザクザク切って、シーチキンを載せたら、塩とブラックペッパーを振ってレンジでチンするだけ。
ホント‼️超簡単です。
最近はコストコのツナ缶にハマっているので、レシピに書いてるシーチキンマイルドではないですが・・・

ツナ缶の代わりにベーコンを載せたりしめじなどをトッピングしたり、アレンジは色々楽しめます。
オリーブオイルを上にかけても美味しいですよ。

是非お試しくださいね。





2020年11月25日09:03冬野菜の季節がやってきたぁ〜!!
先日のことです。
夫が加茂の貸し農園から初採りの冬野菜をいっぱい抱えて帰ってきました。

夫が畑で撮った写真です。 
なかなか上出来ですよね。

E0780C6D-0C78-46FB-B446-3AB901890B0A
 
ついに冬野菜の季節がやってきたようです!!

今回のダイコンは間引きを兼ねてのまだ細い大根ですが、葉っぱはいっぱい食べられそうです。
お浸しに漬物、ふりかけと食べ方は色々ですよ。

何よりもカブがうれしいです。
なぜか毎年カブはうまく育たなかったのですが、今年は大成功!!
とてもおいしそうです。
ブロッコリーもきれいにできてます。

早速お料理開始です。

まずはカブのシチューを作りました。
今回はカブを2つ使うことに。
新鮮なんで皮は剥かなくても大丈夫ですよ。

E4D2AC4A-ADBA-4E85-A72E-BE159E2ADED2

カブに他の野菜を加えて

EC1FF677-B473-453F-8CB9-25B25BFF192C

煮込みます。
できましたぁ〜。

6C8EBC11-523F-434E-9FC2-09ACE99B80C6

翌日来る予定になっていた息子の家族のために気合を入れて作りましたよ。

そしてダイコンはゆず大根に。

56612DB9-67F4-4A48-9782-1D9146F13740

カブの葉っぱはふりかけにしました。

DEBDE378-528D-40B5-BF6F-EBB40E3CD457

そして翌日の朝。
ブロッコリーは茹でて食卓に。

B5CA9603-7B03-40E0-B142-AEBFF766462B

庭の葉野菜を摘んでグリーンサラダを作りました。
ミズナ、ラディッシュ、サニーレタス、ホウレンソウが入ってます。

2A624E56-4290-461F-A576-92406C5002F7

まだ小さい間引きのニンジンはカブと共に生でいただきます。
どちらも甘くておいしいですよ。

E9D4549E-1F39-4F10-A310-DBC70803FB5C

そしてメインはもちろんカブのシチュー。

BE137FF9-B5D0-4EA4-BA09-0AAD07920450

自家製の野菜づくしのランチの完成です。

72C6BF6E-D8DE-4276-AB4F-7B5D6633C30D

手前にあるのはキクイモの酢漬け。
キクイモも自家製ですよ。

後はフランスパンに卵やツナ、チーズを載せてオープンサンドとして。
ちょっと豪華な野菜ランチになりました。

カブのシチューは子供たちも大好きなようで、残さず食べてくれました。
作って良かったぁ〜。💕

そして夜は、白菜や庭で採れたミズナを使ってお鍋でほっこり。

コロナなんかに負けないように、ビタミンいっぱい摂って免疫力を強化してね。
この冬もみんな元気に過ごせますように・・・


《レシピはこちら》





 


2020年06月22日19:33自家製のジャガイモで作ったコロッケです。《キタアカリ》
先週のことですが・・・
梅雨の合間にジャガイモを全部掘りきりました。

ジャガイモは晴れ続きの時に掘るのが鉄則。
梅雨時期に収穫期を迎えるジャガイモはタイミングが難しく、今回も雨予報を避けての芋掘りです。

私は粉系のホクホクした食感の『キタアカリ』が一番好きです。
肉質は『男爵』に似ているにですが、色が黄色くて、レンジでチンするだけでもとてもおいしいですよ。

そんな訳で今年は市場でよく出回っている『男爵』をやめて、『キタアカリ』中心に作りました。
後は、粘質系で煮崩れしにくい『メークイン』と『インカのめざめ』と『インカのひとみ』にも初挑戦。

収穫時期が少し早めかったせいもあり、全体に小ぶりですが、とてもおいしいジャガイモ採れましたよ。

収穫したジャガイモたち

《キタアカリ》
 48F3F582-7869-4107-9399-EC83F362729C

《メークイン》
F470721B-5559-4434-B0CF-CAA7F087BC21
 
《インカのめざめ》
867290C8-F3B6-41E1-B4CF-015BE3981D9A

《インカのひとみ》
16817ED0-FED1-4FDC-A9AD-3093C3227A8C

 初挑戦の『インカのめざめ』と『インカのひとみ』はどちらも小ぶりですが、いい感じにできました。

先日、芋掘りを手伝ってくれた娘の家族との収穫祭として、一緒にコロッケ作りをしました。

コロッケにはもちろんホクホク系の『キタアカリ』を使いました。
娘の家族はみ〜んな食いしん坊。
採りたてのジャガイモで作ったコロッケのおいしさを思うと、いっぱい食べそうだなと、大量のジャガイモを茹でました。

鍋が溢れるくらいいっぱいで、粉吹き芋にする為に鍋を振ることもできないくらい。
さっくりと潰したら、そこに我が家で採れたタマネギと牛肉を炒めたものを加え・・・

全部で26個のコロッケが出来ましたよ。
ちょっと作りすぎですよね。

5D6B3585-FAE9-4B3B-97F0-E7EA3F3D13B7

ホックホクでサクッとした我が家自慢のコロッケの完成です。

まだ2歳の晴は1個でいいよね。
後は『ひとり2個ね。』と言いたいところですが・・・

0B0F41EA-DD59-40DA-A927-D73884BDAD41

そんな訳はないですよね。
みんなおかわりしちゃって、コロッケ屋さんは大繁盛です。
食べながら揚げるのに忙しい。

私も2個でやめておこうという密かな誓いは崩れ去り・・・後1個追加です。

結局、みんなで17個のコロッケを平らげました。
りょうくんが5個も食べたのに、『まだいけそう』とのことですが、さすがにこのくらいでセーブすることに。

後は次回のために冷凍保存しています。

採りたてのジャガイモで作ったコロッケ、最高でしたよ。
みなさんもジャガイモの旬の時期にお試し下さいね。


レシピはクックパッドに投稿中です。