ミュージック

2020年04月05日23:48人生の扉《竹内まりや》
先日のブログに竹内まりやさんの歌『人生の扉』のワンフレーズを書きましたが・・・
これは私の大好きな曲です。

この歌を聴くと、この年まで生きてきた感慨と共に、言葉では言い表せない切なさも胸に迫ります。
残された人生、竹内まりやさんの言葉のように『明日いなくなっても後悔しないような生き方をしたい。』
そして、『今この瞬間を大切に生きよう』と改めて思うのです。











2017年09月26日17:35やってみよう!!
『ピンときたことは一旦やってみる。』
やってみて『何か違うと思ったら、 手放せばいい。』
好奇心旺盛な私は、いつもそう思っていました。

でもこの半年、前に進むか引き返すかでずっと悩んでいたことがありました。
そんな風に言うと、人生の重大な節目のように聞こえるかも知れませんが・・・
悩みの原因は・・・3月に始めたフラダンスなんです。

『踊れたら楽しそう!!』
フラダンスのことは全く何の知識も情報もないのですが、何年も前から漠然とフラダンスに憧れていました。
すぐに始めるつもりで、5年前に行ったハワイで購入したパウスカートは、いいご縁に恵まれないまま、クローゼットの片隅で、ずっと出番を待っている状態でした。
今年2月、木津川市の広報でフラダンス教室があることを知り、ピンと来た私はすぐに体験レッスンに申し込み、ようやく3月から始めることにしました。

ところが・・・です。
たまたま、本当にたまたまなんですが、来年の7月に先生個人の発表会があり、生徒さんは全員参加ということになっていたのです。
それも5年に一度しかない大イベントのようです。

そんなこと聞いてないよぉ〜。。。

いくら1年後と言っても、まだ始めたばかりで、続くかどうかもわからない段階で、発表会に向けて4曲も踊りを完成させるなんて・・・それはあまりにも負担が大きすぎます。

その時の水曜日の朝のクラスはのメンバーは、先輩3人と、同じく3月に入った新人3人の6人。
尻込みしながらも、どうしても断れない状況に追い込まれ、『1年もあるし、何とかなるかな』と前に進むことを決意したのですが・・・

それはかなり甘かった。。。

先生は経験も豊富で、レベルも高く、私はついていくのが必死です。
何よりも一番辛いのは、振りが覚えられないこと。

私は自分の脳細胞の老化を思い知らされ、大きなショックを受けました。

レッスンは1時間半なんですが、最初は毎回フラの基本のベーシックから始まります。
ベーシックはリラックスして受けることができるのですが、曲に入ると、ついていくのに必死で、心と身体は緊張感でいっぱいです。
笑顔で踊るなどは程遠く、楽しむことなど到底できませんでした。

家に帰って練習するにも、一人では全く振りが思い出せず・・・
ノートを書くことすらできません。
わからないところすらわからない・・・本当にわからないってこんなことなんだろうなと、落ちこぼれの気分を味わいました。
火曜日の夜はまるで登校拒否の子供のように、『行きたくないよぉ。。。』
いつも暗い気持ちになっていました。(笑)

毎回、もうやめよう・・・と思いながらも、ドレス決め、踊りの体系などの準備がどんどん整い、私が抜けると周りに迷惑をかけることが申し訳なくて、投げ出すことも憚られ・・・
言い出すこともできず、プレッシャーと迷いの日々でした。

このままではいけない・・・
5ヶ月経った8月末、思い切って先生に、自分の正直な気持ちを伝えてみることにしました。
その日、同じ時に入った新人が辞めてしまい、私達のクラスは5人になっていました。

先生は私の悩みに全く気がついてなかったようで、大変驚かれたのですが、私の悩みを受け留めて下さって、家で復習できるようにと、振りを書くノートを見て下さるようになりました。
書けてない部分は先生が自ら丁寧に書き添えて下さって、とてもわかりやすいノートになりました。

私のために時間を使ってもらうことにも、他の先輩方に申し訳ない気持ちでいっぱいになりながらも、このノートのおかげで、家でも復習することができるようになり、暗闇に少し希望の光が射してきました。

先日アマゾンで『フラダンスノート』を購入し、絵で振りを描いてみることにしました。

IMG_7067

私は文字よりも絵の方が、身体に入ってきやすくて、今はこれを見ながら何度も繰り返し練習しています。

もう60歳を超えているのだから、しんどいことはしたくないと自分を甘やかしていたのですが、大きな目標に向かって、もう一度やってみることも悪くないな。
来年の発表会のある7月まではとにかく頑張って続けてみよう。
ようやくそう思えるようになりました。

7月の初舞台で、仲間と一緒に作り上げた喜びを味わうことができたら、どんなに素敵だろう。。。

『やってみよう!!』

ようやく前を向いて歩き出すことができました。

先日、今の私にピッタリな曲を見つけました。
この曲を聞きながら、沢山の勇気をもらっています。



 やってみよう  WANIMA

正しいより  楽しい
正しいより  面白い  
やりたかったこと  やってみよう
失敗の思い出

始めよう  やってみよう
誰でも最初は  初心者なんだから
やったことないことも  やってみよう
苦手な相手とも  話してみよう   知らなかったこと  見たことないもの
 新しい  楽しい

悲しいときは  笑って
寂しいときは  声出して 
雨はいつでも  続かない
土砂降りでも楽しもう

踏み出そう  よじ登ろう
高い山ほど  絶景が待っているから
遠回りの道を  選んでみよう
険しい峠には  何かあるさ
ありえなかったこと  出会わなかった人
あぶなっかしい  楽しい

振り返るより  振り向いて
掘り返すより  掘り出して
過ぎた話は  ほどほどに
今の話をしよう

恐れず  迷わず
同じ今日という日は  二度とないんだから
明日よりも今日に  はじめよう
知らなかった自分と  一緒に走ろう
思い立った日が  思いついた日が
そこが  スタートだ
















2015年10月18日09:2030th Anniversary Consert《今井美樹》
昨日、フェステバルホールに今井美樹のコンサートに行ってきました。

今井美樹のデビュー30周年を記念しての、アニバーサリーコンサートで、
8月の私の誕生日に夫がチケットをプレゼントしてくれました。

今回のコンサートは、ロンドンに拠点を移してからの初アルバム『Colour』と、
30周年を記念してリリースされた2枚組のベストアルバム『Premium Ivory』から、
セレクトされ、楽曲も期待を裏切らない構成になっていて、
ステージの照明の演出も素晴らしかったです。

バックバンドのレベルも高く、彼女の澄んだ声と見事に調和し、
聴いていてとても心地良く、とても幸せなひと時でした。

ロンドンに移り住み、一皮向けたように一段と大きくなった彼女ですが、
より自然体でナチュラルになっているなぁって・・・
素敵な人柄にも惹かれ、ますます好きになりました。










 


2015年08月11日11:24今井美樹 PIECE OF MY WISH
私の大好きな曲です。

もう24年も前の曲になりますが・・・
今日久しぶりにじっくりと聴きました。
私のハートに深く響き、とても感動しました。
メロディー美しさや、透き通るような声の優しさはもちろんですが、
歌詞が最高に素晴らしいです

『自分を信じる』
歌詞からのメッセージを深く心に刻み
歩いていきたいと思います。



PIECE OF MY WISH

歌  今井美樹
作詞  岩里祐穂
作曲 上田知華



朝が来るまで泣き続けた夜も
歩きだせる力にきっと出来る

太陽は昇り心をつつむでしょう
やがて闇はかならず明けてゆくから

どうしてもっと自分に素直に生きれないの
そんな思い  問いかけながら
あきらめないで すべてが崩れそうになっても
信じていて あなたのことを  
 
本当は誰もが願いを叶えたいの
だけどうまくゆかない時もあるわ

希望のかけらを手のひらにあつめて
大きな喜びへと変えてゆこう

愛する人や友達が勇気づけてくれるよ
そんな言葉  抱きしめながら
だけど最後の答えは一人で見つけるのね
めぐり 続く 明日のために

雨に負けない気持ちを
炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい
それでもいつか すべてが崩れそうになっても
信じていて あなたのことを
信じていて欲しい あなたのことを

 


2014年11月06日09:33いのちの歌《児童合唱バージョン》

こちらのバージョンも素晴らしい!!

映像がたまらないです。





連続テレビ小説『だんだん』の挿入歌だったらしいですね。

全然知らなかった。。。



本当にだいじなもの・・・忘れないでいたいです。