ハーブ

2020年07月01日20:47沖縄生まれですが・・・我が家の庭で育ってます。《月桃》
沖縄でよく見かける月桃は、熱帯や亜熱帯で自生しているショウガ科のハーブです。
本州ではあまり見かけない月桃ですが・・・

実は・・・我が家の庭にもあるんですよ。

今から約10年前ですが、息子の結婚前に家族で沖縄旅行に行きました。
沖縄では至るところで月桃を見ることができ、その葉っぱの生き生きとした艶やかさや、力強さに心惹かれ・・・
お土産物屋さんでは月桃のコスメやハーブウォーターなどを購入。

帰り沖縄空港で、お土産用にわずか15cm程の可愛い月桃の苗見つけました。
沖縄で育っている植物が、本州の気候で育つのかどうかは疑問でしたが、楽しかった旅の思い出として連れて帰ることにしました。

当時は大阪のマンションに住んでいたのですが、ベランダでの小さな小さな3号鉢からのスタートでしたが、本州の気候にも枯れることなく育ち、植え替えを繰り返しながら、株は次第に大きくなっていきました。

4年前に今の家に引っ越してきてからも、環境の変化にも順応してくれました。
京都の冬は寒く、さすがに地植えでの冬越しは難しいので、鉢植えで管理することに。
冬は霜の当たらない軒下に移動してなんとか冬を乗り切り、また春には新しい葉っぱが生まれ、夏になると本来の元気さを取り戻しました。

3号鉢からのスタートの月桃でしたが、今ではこんなにも大きな株に生長しました。

36C964C8-E51B-49A1-9496-00D728E0C5AD

でも・・・環境が適していないためか、あの可愛い花を見たことはまだ一度もありません。。。

その上、4年前の引っ越しの頃に植え替えて以来、植え替えもせずにきたものだから、苦しくて呼吸もできない状態だったのだと思います。。。

8C2E5CBD-27E2-4903-AF23-FF5B6FBCF6FC

『どれだけ根が詰まっているんだろう』
そう思いながらも、植え替えの大変さを思うと、見ないフリをして過ごしていたのですが・・・

『もう限界かも。。。』
先日、思い切って夫と共に植え替えをすることに。

想像通り押しても引いても・・・根は全然抜けません。。。 
包丁やノコギリを持ち出して、鉢と土の間を広げて・・・悪戦苦闘。
そしてついに抜けましたぁ〜

57BF1DCF-8F2C-4207-AF81-1C5D35402494

なんてことでしょう〜。。。
長い間、放っておいたので、根は行き場を失って上に伸びている感じです。

根をほぐすのにも一苦労。
下の根は整理して切り取りました。

C4025804-DDC9-41E1-B0B4-56B1BA4BC0AA

本当は株分けしたいところですが、根が絡まり合ってとても離すことはできません。
そんな訳で上部はそのまま植えることに。

でもこれ以上大きな鉢に植えると冬の間移動するのは大変だし・・・
テラコッタに拘ってきたけれど、体の負担を考えて今回はテラコッタをやめて軽いプラ鉢にしました。 

新しく栄養のある土に植え替えて、いらない葉っぱを取り去ったら・・・
ようやく完成です。

8665FFA4-B930-4D92-B912-4A7C71DD4B7F

絡まっていた根も軽くなって、養分も受け取りやすく、呼吸も楽にできそうですよね。

月桃さん
長い間放っておいてごめんね。
これからはのびのび育ってね。
いつか花を咲かせてくれるのかしら。

まずは葉っぱを乾燥させて月桃茶を作ろうかしら。

沖縄に思いを馳せながら・・・
美容に健康に生活にと、月桃を暮らしの中にもっと取り入れたいと思っています。


《月桃ってどんなハーブ》

月桃の葉には強い抗菌作用があり、防虫、防カビ、消臭作用があることでも知られています。

またハーブティーとしても飲用することができ、月桃茶には赤ワインよりも多いポリフェノールが含まれていて、高い抗酸化作用を持ちます。

月桃の香りはスパイシーで爽やかで甘みのある香りです。
月桃茶としてだけではなく、アロマオイルとしても利用され、月桃のエッセンシャルオイルはスキンケアでは高い美肌効果が期待できます。
保湿に優れ、引き締め効果抗酸化作用があるため、アンチエイジングに向いています。

心にはストレスを和らげ、心を穏やかに保つリラックス効果があります。
また脳を活性化させ、集中力や記憶力を高めたい時にも有効です。

 


2020年06月16日23:42ハーブと共に暮らす《エキナセア》
私はハーブが大好きで、色んな種類のハーブを植えています。

先日紹介したペパーミントを始め、キャットミント、ローズマリー、ラベンダー、ゼラニウム、タイム、オレガノ、ローマンカモミール、 ジャーマンカモミール、レモンバーム、レモンバーベナ、レモングラス・・・etc.

0B9BBAB4-189A-446D-8CC2-96AFD8B09619

梅雨の前まできれいだったラベンダーやキャットミントなどはそろそろ終わりですが、先日からエキナセアがきれいな花を咲かせてくれました。

昨年3種類のエキナセアを植えたのですが、このピンクのエキナセア(プルプレア)が一番早い開花です。

BE3A4F3E-0985-4CB5-9A80-0E46F1D968C5

エキナセアは、ムラサキバンレイキクとも言われ、キク科のハーブです。
北アメリカの先住民が虫刺されや傷の手当てに用いていて、『インディアンのハーブ』と呼ばれ、古くから親しまれてきたとのこと。
ハーブティーとしてもエキナセアは抗ウィルス作用があり、風邪やインフルエンザなどのあらゆる感染症にも有効で、花粉症などアレルギー にも役立つハーブです。

私は本来は淡い色の花が好きで、こんなにもハッキリした色の花を選ぶことはあまりなかったのですが・・・
鮮やかなショッピングピンクのエキナセアにはエネルギーがいっぱい
見ているだけで元気をもらえそうです。

梅雨の合間、花の少なくなった我が家の玄関前がパッと明るくなりました。

D5CCA57A-BBCB-474E-8C86-453904B1835E

次はどの色のエキナセアが咲くのかしら・・・

楽しみでなりません。 

2019年06月17日17:05天然ハーブで虫除けスプレー作りました。
 我が家の庭に植えているローズマリー。

7F2E10D7-0933-4EA9-B3AC-1525F91E0392

満開だった可愛い花も終わり、梅雨を前にして剪定をすることにしました。

沢山切り落としたローズマリーの葉っぱ。
どうしようかな。。。
まずは観賞用とお料理用にキッチンに飾りました。

059276C1-E7DA-4E97-95F3-3F7A77323F96

残りの葉は枝から外してきれいに洗い、お風呂に入れることに。

EE2C3BE0-38D8-4CCB-86E7-A8D47A49FC0E

洗濯ネットに入れ、湯船に浮かべます。

E5BD7FF3-D3E5-479D-8442-E530F5EA217A

湯船の中でネットのローズマリーを揉み出すと、香り豊かなハーブ風呂の完成です。
バスタイムが癒しの空間に。

ローズマリーと一緒にタイムも選定しました。

BD631076-0CD3-45AC-ACC6-4593E91BAEFC

タイムは何にしようかなと考えて、虫除け効果の高いハーブたちと一緒に虫除けスプレーを作ることにしました。
私は特別蚊に好かれる体質のようで、・・・夕方の庭仕事は大変。。。
蚊の襲撃にはいつも悩まされています。

普段はアロマ精油を使って作っているのですが、今回は生のハーブで作ります。
虫除けスプレーは焼酎などに漬け込んでチンキにする方が効果が高いかと思いましたが、2週間も待てません。。。
すぐに使いたいので煎出液にすることに。

ローズマリーとタイムに加え、ローズゼラニウム、ペパーミント、ティートリーも加えることにしました。

33DDF325-A6C3-47DE-B998-26136E3D38A7

1172444B-BB98-4019-B4DA-501F45DE4F13

全てのハーブをきれいに洗い、太い軸から離します。

3D41718B-3F9E-4B6B-A4FE-0C7C233A76D8

大きな鍋に水を沸騰させ、ハーブを入れます。

B36264A4-5621-47B6-9F11-D18DC4BDB2D9

約10分煮出したら火を止め、そのまま冷まします。

1942B426-ACDF-4E6C-A601-BEA8C0F9FC6C

粗熱が取れたらザルで濾します。
沢山できました〜!!

0B7C3F37-4CC5-4A1A-933E-496A9E7598F5

霧吹きボトルに入れたら完成です。

9E8590C6-3839-4679-A4A4-5909E7175348

これは自分の身体にも、花たちの害虫避けにも使えてとても便利です。
庭に出るときには大量にシュッシュとかけてます。
香りも爽やかでとても心地いいですよ。

沢山あるので変質を防ぐために残りは冷凍室に保存中。

ハーブのある暮らし満喫中です。
 

2018年08月23日22:01毎日飲んでます♪シソジュース。
毎年夏になると、シソジュースを作っています。
1回に1.8リットルの水で作るのですが、今年はもう5回も作りました。

シソジュースは夏バテ解消には最適の飲み物で、毎日欠かさず飲んでいます。
脂肪の消化吸収を抑えるので、糖尿病を予防したりダイエットにも効果を発揮します。
また、抗酸化作用もあり、生活習慣病の予防やアンチエイジングにも。
肝臓の解毒作用や抗アレルギー作用もあり・・・
その健康効果は絶大です。

シソジュースと言うと、一般的には赤シソで作ることが多いのですが、私は青シソ(オオバ)と赤シソをブレンドして作っています。
赤シソだけに比べると、少し色は薄く仕上がりますが、味はサッパリして、私はブレンド の方が好きです。

そのために我が家の菜園では青シソと赤シソを沢山植えていて、農薬も化学肥料も使わずに育てています。

今回は青シソの葉の部分を170g、赤シソの葉を130g、全部で300gのシソの葉を使って作りました。
かなり大量ですよ。

100787C9-7D78-4E48-92A3-050FE3C3C4F3

29CF2AD7-7533-4AEA-9FBE-01445C50C00A

作り方は超簡単。
枝から葉っぱを外し、きれいに洗います。

水を沸騰させ、シソを投入します。

FF129F3C-3ACB-44D4-9E7C-F0798F8F58BB

再び沸騰したら火を弱め、7〜8分コトコト煮ます。

1CE235A5-97E7-46DC-87A3-4F58C1A6187A

ザルで濾します。

66225861-FFC1-400C-9749-7BE35F1C6FBB

砂糖はさとうきびの粗糖を使っています。

287225EA-7334-4CDE-BA5E-95FBAB25AB65

再び鍋に戻し、砂糖を入れて溶かします。

粗熱が取れたらクエン酸25gを加えます。
色が鮮やかに変わりました。

00F6C464-AE0D-4A2F-A2D6-16013043B589

熱湯をかけた瓶に入れたら完成です。
このボトル2本分できました。

4555B1CA-132F-44C4-BA32-C15D923E1C26

3倍くらいに薄めて飲んでます。
炭酸で割ってもおいしいですよ。

D8818877-9160-444A-9623-BC55457065DD

クックパッドにも投稿しています。
                             
甘さ控えめシソジュース by クックパッド


昼間は暑くても、朝夕は秋の気配を感じる今日この頃。
そろそろシソも終わりのようです。
最後にもう1回作れるかな?

シソジュースのお陰でこの夏も元気に乗り越えることができました。




 

2018年05月02日13:47庭は楽し♪《ハーブ編》
ハーブがいっぱいの庭を夢見て、小さな苗を植えたのは2年前。
昨年は沢山収穫できて、ハーブティーにお料理ににと随分楽しませてもらいました。

冬になっても枯れない常緑樹のローズマリーはどんどん大きくなって存在感が出てきました。
でも少し暴れています。(笑)

5E8C2564-462D-4780-9A18-99FE3D5DBBC8

フェンスの外を飾るように植えた鉢植えのローズマリーとタイムのコラボはきれいです。

508BE8D5-95A7-43DB-8E8D-47512A9EC153

昨日は、摘み取って手作り化粧水を作りましたよ。
フレッシュな香りが最高です。

ラベンダーもきれいに花が咲いています。

DADEFE4D-93F1-47D3-A83F-35957DB9B291

B277D664-2B46-4303-BA63-BB87ED01E970

他のハーブは冬の間地上部が枯れていましたが、暖かい日差しと共にまた新しい命が誕生するのには感動を覚えます。

《ペパーミント》

D41375CC-9A56-446B-B304-9094A683C35B

《スペアミント》

9FAAE7F2-6233-4832-99DC-B92B4A57172E

この2種類のミントは摘み取ってハーブティーにして飲んでいます。

昨年はこの2種類のミントをブレンドして、ミントシロップをいっぱい作りました。
夏のドリンクにサッパリとおいしくて最高でした。
今年もいっぱい採れたらいいなぁ。

《レモンバーム》

DFDEEB7B-62EA-47FB-8542-CC6A19F83FDD

《チャイブ》

84CFA611-9533-4ECA-AABA-326BF0468C00

花がとても可愛いです。

《タイム》

033C5AA1-AF82-4952-8F67-BF5A923264A1

《オレガノ》

0AA1DCE4-371B-4466-AA5E-FC4DBA7578BB

タイムとオレガノはお料理に大活躍ですよ。

《カモミールジャーマン》

昨年は大きな株に成長し、たくさんの花をつけてくれました。
カモミールジャーマンは一年草なのですが、零れ種であちらこちらにカモミールの赤ちゃんが顔を出し、先日から可愛い花が咲き始めました。

98A3CA02-A0B9-4CF0-BCFC-09E45CEC396D

カモミールは花が開いて3日目くらいの花を摘み取ってハーブティーにしています。
乾燥して冷凍保存も可能ですよ。

《レモングラス》

冬の寒さが苦手なレモングラスですが、鉢上げしたのですが、地植えに戻したら枯れてしまい、今回新しい苗を購入しました。

15E7C39C-ACC5-4C95-9ACD-86E3119AA821

《フェンネル》

一年草のフェンネルも今年新しい苗を購入しました。

B6406318-EEC6-4703-BCBF-E6CB73C6B45B

チャービル、ルッコラ、バジル、イタリアンパセリなども植えましたよ。
お料理が一層楽しくなりそうです。

ハーブ生活の始まりに、ワクワクの日々です。