植物

2021年06月07日20:00梅雨の合間に咲く花は
早い梅雨入りの影響か、例年ならもう少しは咲き続ける春の花はもうほとんど終わりです。
でも梅雨の合間に夏の花が咲き始め、庭は再び賑やかさを取り戻しました。

春から引き続き咲いている花と、最近咲いた夏の花。
我が家の庭の花たちのご紹介です。

《アジサイ 最高の晩餐》

6FD0776C-D5DB-45DC-A72D-965E454EBF5F

昨年、あまりにもきれいな色合いに魅せられて、自分へのご褒美に買ったアジサイです。
ネーミングも素敵な『最高の晩餐』
新種のアジサイだそうです。

花を楽しんでから庭に地植えにしたら、今年は株が大きくなって元気な花を咲かせてくれました。

最初は薄いピンク色。
今は、かなり濃いピンクになっていますが・・・
どんどん色が変わるのが楽しくて。

936A415E-98A6-4CF6-9C08-C3C3624B727D

《アジサイ アナベル》

FDEAEFDF-61DC-4356-9A85-C64FB4FCC15B

ずっと憧れていたアナベルの苗を、昨年安く手に入れることができました。
先日から華麗な白い花が咲き始めました。

葉っぱの淡い緑も大好きで、癒される〜。

《ブルーデージー》

129966BA-618F-483B-9F30-8C28C9523A82

ブルーデージーは春からずっと咲いていますよ。
地植えと両方植えていますが、地植えよりもテラコッタに育てている方が元気です。

《スカビオサ》

53FE0374-512A-4D62-9FA4-7DE62D18E447

3種類植えていますが、このピンクが今盛りです。
私は白のスカビオサが一番好きですが・・・今は花はお休み中。

可愛いけど、少々お行儀悪く広がるので、ここでは少し狭かったかしら。

《ベロニカ》

4C7C56E7-E680-401B-B776-098DA27CA637

9C1C32EB-8BD5-455A-9FEB-F8196F53262E

ピンクと紫のベロニカです。
すごく元気に咲いていて、エネルギーいっぱいって感じです。

《エニシダ》

1B3FDE0D-306D-4630-91E6-C3133CEBCC88

黄色い花が咲き始めました。
元気をもらえる黄色です。

《栄養系サルビア》

F3B61DD5-20E8-464B-8218-D6B65A0173DC

冬の間はお休みしていましたが、暖かくなって元気に花を咲かせてくれました。
紫のサルビアもありますが、そちらはまだ花が咲いていません。

《アガパンサス》

0AD0FC6E-D2D3-4506-AFEC-350C1AE26DF7

もう間もなく開きそうです。
株がどんどん大きくなって今は3箇所に分けて植えていますよ。

《チドリソウ》

63587269-B5B7-4BEA-A702-D832A83E760B

ガーデナーの先輩の庭にいっぱい咲いていたチドリソウ。
1ヶ月程前に分けて頂いて、我が家も涼しげな花が咲いています。

《エキナセア》

E7A9B275-66F6-4AAE-B418-9CC1B2DA4F67

今年も出てきました。
3種類植えていますが、これが最初に咲いた花。

そしてピンクのエキナセアの一番花も今日咲きました。

A8F2EEF3-4EEF-4044-9F52-41E2B8A84960

3株ともいっぱいつぼみつけてます。
これからどんどん咲くだろうな。

《ラベンダー》

FullSizeRender

フレンチラベンダーや、イングリッシュラベンダーは終わりに近づきました。
今は、このラベンダーグロッソが見頃を迎えています。

《エリゲロン》

6420A42A-E9B4-43F7-BC76-CB406E1740D4

春から次々に咲いています。
先日1/3くらいに切り詰めたので、花は少なめですが・・・
毎年咲いてくれる手間いらずの花です。

《ゼラニウム》

36588FD2-66BF-4746-8387-5CB909E4BF58

ゼラニウムの香りが大好きで、ずっと育てていますが、昨年地植えでずいぶん大きくなった株が、冬の寒さでやられてしまい・・・
今回は軒下に移動できるようにテラコッタで育てることにしました。

今度は育ちますように・・・

《ビオラ》

198DA637-1586-4E46-B101-F7D96C8A4B16

昨年の秋からまだ咲いています。
でももう限界のようで、花の色も悪くなってきました。
6ヶ月間楽しませてくれてありがとう〜

《ノースボール》

970B79C0-9047-45A8-929D-C6EAD447C295

零れ種であちこちに出ていました。
大きくなりすぎてほとんど抜き去りましたが、まだ残っていますよ。

アンゲロニア、ストケシア、アメジストセージ、チェリーセージ なども。
今は見頃ではありませんが、まもなく咲いてくれると思います。

宿根草と多年草での庭作りを目標に、少しづつ理想の庭に近づけていけたらと思っています。







 


2021年06月01日11:30アロマのお話 その5 《ペパーミント》

今回の『アロマのお話』はペパーミントです。

ミントの仲間は色々ありますが、清涼感のあるスッとした芳香は、ミント特有のメンソールという成分によるもので、ガムなどの菓子類や、歯磨き粉や、化粧品にも使われていて、みなさんにも馴染みの深い香りだと思います。
中でも最もポピュラーなのがペパーミントです。

我が家の庭にはペパーミントがいっぱい育っています。
ペパーミントの繁殖力は半端なく強く、種と地下茎でどんどん増えて、他の植物を駆逐してしまうハーブで、『ミントテロ』とも言われるくらい。

先日のブログにも書いたのですが、ジューンベリーの近くに植えていたペパーミント。
いつしかどんどん広がってジューンベリーの足元にまで侵食し、元気がなくなったのはペパーミントのせいではないかと疑い、ジュンベリーの周りは全て抜き去ったくらいです。

今は広がらないように場所を限定して育てていますが、相変わらず元気はいっぱいです。

850C5277-3A18-4A61-B6BE-7A01BA9140EE

2種類のペパーミントとスペアミントを育てています。

56978220-C958-44A6-B07E-164330912F59

2ABF8E00-24B6-48DE-AC41-1705D66033C7

3D4FAF9A-80AF-41B6-A2E1-53B22BAEC25F

私がミントを沢山育てたかったのは、ハーブティーの材料としてはもちろんなんですが、『ミントシロップ』を作りたかったから。
ミントシロップはサッパリとおいしくて夏にはうってつけの飲み物です。

そんな訳で今朝はミントの収穫をしました。

D60F5907-311A-48C4-95A3-BE54D077C957

葉っぱだけで100g欲しかったので、このくらいで大丈夫ね。

6FAED362-4585-4873-8937-19C6D316B98B

収穫した葉っぱをきれいに洗い、沸騰した鍋の中に砂糖を加え、ペパーミントを入れてエキスを抽出します。
超簡単にミントシロップの出来上がり〜。

AE7642B9-C71C-4EE7-A789-E679709F0E6C

これを炭酸で割っていただきます。
かなりおいしいですよ。

ミントシロップの作り方はクックパッドに投稿済みです。
             
          



後は葉っぱをサッと洗って逆さまに干して、ハーブティー用に乾燥中。
ハーブティーにすると、食べすぎなどの消化促進や、胸やけなどにも効果があります。
また気持ちのリフレッシュにもいいですよ。
詳しい効能は後述の『アロマのお話』に書いています。

A68BDFEB-3360-4CF5-963C-603C6F94A480

以上はハーブとしてのペパーミントの利用法。
ここからはアロマ精油のペパーミントのお話をしますね。


《アロマ精油としてのペパーミント》

多くの種類があるペパーミントは精油は、ヨーロッパの原産ですが、日本にもアメリカ合衆国にも生育していて、現在はアメリカがペパーミントの主要生産国のなっています。

抽出部位は葉、蒸気蒸留法で抽出します。
ペパーミントはパワフルで圧倒するような香りを持つ精油のため、用量には十分の配慮が必要です。

ペパーミントのメンソールの香りは頭をスッキリさせ、気分をリフレッシュさせるのに効果があり、眠気や精神疲労を取り去ります。
乗り物酔い、時差ぼけ、鼻詰まり、花粉症、頭痛などにも有効です。

私は乗り物にはあまり強くないので、海外旅行には必ずペパーミントを持っていきます。
コロナが蔓延する以前でも長時間のフライトでは乾燥を防ぐために必ずマスクを着用していましたが、その中に一滴のペパーミントオイルは欠かせません。
ペパーミント一滴の爽やかな香りが長いフライトの疲れを癒し、気分を爽快にさせてくれますよ。

また消化器系の不調を整えるはたらきもあり、胃もたれ、食欲不振、消化不良、下痢、腹痛などにも効果があります。
私は消化器系の不調に関してはハーブティーとして利用することが多いですが・・・

ペパーミントは加温効果と冷却効果の両方があり、解熱や筋肉痛緩和にも利用されています。
炎症が起き、熱を持っている場合は、ペパーミントを加えた水に浸したタオルで患部を冷湿布するといいですよ。
また冷却作用は怒りやイライラなどの精神的な興奮に対して鎮静作用があるので、ペパーミントの香りは手助けになってくれることでしょう。

5E630F7D-CB9E-4AB1-93C6-74EA4146BC1A

また風邪の予防や、鼻詰まりや喉の痛みなど風邪の症状の緩和にも有効です。
ティッシュに1滴落として吸い込んだり、マグカップに熱湯を入れペパーミントを1滴落として蒸気を吸入したり、マスクスプレーを作ったり、芳香器を使って拡散させるなど、色々な方法での効果が期待できます。
ただし皮膚や粘膜を刺激する場合があるので、吸入の場合は目を閉じて行うなど、使用には注意が必要です。

私は全身のマッサージには基本的にペパーミントは使いませんが、目的を持って局所的に用いることはあります。
皮膚に使用する時は、必ず薄い濃度に希釈して下さいね。

後、オススメはお掃除に利用することです。
ティッシュペーパーにペパーミントを一滴落とし、まずはそのティッシュを吸い込んでから掃除機をかけると、爽やかな香りが部屋に広がって、部屋の空気もクリアになって気持ちいですよ。

生でも精油でもお役立ちのペパーミント。
みなさんも生活に取り入れてみてはいかがですか?


《過去のアロマのお話》





 




2021年05月19日17:07大ショック!!コガネムシにやられちゃった〜。。。《バラ栽培》
昨年は見事な花を咲かせてくれたアーチのバラ。

きっと今年も同じ景色を見せてくれるに違いない!と楽しみにしていたのですが・・・
今年はコガネムシの被害でバラはすっかり弱り、花はほとんどなくなってしまいました。

F4FF368E-D429-48BE-97AC-AD33023828AC

春の初めには、葉っぱも蕾もいっぱい付けて、ひと回り大きくなったことを喜んでいたのですが、まさか咲き乱れる姿を見ることなく、終わってしまうなんて。
1年間かけて育ててきたのに・・・残念でなりません。

蕾があちこち傷んでいたのですが、それは強風にさらされたせいだと思い込み、まさか虫のせいだとは気がつきませんでした。
もっと早く気がついていればここまで被害が大きくならずに済んだのかも知れません。

この害虫はバラゾウムに違いないと思い込み、朝、ブログにアップしたのですが。。。
どうも間違っていたようです。

バラゾウムシなら体調は2〜3mmとのこと。
ブログを見た娘が『これは体調2〜3mmじゃないよ。もう少し大きいし、象のような鼻もないからバラゾウムシ違うと思う。』と教えてくれました。
アララ、なんてこっちゃ〜。。。

もう一度ネットで調べてみたところ、どうもミニサイズのコガネムシの仲間と判明です。
そんな訳で、ブログ書き直して再投稿しています。

蜜を吸われた花は小さくて元気なく萎み、きれいな花はほんのわずかしかありません。
貴重な花を摘んで部屋に持ち帰って飾ったこともあったけれど・・・

64F160FC-DC05-4A89-AF21-EE1DF467A874

何か弱っているなと思って観察してみると、花の中からムシが出てくる始末。
花びらの間に隠れていたようです。

ホントヤバいです。

CA95808C-8AF5-4775-8FE1-D68D53CA9743

遅れて開花し始めたアンジェラ。
昨年よりは花数は少ないけれど、遠目にはきれいに見えたのですが・・・

EBDD3C5E-1646-4FFA-880D-18AF32CC2A9D

間近で見ると、こちらもコガネムシの住処になっています。
花にも蕾にも、ほんとんど全ての花の中にムシがいるではありませんか!
ひとつの花に5匹もいることも。

25924F40-DC83-4260-AAEA-799E8CDBD87B

花はすっかり弱り、残念な状態です。

629FECFE-EB5F-446E-9600-D8753329540E

大ショックです。。。
少しでも救済するため、まだ侵されていない蕾を持ち帰り、トイレに飾りました。
トイレで開花したバラはなんとか大丈夫そうです。笑

612F0DBD-B9D3-4D92-A00E-45976C61FD45

こんなに可愛いのになぁ。
ホント、かわいそうです。

黒点病や害虫対策のために、木酢液やニームなどで予防していたつもりでしたが、バラにばかり手をかけるわけにはいかず、自然に任せていたら5本ある全てのバラがコガネムシに侵されてしまいました。

そして鉢植えのイングリッシュローズには毛虫も発見。。。

BF011848-E19E-469E-839E-7AA057A9535A

バラは農薬なしでは難しいとは知っていたけれど、野菜もこだわって無農薬で育てているので、庭で農薬を撒くのにはかなりの抵抗があり・・・

病害虫に負けない体力を付けようと、冬ごろからは土作りに力を入れたり、活力剤を与えたり。
葉っぱが出てきてからは木酢液やニーム、元気丸などで予防し、それなりに頑張ってはいたけれど、バラ栽培の難しさを改めて思い知らされた出来事でした。

昨年あんな風に大きなバラが咲き乱れたことは奇跡的で、あれが最後のバラからのプレゼントだったのかと思ったり。

《昨年のバラ》
BE2D6442-76F7-435B-8474-3B159FEFE5C2

42925E10-DE95-4B9B-B749-03D39E83AC30

20ED8D4B-D1BD-44AE-A325-9D9DC59ED91B

C08E6CDD-98B3-4FD3-BB52-15DB716A3D90

F9F793CE-77EB-49BA-ABF2-69B7DC5C309F

こんな庭があったなんて、まるで夢の世界のようです。

先日ガーデナーの先輩にいただいたモッコウバラはトゲもない上、病害虫の被害も少ないとのことなんで、気を取り直し来年の春を楽しみにすることにしました。

ナチュラルで手間のかからない庭作りを目標にするとしたら、バラ栽培は少し負担がかかりすぎるようです。
せめてアーチの半分をクレマチスにしようかな・・・とか。
全てのバラをこのまま育てるのか悩み中です。

本気でガーデニングを楽しむためにはどうしたらいいのかな?
人のためではなく自分のための庭作りに大切なものって?
本当の心地よさや、癒される庭に必要なものはなんだろう・・・?

今年一年庭と共に暮らしながら、もう一度ゆっくり考えていきたいと思っています。

 


2021年05月17日14:43アロマのお話 その4《カモミール》
今日は朝から雨が降っています。
まだ5月だというのに、もう梅雨に入るなんて・・・最近の異常気象は植物や野菜たちにとっても過酷で、かわいそうなくらいです。
緊急事態宣言下でどこにも行けない上、誰とも会えなくなって、そんな心の空白を庭仕事で埋めていましたが、雨の日は強制終了。
新緑のきれいな季節なのに、家でゴロゴロしてもいいよという許可が出たような気がして、雨もまたありがたく感じる今日この頃です。

前置きが長くなりましたが・・・
久しぶりの『アロマのお話』を。
今日はカモミールのお話です。

一口にカモミールと言っても、カモミール・ローマンカモミール・ジャーマンがあって、ハーブティーに利用されるのはカモミール・ジャーマンの方です。

カモミールジャーマンは一年草なんですが、翌年は零れ種でまた出てくるので、どんどん増えていく予定でした。
でもグランドカバーに植えた『ヒメイワダレソウ』が 強健すぎて、零れ種が出てくることが出来ず・・・
今年はまた一株を購入することに。

ハーブ達の環境を整えてあげるために、畑の横に小さなハーブ畑を作りました。

0B0FF83F-F6FF-4CAB-8EE1-F0C321DDFCBF

最近は花をいっぱい付けていますよ。

30BD2DE8-294F-4252-91E9-B365A33D18C1

晴れた日の早朝に開き切った花を収穫するのが日課になっています。
こんな風になった花を摘み取ります。

8882BB51-9D08-435D-AE04-D10DA1E7AA1D

細かいので、かなり手間のかかる作業です。
カモミールの精油が高価なのも納得できるなぁ。

EB5B99EF-FAB6-4A68-9D59-F94937B5C5EE

そのままフレッシュハーブティーにしたら、花が開いてとてもきれいです。

9F2A2BD7-EE36-4C8A-9222-0C6144AB8A0B

味はクセがなくて、とても爽やかです。

後は乾燥させて保存用に。
季節はいいのですが、今回は黄砂が降ったり強風が吹いたりで、庭で干すのは憚られ、今回は家の中でザルに広げて乾燥させました。

以前、乾燥の仕方があまくて保存中カビが発生したという失敗があり、最後はレンジにかけ完璧に乾燥させることにしました。

レンジの中にキッチンペーパーを敷いてその上に並べます。

8D923D7A-D967-4A1D-B30D-37EB33347A69

室内で3〜4日乾燥させていたので、300ワットで2分レンジにかけました。
できれば電子レンジの時間は短い方がいいので、外で干した場合は、仕上げに30秒くらいかける程度がオススメです。

いい感じに乾燥しました。

38A88FC6-1BC3-4266-B73E-CAFCE0D44ACA

色んな種類のハーブティーを入れている同じ瓶に保存。

D8D5E252-2ADA-4C87-B61F-D1ACFD0C6AEB

早速ハーブティーを入れてみました。

D8A4FA52-CC4B-43D1-9ADD-C8CB4C3BAC32

A12F6180-084E-4EA6-B738-60E1D5BBF884

淡くきれいな色です。
私は市販のカモミールのハーブティーは何となく臭く感じて、あまり好きではなかったのですが、自家製のカモミールは自然そのもののほのかな香りが優しくて・・・
フレッシュでとてもおいしかったです。
夫も気に入り、毎日でも飲みたいですって。笑

消化促進の作用や鎮静作用があるので、食べすぎた時や、リラックスしたい時にはピッタリのハーブティーです。
就寝前にもおすすめですよ。

カモミール・ローマンの方は蕾はつけているのですがまだ花が咲いていなくて。
こちらは踏み締めにも強いとのことで、どちらかと言うとグランドカバーとして広がっていくことを夢見て植えています。

ED7FD3C6-820A-4552-9789-76AFEEBAF7B1

それではアロマ精油として使われるカモミールの効能についてお話しますね。

まずは《カモミール・ジャーマン》

カモミールはキク科の植物で、抽出部位は花。
花を乾燥させてから水蒸気蒸留法で抽出されます。

カモミール・ジャーマンは草丈20〜50cmほどの一年草で、濃厚な甘い香りを持ち、弱った植物の近くにカモミールを植えると、元気を取り戻すことから『植物のお医者さん』と呼ばれています。

精油は珍しい濃いブルーで『カマズレン』と言う芳香成分の含有によるものです。

4213BA5C-334C-4354-A44F-D87F7AE9BACE

カマズレンは細菌や抗炎症、抗ウィルスに有効で、抗アレルギー作用に優れています。

この精油はかなり高価な精油なんですよ。
プラナロム精油では5mlで定価10.400円。(税込11.440円)
少々お高いですよね。笑
その分効能は優れているので、絶対に外せない精油のひとつです。

身体へは鈍い痛みや疼きに効果的で、痛風、リュウマチ、関節炎、神経痛、歯痛などにも有効です。
また殺菌作用は、ニキビやタダレ、アレルギー性皮膚炎にも効果があります。

私はカモミール・ジャーマンはアトピー性皮膚炎で苦しんでいるクライアントさんに使うことが多いです。


《カモミール・ローマン》

カモミール・ローマンは草丈50cmほどで、こちらは多年草です。
ジャーマンと同じように、花を乾燥させてから水蒸気蒸留法で抽出します。

抗炎症作用や抗アレルギー作用はジャーマンより弱いですが、精神的な苦痛を和らげる作用はカモミール・ローマンの方が優れています。

なぜなら鎮静作用や鎮痛作用のあるエステル類を主成分としているからです。
緊張による頭痛、腹痛、胃炎などを和らげたり、不安、緊張、怒り、恐怖の念を緩和する効果があります。
価格はジャーマンとだいたい同じくらい。
こちらも高価な精油ですが、かなりお役立ちの精油です。

カモミール・ローマンは子供にも使える優しい精油で、子供の心を落ち着かせて安らかな眠りに導いたり、歯が生える痛みや、耳の痛みなどを和らげるのにも利用されています。

精神的に疲れが溜まり、心が弱くなっていたり、イライラしているクライアントさんがこの香りを好むことがよくあります。

敏感肌やアレルギーの皮膚疾患にも良く、美肌効果やヘアケアにも効果があるので、私は手作りのコスメにはよく利用しています。

ただ通経作用があるので、妊娠初期には使用しない方がいいでしょう。


そんな素晴らしい効果を持つカモミール。
私は小さな花の形状も大好きです。

今年こそヒメイワダレソウに負けることなく、もっと元気に大きく育って欲しいと願いつつ・・・
明日の朝も花を摘みます。

4F98F9E7-A39C-4C72-9987-8F36CCB1F6AE












 


2021年05月09日21:23緑輝く5月の庭で☆
どこにも行けず、誰にも会えない・・・今年も寂しいゴールデンウィークが終わりました。
ステイホームの日々の中で私が最近夢中になっていること、それは庭づくりです。

我が家がこの地に引っ越してきたのは、今から5年前。
マンション暮らしでベランダガーデニングを楽しみながら、庭のある暮らしに憧れ続け、ようやく手に入れた理想のマイホーム。
幸運にも広い庭を手に入れたものの、庭づくりは全くの初心者で、失敗に次ぐ失敗の連続でした。

何度も庭木を枯らしたり、生長の速度や大きさがわからずに植え替えを繰り返し。。。
庭の樹々たちにも申し訳ない思いをいっぱいさせてしまいました。

でも昨年くらいからでしょうか!?
庭木たちもこの地に馴染み、ゆったりと根を下ろしたかのように、とても元気になりました。
ようやく粘土質のこの庭とも共存できるようになったのかも知れません。

《春になり賑やかになったマイガーデン》

771DA8E6-EA73-4AD3-ABA7-60145AD03226

右上に見えるのがユーカリです。
生長の速度がめざましく、少し大きくなりすぎて。
このまま行くと電線に絡まらないか心配なくらいです。笑
剪定しなくちゃいけないけれど、一体どうしたらいいんだろう。。。

7F847F9C-792D-4147-8925-EF4D506154A5

アーチのバラも咲き始めました。

A023F7BB-275A-417F-B4B0-8EB0D4F63140

E14ADA17-B74D-4484-BE18-CA95EF9D7147

テラスの横に植えているバラは、1週間ほど前から満開です。

D8AB8C6D-63DB-4DF9-B0FB-924CE0AD9643

D671EF2D-E526-4A59-BED5-491FB93CE20F

母の日なんで、このバラをブーケにして母へのプレゼントに添えましたよ。

イングリッシュローズも咲き始めました。

4C43E669-97D4-4032-BEEB-3AD6F1D3160A

ヤマボウシは今年一段と大きくなりました。

D68A130E-B06E-459A-A2F7-E9E9162E88DD

今は華麗な白い花が咲いています。

30CA0D68-5FC2-4C4D-9DD6-E2765BC9CF68

私はオリーブが大好きで、我が家には6本のオリーブがありますが、これが一番大きいオリーブ。
昨年から急激に大きくなりました。

AE1E5469-0FD4-4B16-A718-75521317B93D

花芽をいっぱい付けていますよ。

アオダモも大きくなり、葉っぱの淡い緑が涼しげでとてもきれいです。

228CE9D6-417B-430C-AC81-C2F6D3864B4C

昨年植えた紫陽花です。
2本とも元気に育っていて、蕾もいっぱい。

FDD0B5A5-F542-41A2-98CC-91C1ACD73DBD

これが一番花。

1D6E7B47-4682-4869-B391-A6352D3BBD08

先日、モッコウバラを上手に育ててられるガーデナーの先輩から『モッコウバラ』の苗を2本いただきました。
モッコウバラが咲き乱れる日を夢見て、アーチをもう一基設置しました。

0FAF957D-4055-475D-B6C5-50EB2F2AAF2D

その先輩アドバイスがきっかけとなり、本気で庭作りを始めることに。
土が流れないようにするために、置くだけのレンガを買ってきて花壇を作ったり・・・

アオダモとモミジの足元もレンガで区切り、土を足してフッカフカに。

CF845760-7424-494A-9631-9310BEF6DD9C

そして、バラのアンジェラの足元にも。
クリスマスローズを移動して花壇の中の入れました。

1302C205-7811-4BDC-84C6-16B2E60D4FC1

玄関前のスモークツリーの周りにもレンガを並べました。

B8247D9E-C697-4F2D-B146-2F441F80F45A

花壇作りに伴い、花たちもお引越し。
今までは手探りでやってきたけど、これからは宿根草とハーブ中心の庭にしていきたいとハッキリと方向性が見えてきました。

西側のオリーブの周りもキューブレンガでドレスアップ。
こちらにも宿根草のお引越しです。

AA64E7C6-193F-4CD7-8B30-15306BCAE098

土をいっぱい足して、心地よい環境作りを目指します。

まだまだやることいっぱいで、しばらくは庭づくりは続きそうだけど・・・
緊急事態宣言が解除され、みんなが遊びに来てくれるようになるまでには、庭を完成させたいなと思っています。

《私の一押しのスペース》
ユーカリの下で癒されて帰ってね。笑

3FC43883-D695-4067-884F-D169492E7B7D