祈り

2021年06月26日13:50薬師如来さまにお祈りを《奈良薬師寺にて》
昨日、夫と一緒に奈良の薬師寺に行きました。

約1ヶ月前、私の大切な人に思いもかけぬ病気が見つかりました。
随分心配しましたが、手術は無事成功し、今は順調に回復に向かっているようでひと安心です。
でもコロナ禍では、お見舞いに行くことすらできません。

手助けすることはもちろんのこと、顔を見ることもできない中で、たったひとりで頑張っている彼女の苦しみを思うと・・・何もできないことが歯痒くて。
ただ祈ることしかできないなら、薬師寺の『薬師如来さま』に会いに行こうと思い立ち。
昨日の午後、薬師寺に向かって車を走らせるました。

薬師寺は奈良の西の京にあります。
我が家からは車で30〜40分でしょうか。

コロナ禍の梅雨の最中、まして平日ということもあり、広大な駐車場はがら空きで、どこにでも置き放題な状態です。

駐車場を出て、入り口に向かう途中、こんな神社がありました。

《薬師寺鎮守休ヶ丘八幡宮》
4685DD15-1E5E-4D96-8384-D114282CEEB9

B168CF47-E77F-450D-AA17-A8449F43A9F9

ここでお清めしてからお詣りするとのこと。

37B4D669-2029-458C-BA45-0C0B04E70842

お清めが終わって薬師寺に向かいます。

《南門》
96445BBA-8B18-4419-B491-FBF6B95A5440

54998BBD-1217-4D7A-8FCB-2718A16EFB2E

チケットを買って、手水舎で手を清めます。

《手水舍》
2A2DD408-C078-4EBC-8941-A25588363B80

感染対策で柄杓がありませんでした。
少し清めづらいですが。笑

《中門》
9FF6FD6E-3223-4AA1-A0D4-042C7205E469

両脇に二天王が鎮座しています。

《二天王像》
とてもカラフルで珍しい二天王像でした。

124D229A-90C9-4FF3-8387-60FD0BB2FDAF

F3258B79-2A91-4250-8026-649F41822C5D

中門を入ると、正面に金堂が目に飛び込んできます。

《金堂》
17F3B446-7459-4109-8587-777F1C1636D1

左手には西塔が、そして右手には東塔があります。

東西両塔を有する薬師寺式大伽藍は我が国随一の壮美を誇っていましたが、度重なる災害によって諸堂が焼けてしまい、現在はかろうじて難を免れた東塔だけが国宝として残っています。

昭和42年(1967年)に故髙田後胤管主により復興が再建され、白鳳伽藍の建物の調和の壮麗な美しさが蘇ったとのことです。

《西塔》
4B79570E-D850-4D7E-8811-0391C9C1B951

《東塔 国宝》
EF41DE75-B1DD-4E9E-9CE8-D427F8B93F72

六重に見えますが、実は三重の塔です。

今回はラッキーにも特別拝観の時期で、両塔の内部も拝観することができました。

B7D76327-7426-487F-A43A-9768106DD3C3

ついに金堂に入ります。

9DC7A112-8436-4DBE-A318-19797E9886BE

金堂には今回私がお会いしたかった国宝の薬師三尊像が祀られています。

写真を撮ることができないのであの美しさをお伝えすることができないのが残念ですが・・・
中央に薬師如来、向かって右が日光菩薩、左が月光菩薩が並んでいます。

《パンフレットから撮った写真》
19B5473C-6CA4-4647-9417-304B485EC6D7

本当に優しくて慈悲に満ちていて・・・この場に身を置くことができたことに大きな喜びを感じます。
思い通りにいかない日常に心乱れている私ですが、心が洗われる気がしました。

薬師如来さまに大切な人の回復を心を込めて祈ります。

脇侍の日光・月光菩薩の美しさにはただただ感動です。
動きのあるしなやかで美しいお姿に私の目は釘付けに。
本当に美しかったです。

金堂を出たら、大講堂に向かいます。

5AEED8FE-4C45-4847-A1AB-A537186AEEBE

この場に来て、昔の記憶が蘇りました。

今から8年くらい前でしょうか?
『平原綾香さん』のコンサートが薬師寺で開催され、ここに来たことがあります。
途中雨が降り出して、傘を持たない私たちは会場で売っているカッパを購入。
悪天候が残念ではありましたが、雨上がりの空は幻想的で、虹が出たっけ。。。
素敵な想い出でした。

《薬師寺本坊 お写経道場》
13A492A2-1637-4BF1-90E3-E6418573924E

D34CFC1A-2EC5-4B2E-B942-116B355BDD9F

本当はお写経を書きたかったけれど、今にも雨が降りそうで・・・
今回は諦めることにしました。

一旦北側の門を出て、玄奘(げんじょう)三蔵院伽藍に向かいます。

《玄奘三蔵院》
D2A3EB3A-8648-4C91-A5DE-CB33BBF118AF

インドに仏教の真髄をもとめ、17年間求報の旅をした中国唐時代の僧、
玄奘三蔵のために建立された伽藍。
白鳳伽藍とは全く趣が異なっていました。

玄奘塔》
6EBD2799-6CF9-4D16-A78D-7E3915918B3F

もう一度北側門から伽藍に入り、最後に東院堂に向かいます。

《東院堂》国宝
1036E82F-A43B-4722-BD62-4EF8E157244D

ここには私が会いたかった聖観世音菩薩さまが安置されています。(国宝)

言葉ではうまく表現出来ないほどの美しさです。
本当にお見せできないのが残念ですが・・・

パンフレットのはこのように書かれています。

52474631-9E0F-426B-9B98-154AC8956F3A

パンフレットの写真は小さすぎて、あの素晴らしさを届けることはむづかしいですが。。。
機会があったらぜひお出かけし、体感してみて下さいね。

昨日ゆっくりと過ごしたのに、あの広大な敷地で出会ったのは、わずか5〜6組かしら!?
ほとんど人がいなくて、静かでとてもいい時間をもつことができました。

最後に御朱印をいただきました。

B0B31D49-A015-4549-BB28-AC2599A11528

色んな人への想いを込めて、お守りやお線香を買って帰ります。

何もできない自分が苦しくて、気持ちは一緒に入院していたくらいだったけど。。。笑
いらない心配は今日で終わりにしよう。

どんどん楽になりきっとすぐに元の元気を取り戻すに違いない‼️
彼女の持つ並外れた強さと回復力を信じて、全てを委ねることにしました。

薬師寺に行って本当に良かったです。
次は元気になった彼女と一緒に行けたらいいなと思いました。

46B3EABB-58BF-4A4C-9761-07CDF07071F4










2021年02月25日22:26身も心も癒されて☆《橿原神宮にて》
橿原神宮は私の大好きな神社です。
初詣でに訪れようと思っていたのですが、緊急事態宣言下で今年は諦めることに。。。

最近は京都も奈良も感染者数がすっかり少なくなり、間もなく宣言解除の兆しです。
母の入居に伴って精神的にも疲れが溜まり、少しフライング気味だったのですが、あの神聖な空間に身を置きたくて、思い切ってお参りに行ってきました。

スマホしか持っていなかったのですが、目に写る景色の全てが素晴らしく・・・
夢中で撮った橿原神宮の神聖な波動をお届けします。

《一の鳥居》
5951E2EB-37E4-418C-88D3-BE82401D96EC

《参道》
人が少なくて静かでした。

5BE44265-CC84-466F-8FF2-411087A35F9A

《二の鳥居》
64022F05-EF29-444E-A75F-57FE3A6AA51E

《手水所》
コロナですっかり様変わりしていました。

DB955459-2794-4829-BF4A-1A7C858A579D

今は手水の作法はしなくてもいいみたいです。笑

74C598B7-E970-4A69-B045-B881B0FF2937

 《南神門》
 D056CE9F-BE4B-4632-8A71-C2800D5E6EF0

《境内》
南神門を抜けた途端に広がるこの開かれた空間が大好きです。

5A47441B-3D7C-4DD6-A244-600499FC3DE3

掃き清められた白砂が美しいです。
毎回感動!!

FullSizeRender

《境内から見た南神門》
不思議な写真が撮れました!!
これって御柱かしら。。。

A36EAE26-5E0E-4102-81DB-BE7484F9A399

《畝傍山と下拝殿》
9747569F-8A46-45BC-B372-C266D752924A

入母屋作りの屋根が美しい!!

48B7E085-675F-44A5-9F00-5398A6827E26

《巨大な絵馬》
牛が優しくて・・・素敵でした。

F60AF454-DB44-46C9-9A08-81F15F83EC22

《拝殿》
63A9B469-925D-4392-874B-CF4D81B5333D

《形代お祓い》
EF6ABC34-188C-469A-ADE6-6B0F68DC202B

私たちもお祓いをさせてもらって納め箱の中に納めました。

40C43659-F59E-4C15-826E-5A805DC199DA

《飛行機雲が織りなす龍の雲》
BFC80AF5-3655-4323-9295-3E92ADCE383D

今日は飛行機雲がいっぱい見られました。

C216EA04-597B-47C0-943D-712EDBEF6D27

37D9C932-02B0-4D10-8D88-3BAA9E9E6104

境内の樹々にも癒されて・・・

IMG_7137

FullSizeRender

《北神門》
A875AC9C-EB7D-48BE-A1F5-9453479C556A

 北神門を出て若桜遊園への散策に行きました。

071EB579-FA4E-462E-BDAC-18A252EA2904

まさか桜が見られるなんて!!

 33335411-A2FD-4CF4-9FA6-AAFD6608ABCF

《深田池》
春に来た時は桜が満開でした。
今は冬枯れだけど、ベンチに腰かけてほっこり。

4A307B82-4C63-4737-84E8-15958C4FF9E1

D4FFF44E-F877-4DCD-AEBD-F05018D3B6C7

可愛い鴨たちのお食事タイム

IMG_7142

のんびりゆったり・・・橿原神宮を満喫して帰ります。

帰りにも飛行機雲のお見送り。

496C6A53-B046-43FE-9EF9-8C19FE84746B

 色んな迷いもあったけれど・・・
『きっと大丈夫!!』

神様と龍の雲に受容された気がしました。

《今日のおみくじ》

改め替えれば良き運なり
何事も末の見込みあれば意志強く驕り高ぶる事なく信心すれば
龍の風や雲を得て天に昇るが如く出世すべきなり
辛抱が第一なり

大きな勇気を携えて帰ります。
橿原神宮にお参りに行けて良かったです。
 

2021年01月02日21:32新しい年の初めに思うこと☆
2021年の幕開けです。

《洞爺湖の朝日》
0FF22181-24FE-4AD0-80BB-0FE9DCD13D37

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年はコロナ禍の中、今までに経験したことがないほどの寂しいお正月になりました。
2日午後、風は冷たかったのですが降り注ぐ太陽に誘われて、近くの岡田国神社に初詣でに行きました。

岡田国神社は我が家の地鎮祭でもお世話になったご縁の深い神社です。
境内は比較的空いていて、ゆっくりとお参りすることができました。

DFBAF72A-A125-4180-9279-F98E069F6229

拝殿前も自然とソーシャルディスタンスが守られていて、少ない人数でもみんな距離を取って並んでいるので、ここでは密とは縁遠い感じです。

しかし2日だというのに、やっぱり人が少ないですね。笑

IMG_6867

おみくじを引いてみたら・・・
わぁ!大吉です‼️

FullSizeRender

なんと!夫も大吉でしたよ。
今年はいいことがありそうな予感。笑

昨年はコロナ禍のストレスもさることながら、私を取り巻く環境も決して穏やかとは言えず・・・
心ざわめく日々でした。
今年は周りの環境に左右されず、自分を主役にして、やりたいことをやっていけたらいいなぁと思っています。

年末に掲載されたCLASSY.のテーマは、『自分磨きができるスポット』
訪れて下さったお客様に新しい一歩を踏み出すお手伝いをしながらも、私自身が『自分磨き』をする年にしたいなと思いました。

もっと自分のためにアロマを使って心身のケアをしたり、知識を積み重ねるために本を読んだり、感性を研ぎ澄ます心地よい空間に旅したり・・・

大好きな海外旅行は当分行けそうにはないけれど、まだまだ国内にも未知の世界がいっぱい。
今年は国内旅行にどんどん行くつもりです。

自分を主人公に、自分の好きなことに時間を使い、残された人生を輝きに満ちたものにしたいと思っています。

まだまだ緊張感の続く日々ですが、明るい未来を信じて!!
世の中はざわめいても、自分の内側は穏やかで幸せな一年になりますように・・・

《室蘭 地球岬》
8C2606FC-6A3C-4DB6-AFBF-049458C22427
















 


2020年12月31日23:572020年最後の夜に
今年もまもなく終わろうとしています。

今年は地球の危機と言えるほどの大変な一年になりましたね。
世界で起こる自然災害に加え、コロナの蔓延。
今までに経験したことのないほどの辛く苦しい日々。
こんな生活がいつまで続くのか・・・
先の見えない不安感に押しつぶされそうになりながら、大きく変化した日常に戸惑うばかりです。

神様は私たちにいったい何を気づかせようといているんでしょうか・・・そんなことを考えながら、『自由である』ということの有り難さを、今、身に染みて感じています。

例年は総勢18人集まる我が家のお正月も、妹の家族も息子たちも来ることができなくなってしまい、とても寂しいお正月になりました。
そんな訳で、大晦日は夜遅くまで準備で大忙しだったのですが、今年はゆっくり座って紅白を見るゆとりができたのも初めてのことです。
後半の『嵐』あたりから見ていたのですが、出演者の熱い思いや、歌に込められたエールが深く心に届き、感動で涙が出ました。

『かならず夜は明ける』そんなメッセージを心に刻みます。

私は毎年、伊勢神宮にお参りに行っています。
外宮では御饌を、内宮ではお神楽を上げているのですが、今年は初めて早朝参拝に行きました。

少し前の写真ですが、今年の最後に早朝の伊勢神宮の写真をお届けします。
内宮の浄化された空気感を共有できたらうれしいです。

《内宮宇治橋からの日の出》

A2D70DD2-5813-46BC-99EE-5B43F8A7B365

《紅葉を映す澄んだ五十鈴川》

IMG_6715

《水を打って清められた参道》

IMG_6713

《人の少ない内宮拝殿》

05F25766-4CFA-404C-9967-FE904E01D1E1

『世の中が落ち着いて、一日も早く平穏な日常が戻ってきますように・・・』
心を込めて祈りました。

《ピンと張り詰めた浄化された空間》

FullSizeRender

思い切って伊勢神宮にお参りできて良かったです。
世の中が騒がしくても、自分の内側はいつも穏やかでありたいです。

今年も私のブログを覗きに来て下さって、ありがとうございました。
皆様もお身体に気をつけて、良いお年をお迎え下さいね。





2020年11月29日13:30姉妹揃って七五三《春日大社にて》
2020年11月28日
息子の長女(7歳)と次女(5歳)が姉妹揃って七五三のお参りに行きました。
本来は5歳は男の子だけなのですが、2歳違いの姉妹ということで、我が家は5歳の時も2人一緒にお参りに行っています。

今回は写真館で写真を撮ってから春日大社に行くことに。
写真館は奈良の『 STUDIO CARATT』を予約しました。
28日はたまたま12時しか予約が取れなくて、少し遅めのスタートとなりましたが、ヘアメイクも着付けもしてくれるので大助かりです。

その上、スマホ撮影可能とのことが大きな魅力です。
そんな訳でパパとママと私は、カメラマンさんの横で写真撮りまくり。

長女の芽依は緊張しやすい性格ですが、上手に緊張を解しながら、自然な笑顔に導いていくのはさすがプロの技ですよね。

その中でも私のお気に入りの一枚はコレ。

283EF6DC-9530-4A98-816B-DEBF866C0E78

今回芽依が来ている着物は、今から30年前に娘の真梨のために母が用意してくれたものです。
夫の転勤に伴って当時横浜に住んでいたのですが、作った着物を持って来てくれたことを思い出します。

華やかな着物もいいのだけれど、真梨の雰囲気を考えて少し粋な黒字の着物を選んでくれました。
この着物は姪っ子たちも袖を通し、その子供たちにまで受け継がれているなんて・・・
お宮参りの着物同様とても意味のあるものに思えます。

3A261D9E-A149-429D-879C-0309862AD327

カンザシは芽依のお気に入りを購入しました。
おしゃれな芽依は、髪型まで自分の好みのスタイルにリクエストして、本人も大満足の仕上がりのようです。

現在芽依は歯の生え変わりの時期で、笑うとちょっと残念な感じになっちゃいますが、後で見るとまたそれもいい記念になるんだろうなぁと思いつつ・・・

一方、妹の麻菜の着物ですが、これも同じく娘の真梨が来ていた4つ身の着物を母がリメイクしてくれたものです。
着物好きの母のお蔭で、私は買わずに済んでいて大助かりです。

私の一押しの写真はコレ。

91F8DCDF-B362-4700-B950-F3A6EF660026

明るくて度胸の座っている麻菜は緊張感は全くなく、モデルさん気分を楽しんでいるようです。

E266BC7D-443A-4ADC-8ADA-2EA3F36DD0D1

スマホ撮影はお得感満載です。
カメラマンの横で、家族写真も私が撮りましたよ。

A1B18741-EF91-498D-9322-983912B3F833

プロの方に撮っていただいた写真はパネルにしてもらうことにしました。

スタジオは12時の予約しか取れなかったので、撮影は終わった時にはもう2時を回っています。
写真選びは後にして、まずは本番の春日大社に迎います。

私はこの撮影会でもう七五三は終わった気分です。。。

11月28日ということと午後遅くなったことが幸いし、ご祈祷所は空いていてすぐにご祈祷してもらうことができました。

ご祈祷所の中は私たちを含めたったの3組で、一番前で厳かな雰囲気でお参りができたことは有り難かったです。

温度も下がってきて肌寒くなりました。
でも芽依はおしゃれを優先して、ストールはいらないんですって。
寒いし、慣れない草履で参道を歩くのは足が痛くて辛いようですが、頑張って歩いてますよ。

9791E5C1-5DBA-401B-BB17-F5781196DECE

麻菜はもうひとりのおばあちゃんの首巻きを借りてホッカホカ。
まだまだエネルギーが残っているようです。

8C7CC761-F447-41C0-87E2-7BD932441C0C

これが2人の最後の笑顔です。

F5D05778-4108-42AB-B44F-B30C3CE114BC

モデルさん 今日は1日よくがんばったね。
お疲れさま〜。

今からスタジオに戻り、写真選びをしなくっちゃね。
予約の関係で午後のお参りになったことがプラスに働いて、とても満足のいく1日になりました。

2人がこのまま真っ直ぐに、健やかに成長しますように・・・
愛を込めて祈ります。