自然

2020年11月18日21:22美しい自然に抱かれて・・・
『自然に抱かれたい』

そんな私の気持ちに寄り添い、娘夫婦が蒜山高原に連れて行ってくれました。
11月14日のことです。

最近またコロナの感染者数が増え、go to を利用して旅行に行くのも何か悪いことをしているようで、少し気が引けて、ブログの投稿をしてもいいのか迷いましたが、密とは程遠い大自然の中に身を置くことの素晴らしさも伝えられたらいいなぁと思い、思い切って投稿することにしました。

木津にある我が家を午前6時に出発して、約3時間余りのドライブは紅葉に彩られた山々を眺めながら。 
蒜山ジャージーランドに到着です。

00DCEB1E-1E86-4084-A1EA-EBFBC058159E

夏に訪れた時とは違い人も少なく、なんといっても気持ちのいい季節です。
本当はマスクを外して、自然の香りを楽しみたいけれど・・・
写真の時以外はみんなマスクをしています。

夏は暑くてゆっくりできなかったけれど、今回は蒜山高原の自然の中でのんびりと散策を楽しみました。

ジャージー牛の放牧を見ることはできなかったのですが、馬との触れ合いもまた楽し♪
3歳の晴はニンジンの餌やりに夢中です。

F7ECE3B2-036A-43CB-B5DD-353E2D2F3FA9

このポニーちゃんには心を許しているのだけど、右側の白馬はちょっと怖いようで。。。
だって手を舐められちゃったものね。笑

一方8歳の兄の方は・・・この有様。。。
嫌すぎて座り込んで抵抗中。
子犬だって怖いのですもの、そりゃぁ無理ですよね。笑

70EA39EF-AB41-48FA-94C3-F9B8C08731D9

お馬さんがいっぱいいて楽しかったけれど・・・

CDF7A113-9968-4C31-AC88-1DDCD6300F10

晴は臭いのは苦手のようで・・・
鼻をつまむことを覚えたようです。

ABBEAD2B-19B2-4FDF-9052-1ADBC606E2D9

ジャージー牛はいなかったけど。。。
これならボクも怖くないよ。by 颯

C018764D-73C3-4AD3-B208-73ED2F1721E5

開放感で心がオープンに。
打ち合わせもしないのにみんなノリノリでハイポーズ。

22DBE8D5-1036-4ED4-9EED-DB42E0461724

蒜山高原最高です。

お昼は名物の蒜山焼きそばを食べました。 
店内は空いていたのですが、のんびりムードたっぷりであまりにも長く待たされて・・・
『待ってました』と食べ始め、写真撮るのすっかり忘れてしましました。

午後は私のリクエストで、蒜山ハーブガーデン『ハービル』に連れて行ってくれました。
入場料が300円とは驚くほどの安さです。
こんな季節はハーブの花も咲いていないし、 あまりきれいじゃないかも・・・と思っていたのですが・・・

31F10D6F-159F-4FD4-9A3D-5962D73E011D

中に入った途端、斜面にはラベンダー畑が広がります。
もちろんこの季節は花は咲いていないのですが、それでもとても素敵です。

07BCD70D-5C82-4304-AA1C-4DF905649CFA

オーブが写ってますよね。

観光化された富良野とは違い、ナチュラルで素朴な雰囲気がすごく気に入りました。

A7B9A154-077F-45F9-8B70-89378B59C31C

色づいた樹々に誘われて、子供たちは森の小径を走り抜け・・・

681092E2-7F28-4462-97C4-93530B999ED1

42EABB0F-B6FA-4BAB-A403-D87B4588B84A

上は紅葉真っ盛り。
こんなにもきれいな鮮やかな黄色の紅葉は初めて見たけれど、オレンジ、赤、緑がグラデーションに重なって。。。
素晴らしくきれいです。

46846ED1-E05E-46FD-AC02-E6F20D16D68F

ここからは蒜山三座を臨むことができ、まさに絶景スポットです。

9D1A4DBB-763E-4E8A-AF43-107341F4536F

何よりも人が殆どいなくて、この景色も空気も全て私たちのファミリーだけのもの。
最高に気持ちいいです。

孫たちもとても気に入ったようで、8歳の颯は『ここに住みたい』と。
3歳の晴も何度も『きれいだね。』を繰り返し・・・

子共だって、きれいな景色やいい波動は感じるものなのだと、一緒にこの場所に身を置くことができた幸せを感じます。

2人の表情が全てを物語っています。

EF98D37F-99C5-4612-BF3C-2CE9B56A1916

普段は写真を撮りたがらない颯ですが、ここでは『撮って』というように積極的にポーズを決めてます。

3B48167B-07D1-4737-99D2-4BE00125BDE6

晴もいい顔しています。

2A8CC560-6180-45CE-BEB3-036066BF80DF

B87B3BB3-36E4-4F6B-A917-F3864BE14AC7

みんなこの場所がとても気に入りました。

2AF3DC04-B1B0-49D7-BE6D-0A7C28D9A5DD

思い出に一枚もらって帰ろうね。

D7B53E8D-5149-420D-BEAF-5FF40DF0D5AA

紅葉満喫です。

ここの年間パスが500円だなんて、安すぎですよね。
近くに住んでたら私は何度もここに通うだろうなと思いながら・・・

この日の宿は蒜山高原国民休暇村です。
大自然に抱かれた宿で、密とはかけ離れ、感染対策も万全ですよ。

デッキからの風景

98A7D7AE-8D7D-4E6F-B77D-6E70513A2005

夜は星空ツアーに参加して、30分間の星空散歩。
一面に広がる星空を満喫しました。

満天の星空の中で、生まれて初めて流れ星も見ましたよ。
一瞬の出来事で、願いごとをする暇もなかったけれど、うれしかったぁ〜。

チェックアウトを早めに済ませ、付近の散策にも行きました。

166DB43F-6E97-4AC8-B1A4-A2E0B994BB5F

7B6F2948-DA3A-4406-B077-C0C9F791D04C

2097A1DF-C414-438A-BEC9-DD113D8CF414

雪を纏った大山も見えましたよ。

D4E45265-BBA0-4D0F-B477-F195A57D1DA6

タンチョウヅルもいました。

255BB5EC-6C09-4892-A0BF-C51234007055

1泊ですが、とても充実した思い出に残る旅ができました。

連れて来てくれた娘夫婦に心から感謝です。

69E0F733-DE61-4D5D-87A6-452AF38A1CF6









 

2020年10月22日23:30秋の洞爺湖満喫の旅《Part 5》ウィンザーホテル〜登別温泉へ
旅の3日目(10月21日)
今朝も朝早くすっきりと目覚めることができました。
ウィンザーホテルのベッドは私にとって最高レベルの心地よさです。

5時40分、5時から朝のウォーキングに出ていた妹の旦那さまから夫に電話がありました。
少し早すぎるようですが、寝ているかもと気を使ってこの時間まで待ってくれたようです。笑

彼が一刻も早く伝えたかったこと・・・
それは『雲海が出ている』と言うビッグニュースでした。

『えぇ〜!それは絶対見なくっちゃ〜!!』
大急ぎで服に着替え、昨日のビューポイントに向います。

でも・・・時すでに遅し・・・
私たちが到着した時には雲海はほとんど消えていて、それでもわずかに名残りが。。。

D4B9CB1A-D052-4E1B-AAC1-E5209E59E352

E8B8F5AC-C4C7-4354-8C3E-18AFA9F0BDEC

一面に広がる雲海は見ることができなかったけれど、朝日を見ることができました。

FE625C21-492C-4361-AAD8-4363405B73A7

朝日を浴びた羊蹄山も美しいです。

1614AC8E-9B31-44E1-B7BC-0710959BF380

清々しい朝の新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んで。
エネルギーチャージ。

私たちは見ることができなかったけれど、後で送ってもらった雲海の写真です。

8BD5F0D9-A4C7-40CB-A64B-C080AC5983C4

CC9D01B2-4B0D-4B05-B811-90E4363FC1C6

素晴らしい!!
雲海を見るのには星野リゾートの『雲海テラス』に行かないと思っていたのですが、ウィンザーホテルでも見られたんですね。

今朝は雲ひとつない晴天で、放射冷却が起きて気温は2度まで下がったようです。
全ての条件が揃わないと雲海は見ることはできないそうですが、最高のタイミングだったんですね。

朝食は和食のレストランに行きました。
こだわりの詰まった食材の中で、私が特に印象に残ったのはこの納豆。

69D48BC5-B912-4407-94E3-988A26D4B202

北海道産の大粒の黒豆を使った納豆で、ウィンザーホテル限定の納豆とのことで、納豆本来の美味しさを味わうために、醤油ではなくて花塩を降って食べるのが特徴です。
全く臭みがなく、こんなにもおいしい納豆は今までに食べたことがありません。
納豆嫌いの妹の旦那さまにとっての初納豆。完食でしたよ。

朝食後は登別温泉に向けてのドライブです。

まずは洞爺湖畔の彫刻公園に立ち寄って、湖畔からの洞爺湖を眺めます。
穏やかな水面を眺めるのもいいものです。

B218AB51-F42C-42B2-B955-656A1828A9DF

36B26F43-2DD4-437D-BF5D-96F92B8E107C

秋色に染まった湖畔の公園は開放的で、素敵な散歩コースです。
ここで1日のんびり過ごすのもいいなぁと思いながら・・・

0B2FB1F1-A37F-41DE-B8B6-472141955E2D

4CDD2080-4071-47CB-9B1E-48686270862C

彫刻は58基あるそうですが、ここにはライオンと大きな顔の彫刻がありました。

764493AD-566F-4751-921B-64CE7021E369

登別温泉の外湯に行く途中で、例の伊達納豆の製造元に立ち寄りました。
お店の方はとてもいい方で、関西まで持って帰ると言うと保冷剤なども用意して下さることに。
わざわざ買いに来たことをとても喜んで下さいました。

D1322517-BD6E-465C-9D17-1AE2ED8F859B

《伊達納豆》
電話 0142-23-2648
ネット販売もされているようですよ。
ご興味のある方は是非♪

お昼は室蘭の屋台村に立ち寄り、名物の『ホタテの玉焼き』と、『煮つぶ』を食べました。

D9477A3B-8B61-4CEE-8995-1E3F96922DC9

『ホタテのたま焼き』は、 いわばたこ焼きの中にタコではなく、ベビーホタテが一個入っています。
大阪出身の私たちとすれば、『たこ焼きの勝ち』かなと・・・笑
室蘭の方ゴメンナサイ。。。

『煮つぶ』はサザエの壺焼きのような感じで、サザエの代わりがつぶ貝で、これはとてもおいしかったです。 

登別温泉へ続く道は、山々の紅葉の真っ只中で、快適なドライブでした。 
山道なんで車を止めて写真を撮ることができないのがちょっと残念。。。

目的地の登別温泉にやってきました。

749F4480-FBDC-4195-9D75-21E82F518602

AF7F4B21-E77A-4A4A-83CC-6F53DF7FBECA

登別グランドホテルでお風呂に入ることに。

1560AF49-A237-4BB1-9CCA-C08E1CE150DD

AB40B0D2-07EA-4688-871A-8643CFD42373

昼間の外湯はほとんどお客様はいなくてゆっくり入浴することができました。
さすが登別!!源泉掛け流しの温泉で泉質は最高でしたよ。

夕食は伊達にある居酒屋に行きました。 
北海道らしいものをいっぱい食べて、お腹も満足です。

CE6436C7-196B-47EB-9F14-FD3B5D6F427C

美しい景色、新鮮な空気、おいしい料理・・・全てが心に残るものでした。
心も身体も満たされて幸せ気分でホテルに戻ります。

充実した旅の最後の夜となりました。

Part 6に続きます。

 


2018年10月13日17:20虹からのメッセージ(大沼公園)《函館にて Part 4》
旅の3日目。
朝から青空がのぞいています。
函館の朝市を見学した後、大沼公園に向かいました。 

今回の旅はあえてレンタカーなどは利用せず、バスや列車だけで旅をすると決めていたので、JRの各停で大沼公園駅を目指します。
大沼公園には約40分で到着です。

6C205AEF-186D-4D23-8A41-C9BA80E940B3

C94A1444-2BDE-4B92-93A6-EFE80D6F3005

着いた途端、うっすらと虹が出ているのを見つけ、この地にも歓迎されているなぁとうれしくなりました。

8B3841D1-95B9-42C4-A321-3006B05D5648

大沼、小沼湖畔には4つの散策コースがあり、時間や目的に合わせて散策を楽しむことができます。
元気いっぱいの私たちは、50分の島巡りコースを選択。

森の小径を抜けて意気揚々と歩き始めましたが、まだ5分も経たないうちにパラパラ雨が降り出しました。
雨予報はなかったので、傘を持ってこなかったことを後悔しながら、木の陰で雨宿りしていたのですが、一旦スタート地点に戻ることに。

戻った頃には雨が上がり、大きな虹がかかっていました。
都会では見ることがができないような、地表から反対の地表まで、大きな円を描いています。

E818B665-BE08-4826-95E3-3F7E36372070

感動です。

0892D1DA-50F7-4CA1-87DE-2A473E8AD9F1

そっかぁ〜。
雨予報は全くなかったのに、この通り雨は虹が現れるためだったに違いない。
私には空からの祝福の虹としか思えなくて、感謝でいっぱいになりました。

実は私たちはここ10年くらい前から何度も何度も虹に出会っています。
何年か前の結婚記念日にも、伊勢神宮参拝の時にも、そして今の家の土地を見に行った日にも・・・
まさに虹ウオッチャーと言える程。笑
人生の節目で虹が現れ るなんて、自分の決断を承認されている気がして、前に進む勇気をもらっていました。

雨が上がったので、もう一度コースに戻ります。

いくつもの島を眺めながら、湖の周りの遊歩道を歩きます。
向こうに見える山は、駒ケ岳。

A2198F96-A8A4-492F-ACF3-19A930138984

C214E951-3871-4599-96B9-1C07EB8E2904

この時期は紅葉が進んでいるのかと思っていたのですが、紅葉の時期には少し早かったようです。
そのかわり寒くもなく、とても心地いいです。

F5C974B7-67B0-42AB-8426-7D52C60624BE

また細かい雨がパラパラと降ってきました。
その直後、3度目の虹に出会いました。

AFBC9837-CAFD-4859-9B6B-6F9D5983B986

2D517A01-E464-4862-9F3E-C611D993D80B

こんな大自然の中で、美しい虹に何度も出会えるなんて、なんてラッキーなんでしょう。

雄大な景色を満喫しながら歩きます。

F851C5BE-F4D9-42ED-961E-4A7E73513DA2

0C0BD8B2-CF96-4F5E-8678-6ABCDBAD06DC

スタート地点に到着した直後、また雨が降り出しました。
でも今度はかなり激しく降っていて、しばらく雨宿りして過ごしました。

ようやくおさまり帰ろうとした途端、4度目の虹に出会いました。

左側から現れたと思うと、前よりも大きな弧を描きました。

BD305BA8-9E45-4E08-ACE7-F5AB3D0DFDD4

E7B73282-4BE5-45FB-8FCC-319453C23917

この日は晴れ予報で、折りたたみ傘すら持たないで来たのですが、 不安定なお天気だからこそ、こんな感動に出会うことができたのだと、全ては必要な出来事だったのだと思いました。

実は2ヶ月くらい前に、ショッキングでとても悲しい出来事がありました。
気持ちを整理し、普段は普通に生活しているのですが、深い悲しみの塊は心の中に居座り、なかなか手放すことができずにいました。
そんな自分を癒しきれないまま、いつしか心が弱ってしまい、前向きに物事を捉えることができなくなっていました。
今回の旅行も何度もやめようと思ったくらいです。

でも思い切って来て旅に出て良かったです。
旅の最後に現れた祝福の虹の存在に、私は癒され、同時に深い悲しみも手放すことができました。
『人も自然も宇宙も、全ては繋がりあっている』ということを再確認し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

帰りは特急列車に乗って函館に戻ります。

D83527EB-53F1-4E3A-B647-9D454217ABCF

最後の宿は湯の川温泉の『笑 函館屋』
源泉掛け流しの温泉です。

明日(13日)の午後、函館への旅を終え、京都に戻ります。





2018年08月03日09:49カブトムシみぃつけた♪
すっかり投稿が遅くなりましたが・・・
先日の土曜日、ファミリー大集合の夜のことです。

息子の家族が我が家を後にしたのは夜の9時を回ってから。
帰ったはずの息子からすぐに電話がありました。
『忘れ物かな?』と思って電話に出たら、
『カブトムシを採ったから、虫かごある?』

一日中遊んで、まだ続きがあるんだと呆れながらも、興奮気味の息子の声に私もワクワクです。

我が家から車で2分程の山道にクヌギの木があって、そこでカブトムシを見つけたそうです。
前回我が家に来た時に、業者らしい人が採っているのを見て、昼間に目星をつけていたらしく、車を止めてカブトムシを探したとのこと。
途中、もう一度虫採りの網を取りに戻り、結局3匹をゲット。
ラインのテレビ電話で見せる程、子供のように喜んでます。

これが息子が夜中に送ってきた写真です。 

586D295F-1187-4D2E-AECD-ED8CF7934BF9

『めっちゃかっこいいで。採ってきて飼いや。 』ですって。笑
女の子2人のパパになりながらも、息子は子供心いっぱいのまだ少年のようです。

そう言いながらも、そのクヌギの木が気になって仕方ない私。
早速娘に話し、私たちも翌日カブトムシ採りに出かけることに。

集合は夜の8時。
到着した時には既に先客が。。。
もう20匹も採ったとのこと。

『出遅れたか。。。』と思いながらも・・・でもまだいましたよ!!
ワクワクしながらもオス4匹、メス4匹をゲット。
娘の旦那さまのりょうくんはとても見つけるのも早く、採るのもプロ級です。

オスとメスの4カップルをそれぞれ別々に分けてみたら・・・
な、なんとすぐに結婚。。。秘め事の始まりです。  
カブちゃんはさすがすることが早いですね。笑

CB92D69E-6EDD-4E84-8F55-B0C7EF8FCBC4

我が家は虫が大好きな姪の子供のしゅんちゃんとりゅうちゃんのために、オスとメスのつがいを持って帰ることに。

すぐに妹に電話してカブトムシを採った話をすると、妹の旦那さまが翌日引き取りに来るとのこと。
カブトムシに関してはなかなかみんなやる気です。

『わざわざ1時間も車を走らせて来るのだから、せめてもう1匹くらいは採りたいよね。』
と、使命感に燃える私たち。
ということで、私と夫は翌日ももう一度クヌギの木に向かいました。
先客に負けないようにと、今度は日没直後の7時半に到着です。

あっという間に、オス2匹と、メス2匹をゲットです。
まだまだ採れそうですが、さすがにもういらないよね。笑
受け取った時のママの困った顔と、姪の子供たちの喜ぶ姿が目に映ります。

広めの飼育箱を用意し、ふかふかのお布団にゼリーを入れたら完了です。

9335437F-13E2-4D89-9E51-6662F2E4D74F

食いしん坊のカブトムシ君。
大自然の中から小さな世界に閉じ込めちゃってごめんね。
子供たちの夏休みの思い出に、役立ってもらってありがとう。

孫や姪の子供たちもいつかパパやママになって、子供と一緒にカブトムシを採る日が来るのかな。
カブトムシと遊んだ記憶がずっと彼らの心に残りますように・・・小さな祈りを込めて






 

2017年09月07日00:32アゲハチョウもミカンもどっちも護りたいんだけど・・・
我が家の庭にはアゲハチョウが沢山遊びに来ています。

『お帰り〜!! 故郷に帰った来たのね。』
と、いつもほのぼのとした気持ちで眺めているのですが・・・

でも・・・我が家のミカンの木、今はこんな感じになってます。。。

IMG_6821

葉っぱはボロボロ。
というよりも、上の方はほとんど葉っぱがないんですよぉ〜。

IMG_6822

5月ごろは、アオムシが大好きな娘が持ち帰り、蝶になるのを見届けてはお別れの儀式をしていたのですが、最近は育てることにも飽きてきたようで、めっきりアオムシを探しに来なくなりました。

アゲハチョウのアオムシはミカン科の木でしか育つことができません。
そんな訳で草むらに捨てに行くこともできず・・・

いつしか我が家のミカンの木はアオムシたちのお家になってしまったようです。

IMG_6820

このミカンの木は昨年、孫の芽依の3歳のお誕生日に植えた大切な記念樹。
今年はあまり大きくならず、ひとつも実を付けることのなかったのは、やっぱりアオムシ君ものせいかしら

なんだかかわいそうだったね。護ってあげれなくて・・・
アオムシのいなくなるこれからの季節に、少しづつ再生して葉っぱをつけて大きくなっていってね

アオムシもミカンの木どちらも護りたい私。
どうしたらいいのかな。。。

そうだ!!
娘には永久にアオムシの里親になることを任命しよう。

真梨ちゃんどうかよろしくねぇ〜。


5月12日のブログ  アオムシみぃつけた
6月11日のブログ  アオムシ君とのお別れの儀式