2021年03月19日22:23ブログを書籍化『フランス紀行』
私が初めてフランスを旅したのは、2017年の5月のことです。

海外旅行にはいつも妹と一緒に行っているのですが、特に2人で行ったフランス旅行は楽しすぎて、人生の大切な宝物になっています。

『もう一度行きたい!!』そんな思いに突き動かされ、翌年再びフランス旅行を計画しながらも、航空会社のストで直前のキャンセルに。。。
そんな訳でフランスには思いを残したままになっていたのです。

昨年からはコロナウィルスの蔓延で、フランスは今まで以上に遠い存在になってしまいました。
2人で歩き回ったパリの街がコロナで閉ざされている映像を見るたび、切なくて。。。
もう一度あの時の思い出を辿ってみることにしました。

私は旅の記録を全て『旅日記』としてブログに綴っています。
ブログに書くことで記録としては残っているのですが・・・今までは全く読み返すことはありませんでした。

懐かしさで久しぶりに旅日記を読み返したみたところ、自由で刺激に満ちたあの旅の記憶がハッキリと蘇り、

『なんていい旅をしてきたんだろう〜。』
感動に包まれて読みながら、あの時の思い出を形に残したいと強く思いました。

ライブドアブログでは、ブログを書籍化する機能が付いていて、少し高めですが本にすることができます。
『書籍化しよう!!』と思いつき、妹へのプレゼントも兼ねて2冊申し込み、完成を待つことに。

そして本が完成しました!!
タイトルは『フランス紀行』

7F25ABF9-4480-4A66-84FE-DA9ED6A63B44

ニースからバスで行った高台の小さな村。

0634792C-550B-421E-A0DE-6E29BF66A5CA

ニースの朝市

9C1D0EB3-B64E-4EC6-BE49-BD4E293838E2

プロヴァンスの農家レストラン。

6ECCCB01-8182-4AE0-A421-D79E76D9FEB1

今はもう見ることができないノートルダム寺院。

7974796A-0A70-48FF-8842-5AC605BDF8FE

パリの街歩き

B6D41E7D-A5C8-47E0-AF7C-20E89FF74CD6

この一冊にあの楽しかった思い出が全て詰まっています。

私たちがフランスを訪れたのは今から4年前の5月の末。
7泊9日の旅でした。

私は団体旅行が苦手でです。
色んな観光地を欲張って廻るツアー旅行は忙しすぎて、バスの移動時間も長いし、何よりも自由度が少ないのが負担です。
あまり欲張らず、訪問した都市を自分の足でじっくり味わう旅が好きなんで、妹と私の2人旅は、毎回航空券とホテル、移動のための列車のチケットだけを旅行会社に取ってもらうという個人ツアーを選択しています。

というと、まるで英語もペラペラ、すごく旅なれているような感じですが・・・
いえいえ、私たちは英語もろくに話せない上、Wifiも使わないまるで『昭和の旅』なんですよ。

地図を片手に、現地の人に助けられながら、とにかく自分の足で歩き回る珍道中。
目的地に辿り着けなかったり、レストランでメニューが読めず注文ができなかったり・・・
失敗や不安なこともいっぱいありますが、非日常の空間での大冒険は、その全てが愛おしく、忘れられない思い出としてしっかりと心に残っています。
添乗員付きのツアーでは決して味わうことができなかったと思います。

コロナが収束し、また元の日常が戻ってきたら、私たちはもう一度フランスに行くと決めています。
足腰が自由に動き、まだ元気なうちに、海外の色んな街を見てみたい!!
それが私の一番やりたいことだから。

次の計画を立てながら、再び海外旅行に行ける日を心待ちにしています。
 楽で安全なツアーもいいけれど、たまには冒険もまた楽し♪

ご興味がある方は、旅日記も覗いてみてくださいね。
12編の大作ですが、ピックアップして記事を貼り付けます。


《現地でのオプショナルツアーで行ったプロヴァンス》


《プロヴァンスの農家レストラン》


《3泊過ごしたアヴィニョンの街歩き》


《今は幻のノートルダム寺院》


《ノートルダム寺院から凱旋門へ。パリの街歩き》


 《メトロの改札口でのおもしろエピソード》


 


2020年10月23日20:50秋の洞爺湖満喫の旅《Part 6》洞爺湖に別れを告げて
旅の最終日(10月22日)
曇り空ですが、温かい朝です。

3日目の朝食は、洋食のレストラン(ギリガンズアイランド)に。
窓際の席に案内されました。

749CD7F2-FDD6-49A9-9457-FD5FF7A9954D

落ち着いていて素敵です。
初日はアメリカンスタイルにしたので、今朝はジャンボンスタイルをセレクト。

3973E092-B00B-4AB8-A326-531CA1DCCF1A

パンやジュースを取りに行く時はこのスタイルで。笑

15B71E2F-4A72-4F5E-993E-34DFEC826754

ここのパンはとてもおいしくて、特にフランスパンは最高でした。

いよいよチェックアウトです。
荷物を纏めてロビーに。

生花の生け込みもスケールが大きくて素晴らしかったです。

C58ECA42-286F-48A8-882D-1264E119F52E

ウィンザーホテルはロビーの開放感はもちろんのこと、部屋の清潔感、ベッドの快適さ、バスローブや食器類、アメニティーの豪華さ・・・
その全てが一流でした。

憧れのウィンザーホテルに再び来ることができて幸せでした。

旅の最後にレイクヒルファームに立ち寄ってジェラートを食べました。
ここのジェラートは毎朝牧場で搾乳された新鮮な牛乳をたっぷり使って作っているそうです。

2436E51C-339C-43AF-9B0D-4358FC4041B7

甘さは控えめで、とても優しい味がしました。

3泊4日の洞爺湖への旅。
ウィンザーホテルステイで自由で贅沢な時間を楽しむことができました。

普段色々考えることが多く、いつも頭はフル回転。
海外旅行に行くことで、非日常を味わうことが私の一番の癒しだったのですが、コロナでそれも叶わず、少し心も身体も疲れ気味になっていたのですが、今回の旅ですっかりリセット。
大自然に抱かれて、パワーもいっぱい充電することができました。

その上、どこに行くとか何を食べるとか・・・考えることは全て3人にお任せして、私はずっとサボっていた感じです。笑
運転も全て妹の旦那さまがしてくれるので、移動中は車窓の景色をぼんやり楽しんだり、ウトウトしたり。。。
写真を撮って旅日記を書くという記録班の役割だけは果たしていますが、脳を休ませて本当の意味でのんびり過ごすことができました。
交感神経が鎮静し、ユルユルと力が抜けていることを感じます。
充電バッチリ!!
明日からまたがんばれそうです。

go toトラベルのお陰で、信じられないくらい低価格で、素晴らしい旅ができました。
4日間の素敵な思い出を抱えて帰ります。

自然にも人にも・・・その全てに感謝です。

23799AB2-FC8F-4BBF-9CFF-91E10EB77717















 


2020年10月22日23:30秋の洞爺湖満喫の旅《Part 5》ウィンザーホテル〜登別温泉へ
旅の3日目(10月21日)
今朝も朝早くすっきりと目覚めることができました。
ウィンザーホテルのベッドは私にとって最高レベルの心地よさです。

5時40分、5時から朝のウォーキングに出ていた妹の旦那さまから夫に電話がありました。
少し早すぎるようですが、寝ているかもと気を使ってこの時間まで待ってくれたようです。笑

彼が一刻も早く伝えたかったこと・・・
それは『雲海が出ている』と言うビッグニュースでした。

『えぇ〜!それは絶対見なくっちゃ〜!!』
大急ぎで服に着替え、昨日のビューポイントに向います。

でも・・・時すでに遅し・・・
私たちが到着した時には雲海はほとんど消えていて、それでもわずかに名残りが。。。

D4B9CB1A-D052-4E1B-AAC1-E5209E59E352

E8B8F5AC-C4C7-4354-8C3E-18AFA9F0BDEC

一面に広がる雲海は見ることができなかったけれど、朝日を見ることができました。

FE625C21-492C-4361-AAD8-4363405B73A7

朝日を浴びた羊蹄山も美しいです。

1614AC8E-9B31-44E1-B7BC-0710959BF380

清々しい朝の新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んで。
エネルギーチャージ。

私たちは見ることができなかったけれど、後で送ってもらった雲海の写真です。

8BD5F0D9-A4C7-40CB-A64B-C080AC5983C4

CC9D01B2-4B0D-4B05-B811-90E4363FC1C6

素晴らしい!!
雲海を見るのには星野リゾートの『雲海テラス』に行かないと思っていたのですが、ウィンザーホテルでも見られたんですね。

今朝は雲ひとつない晴天で、放射冷却が起きて気温は2度まで下がったようです。
全ての条件が揃わないと雲海は見ることはできないそうですが、最高のタイミングだったんですね。

朝食は和食のレストランに行きました。
こだわりの詰まった食材の中で、私が特に印象に残ったのはこの納豆。

69D48BC5-B912-4407-94E3-988A26D4B202

北海道産の大粒の黒豆を使った納豆で、ウィンザーホテル限定の納豆とのことで、納豆本来の美味しさを味わうために、醤油ではなくて花塩を降って食べるのが特徴です。
全く臭みがなく、こんなにもおいしい納豆は今までに食べたことがありません。
納豆嫌いの妹の旦那さまにとっての初納豆。完食でしたよ。

朝食後は登別温泉に向けてのドライブです。

まずは洞爺湖畔の彫刻公園に立ち寄って、湖畔からの洞爺湖を眺めます。
穏やかな水面を眺めるのもいいものです。

B218AB51-F42C-42B2-B955-656A1828A9DF

36B26F43-2DD4-437D-BF5D-96F92B8E107C

秋色に染まった湖畔の公園は開放的で、素敵な散歩コースです。
ここで1日のんびり過ごすのもいいなぁと思いながら・・・

0B2FB1F1-A37F-41DE-B8B6-472141955E2D

4CDD2080-4071-47CB-9B1E-48686270862C

彫刻は58基あるそうですが、ここにはライオンと大きな顔の彫刻がありました。

764493AD-566F-4751-921B-64CE7021E369

登別温泉の外湯に行く途中で、例の伊達納豆の製造元に立ち寄りました。
お店の方はとてもいい方で、関西まで持って帰ると言うと保冷剤なども用意して下さることに。
わざわざ買いに来たことをとても喜んで下さいました。

D1322517-BD6E-465C-9D17-1AE2ED8F859B

《伊達納豆》
電話 0142-23-2648
ネット販売もされているようですよ。
ご興味のある方は是非♪

お昼は室蘭の屋台村に立ち寄り、名物の『ホタテの玉焼き』と、『煮つぶ』を食べました。

D9477A3B-8B61-4CEE-8995-1E3F96922DC9

『ホタテのたま焼き』は、 いわばたこ焼きの中にタコではなく、ベビーホタテが一個入っています。
大阪出身の私たちとすれば、『たこ焼きの勝ち』かなと・・・笑
室蘭の方ゴメンナサイ。。。

『煮つぶ』はサザエの壺焼きのような感じで、サザエの代わりがつぶ貝で、これはとてもおいしかったです。 

登別温泉へ続く道は、山々の紅葉の真っ只中で、快適なドライブでした。 
山道なんで車を止めて写真を撮ることができないのがちょっと残念。。。

目的地の登別温泉にやってきました。

749F4480-FBDC-4195-9D75-21E82F518602

AF7F4B21-E77A-4A4A-83CC-6F53DF7FBECA

登別グランドホテルでお風呂に入ることに。

1560AF49-A237-4BB1-9CCA-C08E1CE150DD

AB40B0D2-07EA-4688-871A-8643CFD42373

昼間の外湯はほとんどお客様はいなくてゆっくり入浴することができました。
さすが登別!!源泉掛け流しの温泉で泉質は最高でしたよ。

夕食は伊達にある居酒屋に行きました。 
北海道らしいものをいっぱい食べて、お腹も満足です。

CE6436C7-196B-47EB-9F14-FD3B5D6F427C

美しい景色、新鮮な空気、おいしい料理・・・全てが心に残るものでした。
心も身体も満たされて幸せ気分でホテルに戻ります。

充実した旅の最後の夜となりました。

Part 6に続きます。

 


2020年10月21日23:27秋の洞爺湖満喫の旅《Part 4》有珠山〜室蘭地球岬
旅の2日目
レイクヒルファームを後にして、有珠山に向かいました。

EF7A452F-8070-4EC2-85FF-BCDD034B3A9E

ここからはロープウェイで山頂に。

6861B1EA-FA16-4DD0-A769-9EFC09996E6C

約6分で山頂駅に到着です。

A7CE2EFB-C8CF-4372-B1F8-0FE7DF01D223

ロープウェイを降りたら火口原展望台までのウォーキング。
遊歩道が整備されていますが、この階段は結構きついです。

D481A30C-69D0-495A-BFA1-50B757A847EB

頑張って上ったら、景色がパッ〜と広がって・・・
眼下には噴火湾、羊蹄山、洞爺湖、中島の遠景などが見おろせます。
まさに絶景です。

火口原展望台
BEB4129A-2808-4C9C-A05C-6544C790B607

これは1977年に噴火した火口だそうで、この噴火によって後ろに見える昭和新山ができたそうです。

後ろを振り向いてみたら・・・
こんな景色が広がります。

5297FA92-15CF-4F9F-BED8-4D85707A23F0

昭和新山です。
あんなに離れたところまで影響するなんて、地球の神秘を感じます。

19B39C4C-602A-4F76-AB6E-F5F7906D837E

逆光で見えにくいのですが、洞爺湖の向こうには羊蹄山が見えます。

1702A757-2287-48A3-9A16-C2CF3DAF7631

有珠山に上がって良かったです。
自然のパワーをいっぱい受け取って帰ります。

C03989E6-CCA8-4F64-8635-A920A0C879C4

左にある白い建物がロープウェイの山頂駅です。
そこまで歩いて、ロープウェイを降りたら、昭和新山を間近に見ることができました。

7F9FA816-9570-4C10-A22D-8FFB16AD062C

雲が切れて青空が広がりました。
山肌がくっきりと描き出され、とてもきれいです。

有珠山を後にして次は室蘭の地球岬に向かいました。
地球岬は夫がずっと行きたがっていたところです。

でも地球岬に向かう途中は工業地帯が広がって、なんか今までとは全然違う景色です。。。
『こんなところがいいの?』なんて、ブツブツブツ言っていたのですが・・・

地球岬に到着するやいなや、美しい海の景色にみんな感動‼️
太平洋です。

381B002B-5061-40DC-A1F1-B785C3B187BA

展望台からの景色は絶景そのものです。
灯台もありました。

6A314BAB-E9F5-4B48-8C13-E7488A87A52C

パノラマに広がる景色を写真ではうまく表現できないのが残念ですが・・・
水平線はよく見るとまぁるくなっていて、地球は丸いんだと実感。

気持ち良すぎて、みんなのテンションは最高潮。
そして・・・薦めた夫は得意顔。

展望台のところに『幸福の鐘』がありました。
妹がダイナミックに大きな音を響かせたので、ちょっと気を使ったけれど。
2人のシルエットがなんかとてもいい感じでした。

F7AF7873-58CF-4967-B382-8CD0BF774A54

夕食は伊達に行って回転寿司に舌鼓。

CDB9B55D-7C38-439D-8577-53E8DBC8F2B0

とても新鮮でおいしかったのに、余りにも安すぎて『間違っているのでは?』と思ったほどでした。

旅の2日目も充実した素晴らしい1日になりました。

E3CA272D-F8C1-4F0C-A05C-FF344CC552C1

3日目は登別温泉に行く予定です。

Part 5に続きます。








 

2020年10月20日23:29秋の洞爺湖満喫の旅《Part 3》朝の散歩〜レイクヒルファーム
ホテルのベッドはとても気持ち良くて、ぐっすり眠ることができました。
朝、6時に目覚めたらすぐにこんな景色が目に飛び込んできて・・・

4CC3D178-9C1C-4CB9-A555-71CEB3729ABE

『わぁ〜!きれい‼️』

なんて心地よい朝なんでしょう。
昨日チェックインした時には気がつかなかったのですが、お部屋はオーシャンビューだったようです。

自然の風景があまりにもきれいだったので、朝食前に朝の散歩に行くことに。
人のいないロビーも朝日を浴びてます。

7DB1EC5A-B580-4FA7-A2DF-4924D33062F8

ホテルの外に出ました。
どうも海側に出たようです。

29156E7A-DF42-49FA-B084-7DB97B8B4B86

誰もいないのでマスクを外して歩きます。
少し肌寒いけど、空気が澄んでいて気持ちいいです。

48A73168-B492-4636-9E4A-801CC9BEDC33

ウィンザーホテルの外観を眺めながら。

05B06F5A-50F6-4A71-AC5A-0FD202582896

483CFEFD-99A8-4606-8FF0-64FE93A32339

一足先に行っていた夫たちが見つけた高台のビューポイントに行きました。

ここは四方八方見渡せて、景色は抜群です。

E82B3F33-0202-4E93-B143-AA44159EDD1D

CC1A69C4-BD2D-425C-81A5-044E384A3BAF

少し雲が邪魔してるけど、あれは羊蹄山。

C924EE3C-E8FB-429F-83F7-7EA489F2BB36

少し身体が冷えてきたので、朝食を食べにホテルに戻ります。

EB40D6E6-B551-4F80-B331-BF2A8CA1684C

0D7A5006-C20C-4D7B-822B-B4648D8FD983

円形のエレベーターホール

6D4E8236-B416-42B1-83D7-139B9C86DE3E

今日の朝食

ABAEA97F-1EB9-4C2D-AECD-F8A84DF4AFCF

朝食のパンがおいしすぎて・・・少し食べすぎちゃいました。笑
(パンとジュースはバイキングになってました。マスク、手袋着用で取りに行くので、感染対策万全ですよ。)

今日の目的地の有珠山に行く前に、レイクヒルファームに立ち寄りました。

CED58A11-4C9F-4F30-86B3-387C5DE2FB06

とても可愛い外観です。

F0BA6B26-1D0E-45AD-AD20-14D27DFF832F

開放的な景色にテンションが上がります。

32F3BE3A-8E56-4F19-A3CF-F249AD0CAA69

向こうに見えるのは羊蹄山。
この景色を見てはっきりと思い出しました。

16年前に家族で洞爺湖に来た時、羊蹄山をバックに楽しんで写真を撮ったのはここだったんだと。
懐かしさが込み上げます。

2B9FC143-40AA-44A0-BEB9-CEF2E4A8A3CA

当時はこんなおしゃれなお店はなくて、まぁるく牧草が積んであったっけ。
でも自然は何ひとつ変わってないことがうれしくて・・・

あの頃を思い出し、4人で写真を撮りました。

平均年齢65.5歳。
みんなノリノリです。笑

F95C0553-714F-4569-9ECF-CE98F13370F3

63DD7DC9-9B83-47CE-AE3C-FE1E08AB2E05

B436AE25-ECF9-4492-AB90-3EC9A96893D0

朝からいっぱい遊びました。
めっちゃ楽しくて、いっぱい笑ったね。

ヤギのゆきちゃんともお別れして、そろそろ有珠山に向かうことにします。

72616295-22C0-42F3-9EA7-D9A97439B5E8



Part 4に続きます。