アロマ

2021年09月08日22:25お客さまは晴君です。
コロナの蔓延で私の住む京都府にも緊急事態宣言が発出され、仕事もすっかり暇になってる今日この頃ですが・・・
今日は可愛いお客様さまをお迎えすることに。

お客さまは娘の次男の晴君です。
晴は現在3歳10ヶ月。
いつも元気で明るく、エネルギーに満ち溢れているのですが、なぜか鼻風邪をよく引いて、耳鼻科とは縁を切ることができません。。。

今日はそんな晴の体質改善を目的にアロマをすることにしました。
(セッション中の写真担当は、付き添いの娘です。)

『晴君 いらっしゃいませ〜。』

ちょっと緊張するのかな?
いつもと違い少し照れ気味ですが・・・

8D0BBDD2-6C1D-4115-B442-24B479128574

小さなお客様でも、大人と同じように、一緒に精油選択を行いますよ。

まずは子供にも優しい精油をムエットにつけて色々香ってもらうことに。

42FF7F01-0928-4B63-A537-CF45303CED94

オレンジ、ラベンダー、マンダリン。。。
幼い子供でもちゃんと香りの好みはあって、好きな香りやいらない香りに『YES』『NO』
ちゃんと反応できるのですから、精油選択はセッションの軸となる大切な時間です。

ふと見ると晴がケースの中から精油を1本取り出し、ムエットにつけて香っているではありませんか。

9F1D8E06-CA70-4885-9DE0-31629E55FCA2

長い間この仕事をしてきたのですが、自分で気になる精油を選び、勝手にムエットに付けて香った人はいなかったから。
好奇心旺盛な晴には驚きです。

晴には子供にも優しくて安心できる精油の『マンダリン』を単体で、ホホバオイルに希釈して使うことにしました。

『ハイ‼️ 全部脱いでベッドに上がってね。』
『オ◯ン◯ンが見えちゃうよ〜。。。』by 晴

いつもはすぐに見せたがるのに、このシュチエーションでは恥ずかしいのかしら。
『大丈夫!晴が大好きな赤のサロンで隠すからね。』

5D9EF86D-78B1-498D-BE3C-CADF46A44FB2

ベッドに横になった晴はなんだかうれしそうです。
足のマッサージから始めるよ。

E5BC851F-C2D9-40F6-ACE0-B5FC88A5D894

いつも陽気な晴はベッドの上でも笑顔がいっぱい。

BE681063-0C4C-489F-B519-F1D2DE72D846

でも首のあたりはくすぐったくて苦手のようです。

14522D6C-DA53-49D9-BBCD-11D430BFDFA3

背面もマッサージして、もう一度上を向いて次は頭もマッサージしますよ。

E9B5FACE-2378-4A90-BE8C-7869DC35A738

これは気持ちよさそうで、少し大人しくなりました。

お顔もマッサージするよ〜。
鼻の周りが気になったので、そこは念入りにマッサージ。
そして・・・フェイスラインも忘れずに。

78D267E3-4A5E-455B-9089-296F819CD873

終わった後はすっかり美男子になりましたよ。

CA5DEEF2-9263-495A-8A84-1643A638E1EC

晴の体を触れてみて感じたことは、心身ともに健全で何も問題がないと思いました。
多分鼻の粘膜が弱いせいだと思うので、鼻の周りを中心にお顔のマッサージが有効かもと、ママに自宅でのケアをアドバイス。

もっと体力がついたらきっと大丈夫だと思うけど、早く耳鼻科とバイバイできる日が来たらたらいいね。

お抱えアロマセラピストがいる娘は幸せだなぁ・・・
と、自分で言っておくことにします。







 

2021年08月18日19:00夏の冷えには御用心
10日くらい前のことです。
入浴中にふと体勢を変えようとした時に、左の腰に『ズキッ』となんとも言えない鈍い痛みが走りました。

これっていわゆる『ギックリ腰かしら?』
嫌な予感が脳裏に浮かびます。
お風呂を出た後はソロリソロリとしか動けなくなって、その夜はベッドに横になるのも一苦労。

翌朝は前に屈むことが困難になり、洗顔や下着をつけるのも大変になってしまいました。
それでもなんとか普通に生活できたので、庭の菜園の様子を見に行ったところ、しゃがんだ姿勢から立ち上がろうとした瞬間・・・
激しい痛みが走り、ひとりでは立ち上がることができなくなって夫に助けを求めることに。
もう大ショックです。

思い起こせば数日前からなんとなく腰の辺りに違和感を感じていて、運動不足で筋肉が固まってしまったのではないかなと前兆には気づいてはいたのですが。。。

翌日は安静にして様子を見て、翌々日整形外科に行こうかとも思ったのですが、身体を動かした時だけに痛みを感じ、じっとしていてもズキズキ痛むことはなかったし、多分レントゲンを撮っても骨には異常がないだろうと思い、整形外科はやめにして、整骨院で診てもらうことにしました。

受診の結果はやはり筋肉が固くなって血流が悪くなっているとのことでした。
知らず知らずのうちに筋肉疲労も溜まっていたのだと思います。

運動不足になっているのを自覚しつつ、夏の暑さのせいでなかなか運動を始めることができなかった上、かなり身体を冷やすことをしていたなぁと、原因は色々心当たりがありました。

私は元々あまり冷たい飲みものを好まず、夏でも飲み物はホットか、自然冷えで氷を入れずに飲んでいたというのに、この夏はアイスコーヒーを好み、特にクリームコーヒーにハマって、その上かき氷まで食べていたんですよね。笑

コロナのせいにはしたくないけど、昼間はほとんど一日中エアコンのある部屋で過ごし、夜は夜で一晩中エアコンを切らないことも、大袈裟だけど人生初めてでした。
夏でも湯船にも浸かって入浴するのは当たり前で、クライアントさんにも『シャワーだけではなく湯船にも浸かって、身体を温めて下さいね。』なんて勧めていたというのに・・・
今年はシャワーで済ませることも多くなっていたのです。

ヨガやウォーキングもサボっていて、最近はすっかり運動不足になっているのを気にしてはいたのですが・・・
思い起こせば、知らず知らずのうちにかなり心身を冷やし、血流が悪くなる生活をしていたツケが回ってきた感じです。。。

それなら『薬に頼らずアロマを使って自分で治そう!!』と密かに決意。
痛みのきつい当日はジュニパーやバジル、ペパーミントなどをブレンドして塗布しつつ、痛みが治まってからは反省点を踏まえ、生活を改めることにしました。

・まずは湯船に湯を張ってゆっくり身体を温めること。(この際ガス代は気にしないことに。)
・冷たい飲み物を控え、特にかき氷はやめること。(これは簡単ですよね!)
・朝のラジオ体操を復活させ、ウォーキングも無理のない程度に生活に取り入れること。(これはいつまで継続できるかなぁ〜。)
・自分のためにアロマのセルフマッサージを定期的にすること。(人のためばかりではではなくまず自分のメンテナンスを。)

身体を温めたことと、アロマのマッサージが功を奏したのか、幸いにも痛みは数日でおさまり長引くことないなかったのですが、今回のショッキングな出来事は、当たり前の生活がどれほど幸せなことなのかということに気付かされた出来事でした。

コロナの蔓延にも同じことが言えるのですが、自分の行きたいところに行けることも、自由に動けることも決して当たり前ではなく、とても有難いことだったのだと改めて痛感。

『冷えは万病のもと』ずっとそう信じ実践していた私でしたが、緊張感のない日々の生活の中で、大切なことを見失っていたことにも気がつきました。
そしてアロマの偉大な力を再認識できたいいきっかけにもなりました。

まだまだ暑い日々が続きますが、皆さんも冷たいものを取り過ぎて体を冷やさないように。
暑がりで体感的には冷えを感じてなくても、体の深部や内臓が冷えていることはよくあることです。

夏の冷えは秋に不調をもたらすことが多いので、冷えには気をつけて残りの夏を乗り越えて下さいね。


《本日の腰ケアのためのブレンド》
F186FDA2-91DE-4D89-9A71-03F06E583083

《使った精油》
    レモングラス ・バジル・ローズマリーシネオール・マジョラム




 

2021年06月01日11:30アロマのお話 その5 《ペパーミント》

今回の『アロマのお話』はペパーミントです。

ミントの仲間は色々ありますが、清涼感のあるスッとした芳香は、ミント特有のメンソールという成分によるもので、ガムなどの菓子類や、歯磨き粉や、化粧品にも使われていて、みなさんにも馴染みの深い香りだと思います。
中でも最もポピュラーなのがペパーミントです。

我が家の庭にはペパーミントがいっぱい育っています。
ペパーミントの繁殖力は半端なく強く、種と地下茎でどんどん増えて、他の植物を駆逐してしまうハーブで、『ミントテロ』とも言われるくらい。

先日のブログにも書いたのですが、ジューンベリーの近くに植えていたペパーミント。
いつしかどんどん広がってジューンベリーの足元にまで侵食し、元気がなくなったのはペパーミントのせいではないかと疑い、ジュンベリーの周りは全て抜き去ったくらいです。

今は広がらないように場所を限定して育てていますが、相変わらず元気はいっぱいです。

850C5277-3A18-4A61-B6BE-7A01BA9140EE

2種類のペパーミントとスペアミントを育てています。

56978220-C958-44A6-B07E-164330912F59

2ABF8E00-24B6-48DE-AC41-1705D66033C7

3D4FAF9A-80AF-41B6-A2E1-53B22BAEC25F

私がミントを沢山育てたかったのは、ハーブティーの材料としてはもちろんなんですが、『ミントシロップ』を作りたかったから。
ミントシロップはサッパリとおいしくて夏にはうってつけの飲み物です。

そんな訳で今朝はミントの収穫をしました。

D60F5907-311A-48C4-95A3-BE54D077C957

葉っぱだけで100g欲しかったので、このくらいで大丈夫ね。

6FAED362-4585-4873-8937-19C6D316B98B

収穫した葉っぱをきれいに洗い、沸騰した鍋の中に砂糖を加え、ペパーミントを入れてエキスを抽出します。
超簡単にミントシロップの出来上がり〜。

AE7642B9-C71C-4EE7-A789-E679709F0E6C

これを炭酸で割っていただきます。
かなりおいしいですよ。

ミントシロップの作り方はクックパッドに投稿済みです。
             
          



後は葉っぱをサッと洗って逆さまに干して、ハーブティー用に乾燥中。
ハーブティーにすると、食べすぎなどの消化促進や、胸やけなどにも効果があります。
また気持ちのリフレッシュにもいいですよ。
詳しい効能は後述の『アロマのお話』に書いています。

A68BDFEB-3360-4CF5-963C-603C6F94A480

以上はハーブとしてのペパーミントの利用法。
ここからはアロマ精油のペパーミントのお話をしますね。


《アロマ精油としてのペパーミント》

多くの種類があるペパーミントは精油は、ヨーロッパの原産ですが、日本にもアメリカ合衆国にも生育していて、現在はアメリカがペパーミントの主要生産国のなっています。

抽出部位は葉、蒸気蒸留法で抽出します。
ペパーミントはパワフルで圧倒するような香りを持つ精油のため、用量には十分の配慮が必要です。

ペパーミントのメンソールの香りは頭をスッキリさせ、気分をリフレッシュさせるのに効果があり、眠気や精神疲労を取り去ります。
乗り物酔い、時差ぼけ、鼻詰まり、花粉症、頭痛などにも有効です。

私は乗り物にはあまり強くないので、海外旅行には必ずペパーミントを持っていきます。
コロナが蔓延する以前でも長時間のフライトでは乾燥を防ぐために必ずマスクを着用していましたが、その中に一滴のペパーミントオイルは欠かせません。
ペパーミント一滴の爽やかな香りが長いフライトの疲れを癒し、気分を爽快にさせてくれますよ。

また消化器系の不調を整えるはたらきもあり、胃もたれ、食欲不振、消化不良、下痢、腹痛などにも効果があります。
私は消化器系の不調に関してはハーブティーとして利用することが多いですが・・・

ペパーミントは加温効果と冷却効果の両方があり、解熱や筋肉痛緩和にも利用されています。
炎症が起き、熱を持っている場合は、ペパーミントを加えた水に浸したタオルで患部を冷湿布するといいですよ。
また冷却作用は怒りやイライラなどの精神的な興奮に対して鎮静作用があるので、ペパーミントの香りは手助けになってくれることでしょう。

5E630F7D-CB9E-4AB1-93C6-74EA4146BC1A

また風邪の予防や、鼻詰まりや喉の痛みなど風邪の症状の緩和にも有効です。
ティッシュに1滴落として吸い込んだり、マグカップに熱湯を入れペパーミントを1滴落として蒸気を吸入したり、マスクスプレーを作ったり、芳香器を使って拡散させるなど、色々な方法での効果が期待できます。
ただし皮膚や粘膜を刺激する場合があるので、吸入の場合は目を閉じて行うなど、使用には注意が必要です。

私は全身のマッサージには基本的にペパーミントは使いませんが、目的を持って局所的に用いることはあります。
皮膚に使用する時は、必ず薄い濃度に希釈して下さいね。

後、オススメはお掃除に利用することです。
ティッシュペーパーにペパーミントを一滴落とし、まずはそのティッシュを吸い込んでから掃除機をかけると、爽やかな香りが部屋に広がって、部屋の空気もクリアになって気持ちいですよ。

生でも精油でもお役立ちのペパーミント。
みなさんも生活に取り入れてみてはいかがですか?


《過去のアロマのお話》





 




2021年01月17日17:06アロマのお話 その2《ベルガモット》
シリーズで継続的に書くつもりが、気がつけば3ヶ月も経過していたようで。
久しぶりの『アロマのお話』になってしまいました。。。

今回のテーマはベルガモットです。
ベルガモットはミカン科の精油で、産地は主にイタリア南部です。

735902F5-F40A-42ED-BDA4-E0D45BE39031
                   《AEAJ アロマテラピー検定テキストから引用》

産地がイタリア南部と聞いただけで、なぜかテンションがアップしてしまうワタシですが・・・

ミカン科といっても抽出部位は果肉ではなく果皮なんですよ。
すがすがしくフルーティーな香りはオーデコロンの原料や食品の香料にも利用され、特に紅茶のアールグレイの香りづけに利用されていることは有名です。

あまりアロマに馴染みがない方でも、知らないうちにベルガモットの香りに触れていたのかも知れませんね。
私は学生の頃からアールグレイの紅茶が大好きだったのですが、今思えば昔からベルガモットの香りに惹かれていたのだと・・・妙に納得です。

ベルガモットには抗菌作用や消炎作用、消化促進作用などさまざまな効用がありますが、特にベルガモットの香りがもたらす心を穏やかに鎮静させ、気持ちを高揚させる作用は、ストレスで不安やうつ状態になっている時にはとても有効です。
滞った気の流れをなめらかにし、リラックスに導いて、心身のバランスを立て直すための効果が期待できる優れた精油です。

AEAJのアロマサイエンス協会の研究データによると、芳香浴として用いただけでも『香りなし』の時に比べて、混乱の軽減、活気の増加、精神的疲労の低下など、自律神経の安定に効果があることが検証されています。
またコロナ禍の中でもストレス緩和と免疫力アップにも有効であることも確認されています。

芳香浴だけでも効果が期待されるのですから、ベルガモットを使ったアロマテラピートリートメントでは、ダイレクトに精油が身体に吸収され、より一層の効果が得られることは私の長年の経験から確信しています。

ただベルガモットは使用後の肌に強い紫外線が当たると皮膚への刺激がある(光毒性)ので、使用には注意が必要です。

ベルガモットにまつわる私の経験をお話ししたいと思います。
私がアロマテラピーの勉強を始めたのは今から約17年程前のこと。
まず最初に惹かれ、大好きになった精油はベルガモットでした。
芳香浴にもセルフマッサージにも、ベルガモットが手放せなかったことを思い出します。

あの頃は私の人生の中で一番大変な時期で、人目には普通に生活してはいましたが、内面は大きな悲しみや孤独感を抱え、生きていくのが精一杯だった時期でした。
そんな時期に出会ったアロマ精油に癒しを求め、特にベルガモットには強く惹かれたのだろうと・・・
まだ薄っぺらな知識しかない私でしたが、思考ではなく感覚で自分の最も必要な精油を選んでいたのだと思います。

今の私があの頃の私にセッションをするとしたら、きっと大きな安心感を与えて包み込んでくれるベルガモットを真っ先に選び、提案しただろうと。

822983FD-40A9-45C2-A664-7FB03039DFDB

今でも自分を取り巻く環境の中で心乱れることはありますが、ベルガモットを自分のためのブレンドに加えることは少なくりました。
ベルガモットは今もなお好きな精油のひとつではありますが、あの頃の不安定さはなくなり元気になった自分の変化を外側から見つめています。

アロマテラピーとはアロマ(芳香)テラピー(療法)です。
品質の高いアロマ精油を正しく使えば、心身の健康維持に大きな役割を果たすことができるのです。

アロマへの理解が一般的に思われているような『少しおしゃれな癒し方』と表面的なものだけにとどまらず、医療との間を埋める重要な役割を果たせるということをもっと世の中に伝えたいと思っています。

554B7E92-1780-4011-B413-B0C99F46E50D

コロナ禍で自殺者も増えているこんな苦しい時期だからこそ、本当に必要な方にこんな方法もあることを伝えたい気持ちでいっぱいです。
もし今が苦しくてひとりで悩んでいる方は、ぜひ一度私に会いに来て欲しいです。

こんなことを書くと受け取る相手の反応が気になって・・・長年ただ待ちの姿勢でしたが、私に残された時間も永遠ではないと最近強く思うようになりました。

アロマを正しく理解し、日常の生活に取り入れることより、閉塞感の中から抜け出す糸口が掴めるのではないかと。
私はそのきっかけでしかないけれど、自分の力で心と身体を立て直し、これからの人生をもっと輝かせていって欲しいと思っています。

ベルガモットのヒーリングエネルギーと共に私の熱い思いが、あなたの心に届きますように・・・



アロマのお話 その1 《スウィートマジョム》


 


2020年06月19日23:01アロマのセッション再開です。
新型コロナウィルスの感染拡大で、緊急事態宣言が発令されてからお休みしていたアロマのセッション。
6月中旬からようやく再開することができました。

ステイホームの2ヶ月間に私の身辺では色んなことが重なって・・・
私はすっかり弱ってしまい、前を向いて進むことが出来ずにいました。

その上、コロナ感染防止の為のオンライン主流の世の中の流れにはどうしても馴染めず、私がずっと大切にしてきたことはどこに行ってしまったんだろう・・・
今まで頑張って築いてきたものまで、足元から大きく揺さぶられるような気がして、このまま仕事もやめようかという心境にもなっていたのです。

1FDBD908-C3BC-41B6-AA18-8C4347828687

でもそんな私を救ってくれたのは、クライアントさん達でした。
毎月定期的にセッションを受けに来てくれていたクライアントさんのひとりから、他府県への移動が解除された6月になってすぐに予約が入り・・・
3ヶ月ぶりのセッションを、『待ち焦がれていた。』と言って下さいました。
その他にも何人かのクライアントさんがすぐに予約を入れて下さって、『また行けることを励みに頑張っていた。』とのうれしい言葉も。

迷いや不安でグズグズしていた私ですが、クライアントさん達に背中を押され、もう一度前に進む勇気が湧いてきました。
私を信頼してくれる人がいることはありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

C127D941-AABE-4103-948A-1322166CBCEB

アフターコロナでの世の中の動きに適応した場作りはどうしたらいいのかな。
感染防止を踏まえた新たな環境作りには気を遣いながら・・・

いつもは落ち着ける静かな空間作りのため、セッションルームの窓を締めきっていたのですが、お天気に誘われて部屋の窓を開けてみたところ、鳥のさえずりが聞こえ、自然の中でやっているような開放感が。

本来エサレンボディーワークは自然と一体化した開放的な空間でするのですが、『日本の住宅街の中ではそんなことはできない』と思っていたのは私の思い込みだったと気づいたり・・・
クライアントさんも『鳥の声が心地いい。』ととても気に入った様子です。

ヒーリング音楽も森の中の自然音を使ってみたり、いつもとは違う雰囲気を味わいながら、今は新しい発見を楽しんでいます。

3B482230-11A2-483D-856D-40B823E424D6

セッション中のマスク着用の有無やクライアントさんとの距離感・・・
頭で考えたらまだまだ迷いもいっぱいありますが、クライアントさんの価値観と照らし合わせながら、一緒に作り上げていったらいいのかなと、自然の流れに任せることにしました。

アロマのセッションは大好きで、こんな仕事に巡り合った私はとても幸せものです。
クライアントさんの変化に立ち会えること、輝いた笑顔を見ることができることは私の生き甲斐に違いなく・・・これからも大切に育んでいきたいと改めて思いました。

コロナと共に私の中で起きた大きな揺さぶりも、再構築への変化の前触れだったのかも知れません。

気負わず、迷わず・・・
自然体で進んでいけたらと思っています。

1A1685FF-EDC9-4560-BE96-20B55B63B957