フランス紀行

2021年03月19日22:23ブログを書籍化『フランス紀行』
私が初めてフランスを旅したのは、2017年の5月のことです。

海外旅行にはいつも妹と一緒に行っているのですが、特に2人で行ったフランス旅行は楽しすぎて、人生の大切な宝物になっています。

『もう一度行きたい!!』そんな思いに突き動かされ、翌年再びフランス旅行を計画しながらも、航空会社のストで直前のキャンセルに。。。
そんな訳でフランスには思いを残したままになっていたのです。

昨年からはコロナウィルスの蔓延で、フランスは今まで以上に遠い存在になってしまいました。
2人で歩き回ったパリの街がコロナで閉ざされている映像を見るたび、切なくて。。。
もう一度あの時の思い出を辿ってみることにしました。

私は旅の記録を全て『旅日記』としてブログに綴っています。
ブログに書くことで記録としては残っているのですが・・・今までは全く読み返すことはありませんでした。

懐かしさで久しぶりに旅日記を読み返したみたところ、自由で刺激に満ちたあの旅の記憶がハッキリと蘇り、

『なんていい旅をしてきたんだろう〜。』
感動に包まれて読みながら、あの時の思い出を形に残したいと強く思いました。

ライブドアブログでは、ブログを書籍化する機能が付いていて、少し高めですが本にすることができます。
『書籍化しよう!!』と思いつき、妹へのプレゼントも兼ねて2冊申し込み、完成を待つことに。

そして本が完成しました!!
タイトルは『フランス紀行』

7F25ABF9-4480-4A66-84FE-DA9ED6A63B44

ニースからバスで行った高台の小さな村。

0634792C-550B-421E-A0DE-6E29BF66A5CA

ニースの朝市

9C1D0EB3-B64E-4EC6-BE49-BD4E293838E2

プロヴァンスの農家レストラン。

6ECCCB01-8182-4AE0-A421-D79E76D9FEB1

今はもう見ることができないノートルダム寺院。

7974796A-0A70-48FF-8842-5AC605BDF8FE

パリの街歩き

B6D41E7D-A5C8-47E0-AF7C-20E89FF74CD6

この一冊にあの楽しかった思い出が全て詰まっています。

私たちがフランスを訪れたのは今から4年前の5月の末。
7泊9日の旅でした。

私は団体旅行が苦手でです。
色んな観光地を欲張って廻るツアー旅行は忙しすぎて、バスの移動時間も長いし、何よりも自由度が少ないのが負担です。
あまり欲張らず、訪問した都市を自分の足でじっくり味わう旅が好きなんで、妹と私の2人旅は、毎回航空券とホテル、移動のための列車のチケットだけを旅行会社に取ってもらうという個人ツアーを選択しています。

というと、まるで英語もペラペラ、すごく旅なれているような感じですが・・・
いえいえ、私たちは英語もろくに話せない上、Wifiも使わないまるで『昭和の旅』なんですよ。

地図を片手に、現地の人に助けられながら、とにかく自分の足で歩き回る珍道中。
目的地に辿り着けなかったり、レストランでメニューが読めず注文ができなかったり・・・
失敗や不安なこともいっぱいありますが、非日常の空間での大冒険は、その全てが愛おしく、忘れられない思い出としてしっかりと心に残っています。
添乗員付きのツアーでは決して味わうことができなかったと思います。

コロナが収束し、また元の日常が戻ってきたら、私たちはもう一度フランスに行くと決めています。
足腰が自由に動き、まだ元気なうちに、海外の色んな街を見てみたい!!
それが私の一番やりたいことだから。

次の計画を立てながら、再び海外旅行に行ける日を心待ちにしています。
 楽で安全なツアーもいいけれど、たまには冒険もまた楽し♪

ご興味がある方は、旅日記も覗いてみてくださいね。
12編の大作ですが、ピックアップして記事を貼り付けます。


《現地でのオプショナルツアーで行ったプロヴァンス》


《プロヴァンスの農家レストラン》


《3泊過ごしたアヴィニョンの街歩き》


《今は幻のノートルダム寺院》


《ノートルダム寺院から凱旋門へ。パリの街歩き》


 《メトロの改札口でのおもしろエピソード》


 


2017年06月06日15:39フランス紀行《ニースに向けて》
今朝、無事フランスから帰国しました。

初めて行ったフランスは感動の連続で、本当に行って良かったです。
ツアーではなく自分の足で歩いたニース、アヴィニオン、パリの思い出は鮮明に心と身体に焼き付き、生涯忘れられない素晴らしい旅となりました。

IMG_0486

見るもの全てが素晴らしく私の中に眠っていた感性を刺激された感じです。
お天気にも恵まれたこともラッキーでした。

立ち寄ったつもりのパリでは想像以上の感動が。
建築物は全て深い趣があり、本当に美しい街でした。

IMG_0487

言葉も話せない頼りない2人が無事にこの旅を終えることができたのは、フランスで出会った人たちの温かさと優しさがあったから。
今、その全てに感謝です。

感動をカメラに収め、毎日旅日記を綴りながらも、iPadとカメラを繋ぐコードを日本に忘れてきたので、フランスでは投稿することはできず・・・

遅くなりましたが、5月29日からの旅日記を遡って投稿します。

《5月29日》
関空を10時20分に出発し、KLMでニースを目指しまします。
11時間フライトの後、トランジットのアムステルダムのスキポール空港に到着です。

トランジットは2時間。
ここでEU入国検査を受けます。

さすがヨーロッパって感じで、空港はとてもお洒落で洗練されています。

P5290015

これはスタバ。
おしゃれ〜♪

P5290016

アムステルダムからは国際線に乗り換えて目的地のニースへ。
小さな飛行機でちょっと不安な感じでしたが、約2時間のフライトで無事にニースに到着です。

空から見たニースの街

P5300025

日本を出発してから約15時間。
今までのヨーロッパ旅行はドバイを経由していたので、このスピードにはビックリです。

スーツケースの受け取りにはちょっとヒヤヒヤ。
ほとんどの人のスーツケースは受け取りが終わって、何も載っていないレーンだけが回っています。ついにレーンの扉も半分閉まり・・・もしやロストバゲッジかもという不安の中、ようやくスーツケースとの感動の対面!!
良かった〜。

P5300040

さてさてここからが大きな難関が待っています。

ヨーロッパはオプションで送迎を頼むととても高いので、バスでホテルに向かうことにしたのでが・・・想像以上に敷居は高かったようで。(笑)

バスのチケット売り場はすぐに見つかり、切符をゲット。

P5300043

予習してきた98番のバスにも無事乗車できたのですが・・・

P5300045

P5300046

ホット一息したのも束の間。

バスの中では案内表示がわかりにくく、フランス語では全く見当がつきません。
バスはすごいスピードで走っています。
11個目で降りようと停留所を数えていたのですが、全ての停留所に停まっていないことに気がついてしばし呆然。。。

焦った私たちは近くに座っていた外国人の観光客のおじさまにすがりつき・・・
おじさまのお陰で無事目的の停留所で下車することができました。ホッ。。。

そこからが第2関門が待っています。
ホテルまでは10分くらいの距離を歩かなければなりません。

地図で見たら簡単そうに思えたのですが、降りた途端方向すらわかりません。

さっきのおじさまが心配して近づいて来て、ホテルの方向を教えて下さいました。
教えてもらった方向に歩き出したものの、その先はよくわからず・・・

P5300057

交差点で抱き合っていた地元の若いカップルに狙いを定め聞いてみました。
お取り込み中スミマセン。。。(笑)

絶対地元の人だという予感は的中。
なんと2人はスマホで検索して、ホテルまで案内してくれたのです。

ニース出会った人たちの優しさ支えられ、無事ホテルに到着することができました。

P5300050

もっと早く到着の予定だったのに、すでに夜の9時を回っています。
でもフランスは日が長く、なんとか日没前に到着することができました。

時差は7時間なんで、日本時間なら朝方の4時を過ぎています。
ようやく私たちの長〜い1日は終わりました。

頼りない2人の大冒険の旅はこれからです。
明日はエズ村に行く予定です。

Part 2に続きます。