プロヴァンス

2021年03月19日22:23ブログを書籍化『フランス紀行』
私が初めてフランスを旅したのは、2017年の5月のことです。

海外旅行にはいつも妹と一緒に行っているのですが、特に2人で行ったフランス旅行は楽しすぎて、人生の大切な宝物になっています。

『もう一度行きたい!!』そんな思いに突き動かされ、翌年再びフランス旅行を計画しながらも、航空会社のストで直前のキャンセルに。。。
そんな訳でフランスには思いを残したままになっていたのです。

昨年からはコロナウィルスの蔓延で、フランスは今まで以上に遠い存在になってしまいました。
2人で歩き回ったパリの街がコロナで閉ざされている映像を見るたび、切なくて。。。
もう一度あの時の思い出を辿ってみることにしました。

私は旅の記録を全て『旅日記』としてブログに綴っています。
ブログに書くことで記録としては残っているのですが・・・今までは全く読み返すことはありませんでした。

懐かしさで久しぶりに旅日記を読み返したみたところ、自由で刺激に満ちたあの旅の記憶がハッキリと蘇り、

『なんていい旅をしてきたんだろう〜。』
感動に包まれて読みながら、あの時の思い出を形に残したいと強く思いました。

ライブドアブログでは、ブログを書籍化する機能が付いていて、少し高めですが本にすることができます。
『書籍化しよう!!』と思いつき、妹へのプレゼントも兼ねて2冊申し込み、完成を待つことに。

そして本が完成しました!!
タイトルは『フランス紀行』

7F25ABF9-4480-4A66-84FE-DA9ED6A63B44

ニースからバスで行った高台の小さな村。

0634792C-550B-421E-A0DE-6E29BF66A5CA

ニースの朝市

9C1D0EB3-B64E-4EC6-BE49-BD4E293838E2

プロヴァンスの農家レストラン。

6ECCCB01-8182-4AE0-A421-D79E76D9FEB1

今はもう見ることができないノートルダム寺院。

7974796A-0A70-48FF-8842-5AC605BDF8FE

パリの街歩き

B6D41E7D-A5C8-47E0-AF7C-20E89FF74CD6

この一冊にあの楽しかった思い出が全て詰まっています。

私たちがフランスを訪れたのは今から4年前の5月の末。
7泊9日の旅でした。

私は団体旅行が苦手でです。
色んな観光地を欲張って廻るツアー旅行は忙しすぎて、バスの移動時間も長いし、何よりも自由度が少ないのが負担です。
あまり欲張らず、訪問した都市を自分の足でじっくり味わう旅が好きなんで、妹と私の2人旅は、毎回航空券とホテル、移動のための列車のチケットだけを旅行会社に取ってもらうという個人ツアーを選択しています。

というと、まるで英語もペラペラ、すごく旅なれているような感じですが・・・
いえいえ、私たちは英語もろくに話せない上、Wifiも使わないまるで『昭和の旅』なんですよ。

地図を片手に、現地の人に助けられながら、とにかく自分の足で歩き回る珍道中。
目的地に辿り着けなかったり、レストランでメニューが読めず注文ができなかったり・・・
失敗や不安なこともいっぱいありますが、非日常の空間での大冒険は、その全てが愛おしく、忘れられない思い出としてしっかりと心に残っています。
添乗員付きのツアーでは決して味わうことができなかったと思います。

コロナが収束し、また元の日常が戻ってきたら、私たちはもう一度フランスに行くと決めています。
足腰が自由に動き、まだ元気なうちに、海外の色んな街を見てみたい!!
それが私の一番やりたいことだから。

次の計画を立てながら、再び海外旅行に行ける日を心待ちにしています。
 楽で安全なツアーもいいけれど、たまには冒険もまた楽し♪

ご興味がある方は、旅日記も覗いてみてくださいね。
12編の大作ですが、ピックアップして記事を貼り付けます。


《現地でのオプショナルツアーで行ったプロヴァンス》


《プロヴァンスの農家レストラン》


《3泊過ごしたアヴィニョンの街歩き》


《今は幻のノートルダム寺院》


《ノートルダム寺院から凱旋門へ。パリの街歩き》


 《メトロの改札口でのおもしろエピソード》


 


2021年02月05日08:16アロマのお話 その3《ラベンダー》
私はラベンダーが大好きです。

ラベンダーの清楚で可愛い花の形状も、爽やかな芳香も・・・私の感性にピッタリはまり、ラベンダーを求めて富良野を旅したり、南フランスのプロヴァンスを訪れたり・・・

ラベンダー好きが高じて、我が家の庭には色んな種類のラベンダーを育てました。

《フレンチラベンダー》
60CD8E01-810B-4CD5-8A4F-3CB33E085FAB

65BC2651-8362-44B1-81A2-2935F67AE85F

9757E57B-FC8B-43F0-8F98-8AF7FFC5560E

その中でも私が一番好きなのはアングスティフォリア系のこのラベンダーです。

393EC4BA-32D9-4834-B9E3-0E465DAA41FD

でも残念ながら・・・高温多湿のこの辺りの風土や、我が家の粘土質の庭にはあまり馴染めないようで・・・

何度植えても無くなってしまい、理想通り大きく育てることはできずにいます。。。

私は17年間こだわってプラナロムの精油を使い続けていますが、数ある精油のなかでも、『ラベンダーアングスティフォリア』の香りが、一番好きな香りです。
その日の体調や気分によって欲しい精油は変わるけれど、これだけは変わらず私にとってなくてはならない精油です。

一口にラベンダーと言っても、スパイクラベンダーやラヴァンディンなど多くの種類があり、それぞれ成分や作用、香りが異なります。

《南フランス アヴィニョンで見たラベンダー》
92A634F0-3DBD-4913-BD9D-65618FEBECFB

花は終わりかけでしたがこれは多分ラヴァンディン系ですよね。

一般的に使われているラベンダーは『真正ラベンダー』で、『ラベンダーアングスティフォリア』もこれに属します。

今回の《アロマのお話》はこの真正ラベンダーについてお話しすることにします。

690A5CE1-F060-4965-98A9-47701D98716B

ラベンダーはシソ科のハーブで、原産地は地中海アルプスの山岳地帯。
フランスやブルガリアなどが有名です。
抽出部位は花で、水蒸気蒸留法で抽出されます。

ラベンダー精油というと『なんとなくリラックスする 』そんな認識の方が多いかと思いますが、ラベンダーの薬理作用は多岐に渡ります。

ラベンダーには優れた鎮静作用があり、心と身体の両方に作用します。
心にはストレスによる心身のトラブルの緩和に役立ち、不眠、イライラ、血圧降下などにも効果があります。

アロマの環境協会のアロマサイエンス研究所の実験データによると、月経前症候群を持つ20歳の女性にラベンダーの芳香浴を行ったところ、副交感神経が活性化し、症状が改善したとの研究データも報告されています。

《富良野のラベンダー畑》
2C7C2506-ED60-4D9A-8B41-1698652C31F1

また身体の面では皮膚の炎症やかゆみなどを鎮静する効果が認められています。
鎮静作用に加えて消毒殺菌作用や、抗ウィルス作用などもあり、やけどや日焼けなどにも有効で、特に皮膚の修復を助ける作用は、傷の手当てやスキンケアにも用いられています。

また感染症などにも効果があり、風邪などの呼吸器系のトラブルにも役立つ上、優れた鎮痛作用もあり、肩こりや筋肉痛、腰痛など筋肉の痙攣や痛みなども緩和してくれます。

さわやかで、優しい香りのラベンダーですが、心だけではなく身体にも沢山の恩恵を与えてくれるとても優れた精油だといえます。

ただ・・・
本当の効果を期待するなら、アロマテラピー専門店で購入した、品質の高い精油を使うことをお勧めします。

日本では精油は雑貨店などでも手軽に手に入りますが、香料を目的に作られたものも多いのが現状です。
それを本当のアロマと混同されるのはとても残念でなりません。

《プロヴァンス セナンク修道院のラベンダー畑》
76EA669A-1EA9-460A-AB47-FDA2E1726AB9

私のアロマテラピーのセッションでは、プラナロムを使い続けています。
プラナロムは高品質で医療にも用いられているような精油で、価格は少々高くなりますが、品質は間違いなく、効果効能も期待することができます。
何よりも香りの質が全然違います。

822983FD-40A9-45C2-A664-7FB03039DFDB

私は旅行に行くときは、ラベンダーは必ず持参します。
部屋の匂いが気になる時、お風呂に入れてリラックスしたい時、急なケガや痛みのレスキューとして・・・
旅のお守りとしての大切なお供として。

大好きな旅行ができない今は、ラベンダーの香りを嗅ぎながら、一面に広がるラベンダー畑に思いを馳せています。

《富良野のラベンダー畑》
1945AABB-EC67-4577-B077-EE9A9EF8AD82

我が家の庭がラベンダーで埋め尽くされる日を夢見て・・・
庭作りにも精を出したいと思っています。

C3762402-CBA4-4874-8064-56C96228D8A2

8FB5CA9C-B6BD-4850-855A-7308A66D1CFA

















 


2017年06月08日09:00フランス紀行 Part6《 プロヴァンスの農家レストラン〜ワインの里へ》
このツアーには人里離れた農家レストランでのランチがついています。

農家レストランに到着です。

P6010328

ご一緒したカップルと一緒にテーブルに着きます。

車の中ですっかり打ち解けていた私たち。
ほっこりした雰囲気の中で、素朴で温かい田舎料理を楽しむ事ができました。
ワイン以外にも自家製の食前酒も色々揃っていますよ。

飲めない私は洋梨のジュースでカンパ〜イ!!

P6010337

これが玉ねぎのファルシですって。

P6010339

お料理は取り分けて頂きます。

IMG_0489

P6010353

4人の会話も弾み、楽しくて幸せな時間が流れます。

珍しいチーズも並んでいて、自分で切り分けて、イチジクのジャムをつけていただきます。
色んな種類のヤギのチーズや羊のチーズのありましたよ。

P6010356

チーズがあまり好きではなかった私ですが、臭みがなくて滑らかな舌触りにはビックリ!!
本当においしかったです。

デザートも最高です。
アイスクリームはローズマリー入り。

P6010357

お腹はいっぱい。
大満足の私たちは、庭の散策に行きました。

P6010370

P6010359

P6010360

P6010365

P6010367

P6010368

P6010369

南フランスで心惹かれた樹木・・・プラタナス

P6010329

お腹も心も満たされて、農家レストランを後にしました。

最後に訪れたのはワインの里、シャトーヌフ・デュ・パプ
ブドウ畑が広がります。

ここのブドウ畑の特徴は地面が土ではなく、こぶし大の石で覆われていること。
芳醇なワインができるのは、夜でも暖かさを保つ事ができるこの小石のおかげのようです。
木も小ぶりで、日本のブドウとは違いますよね。

P6010376

P6010374

ワインの製造過程を見学しました。

P6010382

P6010383

P6010386

試飲タイム。
私は飲めなくて残念ですが、皆さん3種類のワインを試飲中。

P6010389

みんなで記念写真を撮りました。

P6010391

偶然にご一緒できた聡明で素敵なご夫婦。
お話がスマートでわかりやすく、とても感じのいいガイドさん。

偶然が生んだラッキーな出会いは、プロヴァンスの印象がより素晴らしいものにしてくれました。

私の憧れたプロヴァンスを五感で感じる事ができて、とても幸せ。
南フランス最高です

明日はアヴィニオンの街歩きをします。

2017年06月07日23:40フランス紀行 Part5 《リュベロン小さな村を訪ねて》
《2017/6/1》
フランスでの4日目の朝です。
今日も晴天に恵まれています。

今回の旅の1番の目的地、プロヴァンス リュベロンの小さな村を訪ねます。
ここだけは車がないと無理なので、日本人ガイド付きの少人数ツアー
『五感で感じるプロヴァンス』に参加を申し込みました。

先日結婚式を挙げたばかりの若いカップルも一緒です。
たった4人のこじんまりしたツアーだった事にひと安心。

まずはリュベロンを代表する美しい村、ゴルドに向かいます。
車窓の景色は美しく、まるで絵本の世界のようです。
車のスピードが早いので写真は撮れないのですが、
南フランスの田舎の美しい景色にうっとり。

ゴルドの街が見渡せるビューポイントで、車を停めて記念写真を。

おもちゃのようなゴルドも街。思わず歓声が上がります。

P6010262

P6010261

P6010269

私が憧れた石積みの塀。

P6010271

セナンク修道院に着きました。

P6010277

後2週間もしたら、ラベンダーが一面に咲き乱れ、周りは紫色の絨毯に包まれます。
満開には少し早くてラベンダーはまだ蕾でしたが、新緑の景色は十分に美しく、
何よりも人が少ないのが最高でした

まだ蕾のラベンダー

P6010276

パームツリー

P6010272

綿菓子みたいで可愛い。

イトスギ

P6010278

移動中の列車の中で、どの家庭にも植えられていてすごく気になっていた木です。
ガイドさんに聞いてみたら、イトスギだと教えて下さいました。

帰って調べたらサイプレスですって。
サイプレスはアロマ精油にも使っているので、余計に感動!!

セナンク修道院

P6010281

こでラベンダー入りの ボディージェルなどをお土産に購入。

P6010285

次に訪れた村は

フォンテーヌ・ド・ヴォクリューズ

乾燥した大地が広がるプロヴァンスでは珍しく、深い渓谷に囲まれた人口600人足らずの小さな村です。
世界で最も豊富な水量を誇る泉があるので有名とのこと。

泉に向かってウォーキング。

P6010296

川沿いの道はマイナスイオンいっぱいで、気持ちいいです。

P6010303

P6010311

14世紀から手漉き紙を製造してきた水車小屋。

P6010292

P6010298

泉に到着です。

P6010307

P6010309

そして次に訪れたのは

リル ・シュル・ラ・ソング

P6010315

運河とアンティークの街です。

P6010316

P6010322

運良くマルシェがやっていました。

P6010318

P6010319

P6010320

P6010323

短い自由時間の中、ずっと欲しかったオリーブのまな板や、木ベラなどを買う事ができて大満足。

P6010324

P6010326

もうすっかりお昼を過ぎてます。
昼食は素朴な農家レストランで、田舎料理をいただきます。


Part 6に続きます。