庭の花

2021年04月17日22:41今年もまた・・・庭は寂しく花盛り
緊急事態宣言が明けて、『ワクワクの春がやって来た。』と思ったのも束の間。。。
変異ウィルスの増加で、感染者はうなぎのぼりに。
またまた人との接触を避ける日々に逆戻りになってしまいました。

そんな状況下でも自然界はいつもと変わらず、花たちは待ちに待った春の訪れを喜んでいるかのように庭が一気に華やかになりました。

7A61B472-6024-451D-AD21-94953F2732CE

昨年の春は緊急事態宣言下で、咲き誇る花をみんなに見てもらえなかったことがとても残念でしたが、今年もまた『寂しい春』になりそうです。

4月上旬から撮り溜めた庭の花の写真をアップしますね。

《クリスマスローズ》
FF6E8682-6E4D-4A73-BEC9-54ACAFB68863

淡い黄色の八重咲きのクリスマスローズです。
まだ小さいですが来年はもっと大きく育ったらいいなぁ。

《スノードロップ》
577B7D47-F2EC-46F0-A4C2-B3B005C81766
 
今年は昨年よりも大きくなりました。

《ビオラ&パンジー》
004A82EF-62AB-4C8B-AABF-50092E1172CB

594BA681-DC7B-48BF-8898-AB8339820325

ビオラとパンジーは昨年の11月ごろから育てています。
春になって一層株が大きくなりました。

私はうす紫の花が好きなようで。笑

8CFD64ED-C8E3-42C4-B06B-D60F5DA7AF00

スウィートアリッサムも溢れるほど大きくなりました。

55612E19-7B0F-46AA-A7C9-FBEC191AFF73

《ノースボール》
D96F7FE6-28C2-4AF2-B873-7ED9F6DB9542

今年も零れ種でいっぱい出てきましたよ。

《ナデシコ》
794FB59D-45E7-4D5B-A046-54C174E12D48

ピンクのナデシコもありますよ。

《スミレ》
8960635E-29DE-45CE-B001-3E7F2F8FA8BA

赤いスミレもありますよ。

《ローズマリー》
IMG_7450

庭に何本もありますが、今年はいつもの年よりいっぱい花を咲かせてくれました。

《キャットミント》
IMG_7550

キャットミントは零れ種でいっぱい増えて、庭のあちこちに咲き誇っています。

《エリゲロン》
F72D9499-55AC-4D0C-8F11-D3759EAEA015

冬の間は完全にいなくなっていたのに、今年も会えたね。

《シレネ》
1DB7F28D-651C-42BF-AE4E-21A648A82F67

《ローダンセマム》
A5DBB340-5080-4A6B-B13C-5DD55999C44F

《ブルーデージー》
76A227F1-5DC2-4230-9168-2FE7242C541F

《コデマリ》
3FC18D33-CA8C-40C9-B9EA-4B22DBA46CBF

ラベンダーも花を付け始めました。

樹々も新しく柔らかな葉っぱが生まれ出て、とてもきれいです。
今年はバラがとても元気で、葉っぱも生き生きしています。
蕾もいっぱい付けているので、開花がとても楽しみです。

《ピエール ド ロンサール》
IMG_7597

《アンジェラ》
245062B8-423B-4377-83C7-3A2A82B75882

どこにも行けない閉塞感の中、本気で庭作りを始める予定です。
レンガで花壇を作ったり、いただいたモッコウバラでアーチを作ったり・・・

庭の花に癒されながら、少しづつ理想の庭に近づけていこうと思ってます。








 


2020年05月10日12:58アーチのバラが咲いたよぉ〜!!
風薫る5月。
私の一番好きな季節です。

庭の樹々たちは全て目覚めて新録に輝き、冬の間溜め込んだパワーを一気に
放出しようとしているかのように動き出し、庭の景色は目まぐるしく変化しています。

そんな中、アーチのバラがきれいな花を咲かせてくれました。

38C1BF30-64EA-47D0-8F73-E84C7894C60A

『ピエール・ドゥ・ロンサール』です。

無農薬でのバラ栽培は、黒点病と害虫の被害に悩まされて、バラ栽培の難しさに直面。
すっかりめげて、今度上手くいかなかったら、もうバラはやめようと思っていたのですが、5年目を迎えた今年は、何かが違っています。
バラ自体の生命力が高まっているようで、今までになく元気に育ち、葉っぱの色ツヤも良く、つぼみもいっぱいつけてくれました。

2663F0F9-AA77-4761-86E9-C291E1791008

ホント感動です。
これからはつぼみがどんどん開いて、庭が華やかになることでしょう。

今年は最後の挑戦と、足元にバークチップを置いたり、土を改良したり、栄養を与えたり・・・
木酢液やニーム、元気丸などの自然の力を利用した無農薬での予防策を講じた甲斐がありました。
諦めないで本当に良かったです。

64A19560-87C1-45FF-971F-B22953895CAF

ツルバラのアンジェラも第一号の花が咲きました。

90D9A3DA-5ED5-4EE5-9A7D-081E1D619CC9

昨年は花の中に虫がついて蜜を吸い、弱りきっていたのですが、今年は期待できそうです。

アプリコットも元気です。
まもなく咲きますよ。

9285F921-6613-47CA-8229-96660C5495E7

鉢植えにしたイングリッシュローズも沢山つぼみを付けています。

F39552D6-6F95-44B2-8242-5C72F2935CB0

新型コロナウィルスによる自粛生活は人にとっては辛く厳しい日々なのですが、排気ガスも減り、空気もきれいになったことで、自然エネルギーが高まっているのだと思います。
植物たちにとっては生きやすい環境になったのだと、庭の木々や花たちを見て確信します。

今は庭中にオルレアが咲き乱れています。

239CF7C5-6489-46CC-A795-1E6F2A0BDD00

29759207-FB4B-4EA8-B08F-8921515F5284

4DFEF292-831F-4A19-B1D4-F79D8E2FC33E

 ヤマボウシも可愛い花を付けました。

13E3D83A-9171-4027-B339-DC8A22CF1A17

ミカンも今までに経験のない程の沢山の花芽をつけています。 
どれだけ受粉してくれるかわかりませんが、少し間引きをする必要がありそうです。

BC0DD926-28DD-4E60-B1C4-D46E9DA874AB

レモンも同じく沢山の花芽をつけています。

0E016A57-95E0-420C-A847-AFA4CDFBE122

オリーブもこんなにも花芽が付けているのは初めてです。

B1D2E8BD-01A1-48C9-A07D-2F0C9D32E725

今年はどれだけ果実ができるのか・・・
ワクワクです。

大阪に住む息子や妹の家族。大切な友人。
そして我が家の庭を楽しみにしてくださっているクライアントさんたち。
みんなに見てもらえないことがただ残念でなりません。。。

花たちに『ゆっくり咲いてね。』と話しかけながら・・・

今は自分のために咲いてくれている花や樹々のエネルギーをいっぱい受けながら、心豊かにこの時期を乗り切りたいと思っています。


2020年05月03日09:40庭は寂しく・・・花盛り
緊急事態宣言が延長の情報に『まだまだこの生活が続くのか。。。』という虚脱感の中、
自由に動けることは素晴らしい‼️・・・当たり前の生活の有り難さを身に染みて感じています。

『風薫る5月』 
私が一番好きな季節の到来です。

自粛生活の中で、庭で過ごす時間が増えました。
暗く厳しい世の中の動きには関係なく、庭では花がきれいに咲き誇っています。

87703A81-0947-425B-8A81-893E0291769C

73323ADD-8FCE-403F-ADCC-D5A5A35B59DB

D95A59FF-A2A2-418F-A921-85C01305E183

《我が家のビオラコレクション》
5E4A6F0A-73C7-4671-94C0-6425955D415F

冬の間眠っていたハーブや宿根草たちも目覚めて、今年も花を咲かせてくれました。

《キャットミント》
43D5D1FC-BA44-442C-BAEA-DA674C9B4591

《ラベンダー》
641E3461-30CE-4DB4-B10E-BD6C50A354C2

0F06D905-1DEF-453A-9020-F44A2E1147C7

FCCB6901-5314-407A-A1E3-5312AFDF8E18

《ゼラニウム》
4DC10110-FFC7-43ED-A969-0F58CE3EB05C

《ローズマリー》6D4271F7-DEEB-4689-A841-FFA1E350189E

冬の間お休みしていた宿根草も目覚め、可愛い花が咲き始めましたよ。

《カスミソウ》
FDC016B7-50A2-4EAC-8FFB-E88F5A97A1F3

《エリゲロン》
000FE001-C32D-490F-BD0F-78DC42BA0F0A

《ブルーテージー》
3023264F-52C8-4954-9C54-57D0EBBBF2CB

《ハナテマリ》
E6500558-0726-4514-8DD9-F513CFBC8A39

《ナデシコ》
D35FECAD-B6D7-4251-851B-4AC591B818EB

《スウィートアリッサム》
601B0F51-5289-4811-A509-7A7B5D967B64

《スミレ》
F5350F99-9EF1-4490-AD0A-A332CB3EA63E

《ネメシア》
BC406961-313E-4F61-9037-8B0943E57581

零れ種で今年も出てきた花たちもいっぱい。

《ノースボール》
D8403E4F-B312-4831-AE41-21A7E7F93C21

《オルレア》
B1E646D2-D38F-47C9-BF28-3F98FF217A61

今年は会えない孫の麻菜が昨年言っていた言葉を思い出します。

『お花が笑ってるね。』

C86786AD-DD73-4569-B3FB-F8DA9408EEFB

そんな純粋で美しい心を持った孫たちにも庭を見てもらうことが出来なくて、本当に残念でなりません。

温かな陽射しを浴びて、木々たちも目覚め始め、柔らかな葉っぱをつけ始めました。

《ヤマボウシ》
8FB47871-F250-42D8-8C37-69E544D9E3D8

コデマリも花が咲き始めとてもきれいです。

590A5B35-89AB-43E0-85BE-3C6F690D7718

コロナの影響で排気ガスなども軽減され、自然界のエネルギーが高まっているせいでしょうか。
今年はいつもの年よりも花や樹々が生き生きしている気がします。

もうやめようかと思っていた無農薬のバラ栽培。
今年は葉っぱがとても元気で驚くほどの蕾をつけています。

EAB17F0B-3A5F-4C87-BBC2-F69E3C0BD0FF

まもなく花が咲きますよ。

5136C784-D82C-4F3C-8A5F-4DE945CC29D2

庭のある暮らしができている幸運に感謝しながらも、私自身のエネルギーは少し低迷中。。。

新型コロナウィルス患者数を増やさないためには制限も自粛も必要だけど、我慢を強いられている人々の心に潜む闇の部分はとてつもなく大きくて・・・

でもこんな状況下では人間の持つ生命エネルギーはどんどん下がっていくのではないかと、先の見えない見えない不安感に足元から揺さぶられている感じです。

今は1日も早く普通も生活が取り戻せますようにと・・・ただ祈ることしかできません。