fairyleaf

2021年01月12日10:41アロマセラピストとして生きる
今朝は一面の銀世界。
白い朝です。

BEF9B61F-1564-4E09-8929-D0E961ADDFFC

今日は久しぶりに私の思いをブログに書こうと思います。

コロナが鎮静化する気配もないまま、京都府にも緊急事態宣言が出されるようで、仕事もすっかり暇になってしまいました。
折角CLASSY.に載せてもらったのに『時期が悪かった』と残念な気持ちでいっぱいで、自分の決断は正しかったのかと、迷いも生じ少し弱気になっている自分がいました。

先日のことです。
そんな空いた時間を利用して、近くに住む娘夫婦、そして子供たちのアロマのセッションを頼まれたのです。
色んなストレスが重なって疲れ果てていた娘夫婦ですが、アロマを受けたことでスッキリとして本来の自分を取り戻すことができ、家の中の雰囲気も変化したとすごく喜んでくれました。
娘の家族のセッションをしたことで、身内にとっては自分の存在があるだけでいいのだと、大きな自信と勇気に繋がり、私がアロマセラピストであること、アロマセラピストとして生きていくことの目的や意味をしっかり身体に落とし込めた気がしました。

今は焦ることなく、心静かに私を本当に必要としている人のために、門戸を開け待っていようと思いました。

私がアロマセラピストとして活動を始めたのは今から約15年前のことです。
とても遅いスタートでしたが、『あの日』『あの出会い』がなかったら今の私はなかったと、運命を感じずにはいられません。

子育てが一段落してから、パート勤務でクリニックや保険薬局の受け付けやリハビリなど医療関係の仕事に携わってはみましたが、私の居場所はここではない・・・私はいつも何か物足りなさを感じていました。

どの仕事に就いても仕事の内容が嫌だと思ったことはなかったのですが、職場の中での人間関係がしんどくて、組織の中ではやっていけない自分の弱さに常に悩みは尽きず。。。
心の充足感を探し求めながら、カウンセリングなどの勉強を始めたのもこの頃のことです。

夫が働き盛りの46歳の若さでくも膜下出血で倒れたことは、私の人生が大きく変化したきっかけとなりました。
幸い夫は仕事に復帰できたのですが、夫の体調不良はその後も続き・・・その後の生活は不安でいっぱいでした。
その上4人の親の看護なども重なって、今振り返れば、当時の私は人生で一番苦しい山を超えていたのだと思います。
頑張って頑張って毎日を送っていたのですが、私は疲れ果てた自分を休めるために目前のお金への執着をを一旦手放して、パートをやめようと決意。
夫が倒れてから1年半後の冬のことでした。

少しはのんびりとした日を送ろうとした2月のある日、友人と一緒に難波パークスにショッピングに行ったのですが、ふと立ち寄った『生活の木』でアロマの資格が取れることを知ったのです。

直感で『これだ!!』『やりたい!!』と感じ、資格認定の教科書と試験問題などをその場で購入し、5月のアロマ検定に向けて勉強を始めました。
あの日のアロマとの出会いはまさにミラクルで、今思えば神様に導かれたとしか思えない出来事でした。

すぐにAEAJアロマテラピーアドバイザーの資格を取得。
その翌年は、インストラクターとアロマセラピストの資格取得のためのスクールに入り、インストラクターとアロマセラピストを同時に受講。
『私には時間がない。』と追い立てられるような気持ちで、久しぶりにしっかり勉強に向き合った日々でした。

全ての資格取得できたのは50歳の時です。
自宅サロン『fairy leaf』でアロマテラピーのセッションをしながら、その後も勉強を積み重ね、53歳でバリで開催されたエサレンボディーワークの資格認定講習会に参加して無事資格を取得。
この体験は資格を手に入れるということよりも大きな意味があり、人生が変化するような貴重な体験でした。

現在はアロマテラピーをベースに自分の学んできた手法を融合して、オリジナルのセッションをしています。

自分のペースでひとりの人だけに向き合うことができるアロマの仕事は、とても私に向いていたようで、今は仕事が楽しくてなりません。
パートに出ていた時のようなストレスは全く感じることなく、周りからは『天職だね。』と言われるほど、自分にぴったり合った仕事に出会うことができました。
それもどこかのサロン勤務だとまた同じことの繰り返しだったと思います。

自分ひとりでやっているので、予約の管理も、セッションの時間も自由で何の縛りもありません。
本来はトータル2時間半のセッションのはずですが、気がつくと3〜4時間に及ぶことも。笑
相手に合わせた時間の使い方も自由で何の制限もないのは、1日1人に限定しているからこそできることです。
クライアントさんと向き合い悩みを聞いたり一緒に精油を選択することも、体に触れることも、私にとってはとても楽しくて、大好きな時間です。

アロマセラピストになるまでは人の体をマッサージするなんて、しんどそうでありえないことだったけど、しっかりグランディングして、『今この瞬間』を大切にクライアントさんと繋がりあうことで、自分自身も心地よい感覚になることを知り、疲れは感じないのが不思議なくらいです。
手だけでやっているのではなく全身を使っているので、疲れるどころか自分自身も心地よく清々しい気持ちでセッションを終えることができています。

敏感すぎる自分をいつも持て余していたけれど、クライアントさんの体に触れる手のひらの微細な感覚、目で見る肌の色の小さな変化、そしてブレンドするアロマの香り、その全てに私の敏感さがとても役立っているようです。
その上、小さなことにも反応し悩みやすい自分だからこそ、相手の悩みに寄り添うことができて、今はようやくそんな自分を認めることができるようになりました。

お金をいただきながら、感謝してもらえるなんて・・・本当に有り難く、最高の仕事に巡り合ったと幸せを感じます。

私がこんなにも人の身体に触れることに向いていたなんて、頭で考えても絶対にわからなかったことでした。
アロセラピスト資格を取ったのは、有能なインストラクターになるために知っておいた方がいいと思って取った『ついでの資格』だったから。笑

人の潜在意識は表面に見えている部分はほんのわずかで、自分でも気づかない可能性は無限大です。
『何か違う』と思っていることは一旦手放してみることも時には必要で、『やってみたい。』と思うことは、なんでもやってみて欲しいと思っています。
握りしめていたその手を離すことで、新しい何かを掴むことができると思うから。

私のクライアントさんは30代や40代の方が多いのですが、ちょうど自分の生き方に悩んでいた頃の私と重なり、『心配しなくても大丈夫だよ。』と伝えてあげたい気持ちでいっぱいです。

まずは行動を起こし、自分の人生をもっと輝かせて欲しいと思っています。
やってみて違うと思えばただ後戻りすればいいのだから。

65歳のアロマセラピスト。
まだまだやりますよ!!
残された人生を悔いのないように、全力で向き合っていきたいと思っています。

2020年12月28日23:50CLASSY.に掲載されました♪
12月28日は私にとって特別な日。
なぜなら、私のサロン『fairy leaf』が本日発売のCLASSY.(2月号)に掲載されることに決まっていて、今日がその発売日だったから。

16年間、アロマセラピストとして活動しながら、ご紹介者だけでひっそりとやっていた私でしたが、人生最後の大きな挑戦としてWebサイトを公開したのは昨年の秋のこと。

同じ城山台に住むWebデザイナーの中村衣見さんとの出会えたことは、私にとってとてもラッキーでミラクルな出来事でした。



私の熱い思いを理解し、心で寄り添い、大きな愛と優しさを込めて作って下さったWebサイトは、ずっと私が作りたかった自分史のような仕上がりになり大満足でした。
衣見さんのお蔭で、ボツボツですが新しいクライアントさんとの出会いもあり、いい感じに繋がり始めた矢先・・・
今年はコロナの拡大で、仕事の方も足踏み状態に。

少し回復の兆しが見えた9月のことです。
突然CLASSY.の編集部の方から、今回の企画ピッタリなサロンとのことで、掲載しないかというお話をいただいたのです。

CLASSY.というと、若い女性は誰でも知っているようなお洒落な全国紙。
いくらPRのページとはいえ、そんな有名な雑誌に名前が載るなんて、私は場違いなのではないか・・・
今まで隠れ家のようにひっそりとやってきたのに・・・敷居が高すぎて、私はすっかり逃げ腰になっていました。

『誰でも掲載できる訳ではない。』と担当者からも勧められ、身内からも、『出したいと思っても出せるものではないし、こんなチャンスは二度とないよ。』『掴まないと後悔するよ。』と、みんなで私の背中を押してくれたのです。

たかが雑誌に載るだけなのに、私はそんな広い世界に出ることに恐怖すら感じ、悩みに悩みました。
でも全国に数え切れないほどあるサロンの中で、こんな目立たない私を見つけて下さったことは奇跡的な気がして、私の最後の挑戦として、やってみることに決めました。

でも公開までには色んなトラブルが起こり、全くプロセスを楽しむという訳にはいきませんでしたが、本日、無事に発売日を迎えることができました。

左がCLASSY.2月号の表紙です。

E44AE1EB-48A0-43BD-85B4-8A09AB8C982C

右のページは扉ページ。
テーマは『自分磨きができるスポット』

私は『カウンセリングやコーチング』のグループに入っていて、京都のアロマテラピーとして紹介されています。

27A70705-6660-467C-80FD-FB3AAAAD587C

いやぁ〜。。。
うれしいような恥ずかしいような、複雑な気持ちですが、新たな一歩を踏み出したことには違いなく。

予想外のコロナに拡大で、掲載の時期が悪かったなと残念ではありますが、こんな時期だからこそ苦しんでいる人のお役に立てるのかも知れない・・・と、今回選んでもらったことを宝として、前を向くことにしました。

これからも心を込めて丁寧にクライアントさんに向きあい、自分らしく輝いていくお手伝いができたらいいなと思っています。







 

2020年10月10日14:51アロマのお話 その1《スウィートマジョラム》
私はアロマセラピストとして、長年クライアントさんの心と身体のケアをしていますが、アロマ精油の偉大なパワーには驚かされることの連続で、今もなおアロマ精油の素晴らしさを実感する日々です。

アロマテラピーは芳香を用いた自然療法のひとつです。
100パーセント天然の植物の香り成分を凝縮した精油(エッセンシャルオイル)を用いるのが大きな特徴となっていて、精油の芳香成分が心身に働きかけてトラブルを穏やかに解消し、健やかな状態に導くといれています。
私の行うセッションは、その方に必要な4種類の精油を選択し、それを植物油にブレンドして、全身のマッサージをしていくのですが、クライアントさんの変化には驚かされることも多く、沢山の感動も受け取っています。

F1158249-6F57-4264-B518-CACFF93C0B12

アロマと聞くと、なんとなく香りでリラックスできるもの・・・くらいの認識しかない方も多いことが残念で、精油の持つ偉大なパワーをもっと広く知ってもらいたいとずっと思っていました。

近年では精油の有効性についての研究も進み、研究データも報告されていることが私の大きな励みにもなっています。
最近はコロナ下での暮らしの中でアロマの存在もクローズアップされてきたようです。

アロマ精油を正しく理解し、日常に取り入れることにより、暮らしの質を高めていってもらえたら・・・そんな願いを込め、アロマのお話を少しづつ投稿していこう思っています。

554B7E92-1780-4011-B413-B0C99F46E50D

今回はスウィートマジョラムから始めます。

《スウィートマジョラム》

スウィートマジョラムは地中海沿岸原産のシソ科の多年草です。
ギリシャ神話の女神アフロディーテがこの植物に香りを与えたと伝えられ、古代ギリシャ人たちにとっては広く利用された薬草だったそうです。

抽出部位は葉で、水蒸気蒸留法によって抽出されます。
香りの特徴はすっきりとしたハーブ系ですが、かすかに甘みの感じる香りです。
香辛料のような少しクセもあり、クライアントさんには好みが分かれる香りです。

この精油のキーワードは『ぬくもり』
不安や緊張、人との摩擦でストレスを受けた心を温めて慰めます。
そして、神経の昂りを鎮静させ、自律神経のバランスを整えてくれます。

アロマ環境協会の研究データによると、夜勤を行う看護師50人がスウィートマジョラム精油を用いたアロマトリートメントを受けたところ、休息のみの場合と比べて、睡眠の質や睡眠障害などが改善したとのこと。(アロマサイエンス研究所)
その他、免疫力を高めたり、心臓の強壮剤としても優れていて、高い血圧を下げたり、心拍数の安定なども報告されています。

マジョラムは血液循環を活発にするため、身体を温めて痛みを緩和する作用も優れていますし、消化器系の不調を和らげたり、胸部の感染症にも効果を発揮し、その効能は多岐に渡ります。

私がアロマの資格を取るために認定校に通ったのは今から17年前のことですが、そこで出会った先生に『眠れない時はマジョラムが一番。』と教えられたことがあります。

当時私は神経が昂って眠れないことも度々あり、早速マジョラム精油を一滴垂らしたティッシュをベッドの上で嗅いでみたところ、途端にお腹がグルグル鳴り始めたのにはビックリでした。
交感神経を抑え、リラックスに導いてくれたことで、不思議なほど落ち着いて眠ることができたことを今も忘れることができません。

私自身どちらかというとスウィートマジョラムの香りはあまり好きではないのですが、神経が興奮気味で、落ち着きたいと思う時には、ブレンドにスウィートマジョラムも加えることも。

私のセッションを受けたクライアントさんの中には、アロマの素晴らしさを実感し、資格を取られる方も沢山いらっしゃいます。
みなさんもこんなにも素晴らしいアロマのパワーを受け取って、生活がより輝き満ちたものになりますようにと・・・切に願っています。








 

2020年06月19日23:01アロマのセッション再開です。
新型コロナウィルスの感染拡大で、緊急事態宣言が発令されてからお休みしていたアロマのセッション。
6月中旬からようやく再開することができました。

ステイホームの2ヶ月間に私の身辺では色んなことが重なって・・・
私はすっかり弱ってしまい、前を向いて進むことが出来ずにいました。

その上、コロナ感染防止の為のオンライン主流の世の中の流れにはどうしても馴染めず、私がずっと大切にしてきたことはどこに行ってしまったんだろう・・・
今まで頑張って築いてきたものまで、足元から大きく揺さぶられるような気がして、このまま仕事もやめようかという心境にもなっていたのです。

1FDBD908-C3BC-41B6-AA18-8C4347828687

でもそんな私を救ってくれたのは、クライアントさん達でした。
毎月定期的にセッションを受けに来てくれていたクライアントさんのひとりから、他府県への移動が解除された6月になってすぐに予約が入り・・・
3ヶ月ぶりのセッションを、『待ち焦がれていた。』と言って下さいました。
その他にも何人かのクライアントさんがすぐに予約を入れて下さって、『また行けることを励みに頑張っていた。』とのうれしい言葉も。

迷いや不安でグズグズしていた私ですが、クライアントさん達に背中を押され、もう一度前に進む勇気が湧いてきました。
私を信頼してくれる人がいることはありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

C127D941-AABE-4103-948A-1322166CBCEB

アフターコロナでの世の中の動きに適応した場作りはどうしたらいいのかな。
感染防止を踏まえた新たな環境作りには気を遣いながら・・・

いつもは落ち着ける静かな空間作りのため、セッションルームの窓を締めきっていたのですが、お天気に誘われて部屋の窓を開けてみたところ、鳥のさえずりが聞こえ、自然の中でやっているような開放感が。

本来エサレンボディーワークは自然と一体化した開放的な空間でするのですが、『日本の住宅街の中ではそんなことはできない』と思っていたのは私の思い込みだったと気づいたり・・・
クライアントさんも『鳥の声が心地いい。』ととても気に入った様子です。

ヒーリング音楽も森の中の自然音を使ってみたり、いつもとは違う雰囲気を味わいながら、今は新しい発見を楽しんでいます。

3B482230-11A2-483D-856D-40B823E424D6

セッション中のマスク着用の有無やクライアントさんとの距離感・・・
頭で考えたらまだまだ迷いもいっぱいありますが、クライアントさんの価値観と照らし合わせながら、一緒に作り上げていったらいいのかなと、自然の流れに任せることにしました。

アロマのセッションは大好きで、こんな仕事に巡り合った私はとても幸せものです。
クライアントさんの変化に立ち会えること、輝いた笑顔を見ることができることは私の生き甲斐に違いなく・・・これからも大切に育んでいきたいと改めて思いました。

コロナと共に私の中で起きた大きな揺さぶりも、再構築への変化の前触れだったのかも知れません。

気負わず、迷わず・・・
自然体で進んでいけたらと思っています。

1A1685FF-EDC9-4560-BE96-20B55B63B957







 

2020年03月06日07:05チャイルドケアは楽し♪
アロマテラピーは大人の女性だけのもの・・・そんなイメージがあるかも知れませんが、もちろん男性にも、老人にも、そして子供にも偉大な効果を発揮します。
私が特に注目しているのは子供のケア。

私は子育て中のお母さんの力になりたいと常々思ってきましたが、多くのお母さんの悩みの元になるお子さんのケアをすることで、親子関係の改善にも役立っていて、『チャイルドケア』は今後もっと積極的に取り組んでいきたいセッションのメニューひとつになっています。

娘の長男は皮膚もカサカサしていることもあり、小さな時から何度もマッサージをしていたのですが、体調が悪い時はもちろん、精神的に不安定な時なども、アロマテラピーで心身のケアをして、不調のリセットに役立っています。

《2018年1月28日のブログ》



幼い頃は私が必要だと思う精油を使い全身のケアをしていたのですが、最近は精油選択も彼に任せたところ、その時によって選ぶ精油が違うことにはびっくり‼️

心や身体の状態で自分にとって必要な精油が変わるのとは、大人とは何ひとつ変わらないんですよね。
ブレンドの濃度やマッサージの時間を短くする以外は、子供も同じなんですよ。

《2019年10月10日のブログ》



最近は長男だけでなく、次男のケアもしています。
次男の晴もマッサージは大好きなようです。

《2018年3月2日のブログ》



先日のことです。
兄の颯がアロママッサージをするためにベッドに上がるのを見て、『晴もする 』と服を脱ぎかけたのですが、

『にいにがするから待っててね。』

と言うと、大人しくママのお膝で見ていたかと思うと、颯のマッサージが終わった途端、次はボクの順番とばかり、ベッドの下に来て服を脱ぎ始めたのにはびっくりです。

ちゃんと順番を守って待っていたんですよね。笑

045424AF-0A78-4E4F-B649-B84FFBBDF70A

 普段は活発で動き回っている晴ですが、私のマッサージに身を委ねじっとしているのには驚きです。

お腹を触りながら、『はるくん、気持ちいいですかぁ』と聞いたら、
『あったかい。』ですって。

終わった後は顔がスッキリして、ちょっと小顔になったのにはみんなで大笑い。
子供だって肩が凝ったり、むくんだり するんですよ。

子供は短時間でのケアなのに、終わった後は、大人よりも効果が早く表れています。

次は息子のところの長女のケアもする予定です。

お抱えセラピストのいる我が家の孫たちは、なかなかラッキーですよね。

現在はクライアントさんの子供たちだけに隠れてメニューとしてやっていますが、今後はもう少し積極的に取り組んで、多くのママたちのお役に立てたてたらいいなぁと考えています。

チャイルドケアは楽し♪